感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『平忠度』語録
平忠盛の息子で清盛の弟『平忠度』の印象的な言葉を集めました。

PDVD_120_20121003121528.jpg
(これ以外にも気になるセリフなどありましたらお気軽にコメントしてください)

【第35回】

PDVD_065_20121011090405.jpg


「何故にわかに?」
「何故…そうじゃな。海に近いゆえじゃ。」
【第34回】

PDVD_211_20121003122516.jpg 


「それでは間に合いますまい」

PDVD_212_20121003122538.jpg


「それがし、熊野の家人に命じ、権現様に祈らせまする。」
【第33回】

PDVD_113_20120922215817.jpg


「若君、お待ち下さりませ!」
「おぉ、すまぬ。早う兄上たちにお会いしとうてな。お初にお目にかかります。忠度にござります。」
「忠度?」
「忠度?」
「忠度?」


PDVD_117_20120922215941.jpg


「はい!」
「はて、誰であったかのう。」

PDVD_268_20120922220236.jpg


「面目ない。作法が分からず、飛び込んでしもうたのじゃ。」

PDVD_132_20120922220353.jpg


「忠度、よう来たな。」
「清盛の兄上…にござりますか?」

PDVD_269_20120922220639.jpg


「いずれ劣らぬ、面白き持ち味の方々。かような兄上がおりますとはまこと、心躍ります。心躍るままに、ひとつ、熊野の祝い踊りをご披露つかまつる。」

PDVD_183_20120922221134.jpg


「忠度。」
「はい?」

PDVD_188_20120922221230.jpg


「たのめつつ、来ぬ夜つもりのうらみても、まつより外の、なぐさめぞなき」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .