感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『源義経』語録
牛若→遮那王→のちの『源義経』の印象的な言葉を集めました。


(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)


【第43回】

PDVD_111_20150129095856023.jpg 


「お久しゅうござります。母上。」
「遮那王、にわかに何事じゃ?そなたが一向、得度をせぬと、僧都様から伺うておる。」

PDVD_112_201501290958555da.jpg


「母上。私は…。僧にはなりませぬ。」

PDVD_113_201501291002547c2.jpg 


「何故、そなたが遮那王と?」
「これが、妙な縁でな。」

「弁慶より全て聞きました。私の父は源氏の棟梁・源義朝。そしてその父の宿敵こそが、私が父と慕うた、平清盛。私はいつの日か、亡き父に代わって、平家を倒す所存。」

PDVD_114_20150129100253160.jpg


「平泉の藤原秀衡様が、奥州に覇を唱え、その力は天下にも隠れもなしと、聞き及びます。まずは秀衡様を頼る所存にござります。」

PDVD_115_201501291006054fd.jpg 


「弁慶。私はここで元服する。」
「何故、かような所で?」

PDVD_116_20150129100604f3d.jpg


「尾張は我が父・義朝の最期の地ゆえ。どうせ烏帽子親などおらぬ身の上。ならばこの地で、亡き父の御霊に見守られ、自ら元服したい。」
【第41回】

PDVD_079_20140703131344582.jpg


「うぬの父は、源氏の大将・源義朝殿じゃ。」
「げ…源氏の…大将?」

PDVD_080_201407031313449af.jpg


「さよう。平治の戦にて、清盛入道に滅ぼされた。そして、あの戦のさなか、うぬは、常盤殿の腹の中におったのじゃ。」
「何故、あなたがさような事を存じておるのです?」

PDVD_081_20140703131744e55.jpg


「何を隠そう、うぬを取り上げたは、この、わしじゃ。アハハハハ~」
「お待ちくださりませ。では、何故母と私は、清盛様の…。」

PDVD_082_20140703131744d97.jpg


「やはり、血は争えぬ。うぬの強さ、まこと源氏の大将たる血筋のものと見た。胸くそが悪いほどの、平家の専横ぶり。たたきのめせるは、うぬしかおるまい!」
「母は、言いました。私には、悲しみとも憎しみとも、無縁に生きてもらいたいと。今のお話、聞かなかった事に致します。」
【第39回】

PDVD_027_20130522105456.jpg


「待て。その年恰好、そして赤い衣。さてはうぬ、禿じゃな?」
「はっ?」

PDVD_028_20130522105457.jpg



「勘弁して下さりませ。急いでおるのです。」
「いや、勘弁ならぬ!」

PDVD_029_20130522105459.jpg


「急いでおるというのが分かりませぬか?」
「ふん!」
 
PDVD_030_20130522105501.jpg


「私は禿などというものではありませぬゆえ。」

PDVD_031_20130522105929.jpg


「痛~い!痛い!」
「大事ござりませぬか?」

PDVD_032_20130522105931.jpg


「かような事でわしに勝ったと思うでないぞ。いいか?わしはこれまで999人の武者に挑んでは勝ち、999本の太刀を奪った腕自慢なのじゃ。」
「これらも全て、奪った太刀にござりますか?」
「へぇ~ヘッヘッへ。さようじゃ。何故わしが太刀など集めておるか知りたいか?」
「いえ、特に。」
「冥土の土産に聞かせてやろう。」
「まだ冥土へは参りませぬ。その前に聞かぬと言うております。」

PDVD_036_20130522110205.jpg


「いずれ源氏が、挙兵する時のためじゃ。」
「源氏!?」
「さよう。フッ、ヘェエェ~。うぬは何も知らぬのう。平治の戦にて、平家の棟梁清盛が、源氏の棟梁義朝を滅ぼしたのじゃ。」
「清盛様。」
「さすがに清盛は知っておるか。」
「はい。父と慕うて育ちましたゆえ。」

 PDVD_038_20130522110208.jpg


「父と?」
「されど、私が5つの時に、我が母・常盤は実の父はほかにおると申し、私を鞍馬寺に入れたのです。」
「常盤…ん?い、今常盤と言うたか?」
「はい。」

【第36回】

PDVD_002_20121014131412.jpg


「熱心に修行しておるようじゃな。」
「無論にござります。母との約束でござりますゆえ。」

PDVD_267_20121014131548.jpg


「鞍馬寺の僧都様じゃ。ご挨拶せよ。」
「牛若と申します。」

PDVD_004_20121014131641.jpg


「せんだって言うたとおり、年が明けたら、僧都様のもとで修行をし、いずれ僧侶となるのじゃ。よいな?」
「はい、母上。」

PDVD_010_20121014131830.jpg


「あっ。」
「大事ござりませぬか?」
「ああ…あぁ。」
【第34回】

PDVD_068_20121003104728.jpg


「相国清盛様が…病篤いそうじゃ。」
「えっ?父上が…」

PDVD_070_20121003104806.jpg


「牛若。清盛様は…。そなたの父ではない。」
「えっ?」

PDVD_192_20121003104929.jpg


「牛若。そなた、年明けたら鞍馬へ参れ。」
「鞍馬?」
【第33回】

PDVD_096_20120922214935.jpg


「早うお会いしとうござります!」

PDVD_102_20120922215026.jpg


「父上はいずこにおわしますか?」

PDVD_106_20120922215158.jpg


「よう来たな、牛若。」
「父上、此度は、おめでとうござりまする。」

PDVD_108_20120922215241.jpg

「ほら、唐果物じゃ。」
「ありがとうござりまする。」 

PDVD_227_20120922215438.jpg


「まことにござります母上!父上があおぎましたら、再び、日が昇ったのでござります!」

PDVD_228_20120922215337.jpg


「はいはい。」
「まことにござりますよ」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .