感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2012.8.29記述
Yomiurion-lineより

真野市長(左)から宮島彫の盆を贈られた松山さん


NHK大河ドラマ「平清盛」のロケが28日、廿日市市・宮島の厳島神社であり、同ドラマ県推進協議会の副会長を務める真野勝弘市長らが、主演の松山ケンイチさんや平盛国役の上川隆也さんらを激励に訪れた。

 松山さんらは午前6時頃から約3時間、清盛と盛国が、今後の国のあり方について語り合うなどする2シーンを撮影。その後、宮島歴史民俗資料館に設けられている「平清盛館」に行き、真野市長らから特産の宮島彫の盆を受け取った。

 真野市長は「ドラマで宮島に関心を持ってもらっている」と感謝。赤い法衣姿の松山さんは「晩年の清盛にとって大事な場所である厳島神社に立て、うれしく思う」と言い、上川さんは「一生誇れる作品に出演していることを感じながら、今日の撮影に臨んだ」と話した。

Youtubeで先日この平清盛館の10万人のセレモニーの映像を見たんですけど(10万人は石川県から来たご家族でした)そのあと面白かったのが今、広島県が展開している「おしい広島」とかけて99999人目と後1人で10万人目になれたのにおしいということでその方たちにも記念品とインタビューをしていたのがナイスだなと思いました(その方たちも県外の人でしたね)

視聴率がどうこう言われておりますが、自分が実際行った「平清盛展」なども本当に子供からご高齢のいろんな方たちが見に来ていましたし、こうして縁の場所などにも沢山の人が来ている事を思うと、愛されているドラマなんだなと実感しますよね。

このロケの映像がどんな風になるのか楽しみでなりませんね(^O^)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .