感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第42回『鹿ケ谷の陰謀』
2012年10月28日放送

002_20121028054620.jpg
1177(安元3)年4月。鹿ケ谷の山荘に招かれた源氏の武士・多田行綱(野仲イサオ)は、これが打倒平家の決起集会と知って驚く。西光(加藤虎ノ介)と成親(吉沢悠)の強い説得により、傘下に入る事を決意した行綱は、源頼政(宇梶剛士)を訪ねて協力を請うが、深慮の末に断られる。その上、そう簡単に倒せるほど平家はもろくないと、逆に忠告される。

一方伊豆では、父・時政(遠藤憲一)の願いどおり、平家配下・山木家への政子(杏)の輿入れの準備が進んでいた。いよいよ婚約者のもとへと向かう日、ふと何かを思い立った政子は雨に濡れる事もいとわず、来た通を引き返して頼朝(岡田将生)のもとへ向かう…。


清盛に対して面白く思わない後白河法皇、西光、成親たちが何か企んでいる第42回の始まりです。

場所は京都鹿ケ谷の山荘(静賢法印(信西の子)の山荘)にて…
ふくろうの使い方が絶妙ですよね~。
後白河法皇「機は熟した。これより我らは、平家を討つ」と。

PDVD_001_2014070410273611e.jpg


何故かその場に呼ばれている、場違い感いっぱいの多田行綱。
成親たちから、配下を集めろといわれ、戸惑う行綱。
そんな無茶振りな事言われても、皆ただでは動かへんのにぃ~と、ちょちょまう(パニックになると言う意味)行綱に、だからその為に俊寛を呼んだんやって西光。

西光は本当に清盛に対して恨みつらみを吐きまくり。
そんな所に白い布30反。なんだ?どうやらこれで白旗を作るねんと成親。源氏の旗やで、行綱も源氏やねんからと言われ、全く困った様子の行綱。でも、そんなん作ったところでどうするつもりなんやろう?なんか考えが浅いように思うんやけど…

PDVD_008_20140704104411b67.jpg


まずは誓いの酒を酌み交わす首謀者たち。行綱が思わず瓶子を倒してしまうが、皆が「(平氏が倒れて)これは幸先がよい」と喜び、西光は憎しみをこめてその瓶子を叩き割る(瓶子=平氏の首をかくと言う意味合い)それも何度も何度も必要以上に叩き潰している西光に、他のみんなもその狂気的な行動に若干引きまくっております。

作戦決行の為に、まずは福原にいる清盛を京に呼び寄せると法皇。

伊豆では、政子が弓の修練をしてるけれど、どうにもこうにも集中できてない様子。どうやら、先日聞いた佐殿の言葉が気になるようです。 父時政は、政子を平氏のゆかりある山木との縁談を進めるが拒否る政子。
どうにもこうにも、今の政子は佐殿の事が気になり、自分の結婚なんて出来ない。しかし、そんな政子を必死で説得しようと試みる時政。

005_20140710104022066.jpg


「政子!父の心が分からぬか!佐殿には、わしが出来る限りの事をする。」

だから政子には1ヶ月以内に山木のもとへ嫁げって、えらい急いではるなぁ~。でも自分の娘も下手すれば前回のような事件になるかもしれないと心配しますよね。頼朝の人柄云々以前の問題として。一途な娘なだけに父としては心配この上なしだよね。

後白河法皇はまず、延暦寺の明雲を捕縛して拷問・領地を召し上げ、更に役職も剥奪、挙句に伊豆に流罪にすると。それに対して「単なる言いがかりだろう?」と、あまりの理不尽さに内裏でも不可思議だと。公家たちはわちゃわちゃと顔芸大会(笑)

清盛もどうも腑に落ちない。なんかいつもの後白河法皇とは違う行動が気になる様子。

007_20140710105818950.jpg


しかも即刻、伊豆へ流罪、しかし輸送の途中で僧兵たちが何とか無事奪還に成功。護衛には頼政が担当し、頑張り応戦しましたが、しかし実はこれも後白河法皇の作戦通りのようなんだな。

次に、西光や成親が重盛に山法師たちを追討する為に兵を出せと、戸惑う重盛と宗盛。山門を攻めるということを自分たちで勝手に行う事は無理だから、清盛に相談すると言うことで、こちらも法皇様の計画通り(この時の西光と成親の「しめしめ」といった表情ったら)、清盛が上洛する事となりました。

法皇様に謁見する清盛。お互い腹の探りあい合戦開始?(笑)

法皇様は平家の武力を持って明雲を捕らえよと。しかし清盛はそんな事したら反対に法皇様の地位が落ちるんじゃないかと。西光がそれはなぜかと尋ねたらベンベン、清盛、明雲を捕まえる確たる理由がないし、周囲もやりすぎちゃうかと言ってるから余り過度に事を起こすのは良くないと思うと。

人の話聞いてないんか?西光はん?すぐ攻めよって(ーー;)
平家にとっても一大事やろうし、しばらくは京に留まって、一門と話し合うたらええやんと法皇様。

ということで帰宅後、早速一門会議。

PDVD_023_201407101104005b2.jpg


「叡山に攻め入るなど…」
「たやすい事にござります。形ばかり兵を出し、山門を攻める振りをしておけばよろしい。」
「西光法師のお子達を配流先から召し戻せば、法皇様のお気は済むのではござりませぬか?」
「近臣の子を流罪にされたお腹立ちから、子供じみた我儘を言うておられるのでは?」

子供じみたお戯れにしては、明雲を拷問するなんて度が過ぎると、何かあると感じる清盛だけど、決定的なものがつかめない。それは疑い過ぎちゃうかと頼盛が言うけれど、ああだこうだと言いながら…貞能が清盛にご裁断をと…

「やはり今は少し、法皇様の出方を探ろう」と清盛。皆とりあえず仕方なくそれに従う事に。

そんな時、頼政が慌ててやってきました。ひたすら謝る頼政に清盛「此度の事は、咎めるつもりはない、何かと法皇様に取り次いでくれているからと」その言葉にいたみいる頼政。

明雲を取り逃がしたのは本当に僧兵達の武力が凄かったからなのか?それとも実はわざと逃したのか…頼政の表情はどちらとも取れそうな感じがします。 

さて、そんな頼政が屋敷に戻ってくると、来客とな。
誰かと思って会いに行くと、行綱はんやった。
話によると、なんでも平家打倒の話が進められてて、その首謀者はこともあろうに、法皇様だと聞かされる。あちゃ~(>_<)

PDVD_025_201407101108120f2.jpg


ほんでもって本題やけど、平家打倒の手伝いをして欲しいとお願いに来たと言われたけど、頼政はどちらにも付かへんって。聞いたからにはそうはいかん!と行綱はんは言うけどさ~。仕方ないので頼政からご忠告を一つ。やんごとなき方々が酒の席で思いついた計画で倒せるような平氏じゃないから、あんたもよう考えて行動したほうがええよってさ。あぁ、ますます困ったちゃんな、行綱であります。

伊豆では頼朝が笙を吹いております。藤九郎は政子が近く山木のもとへ嫁ぐと言う話をされるが「政子?」。女としてみてないのか?あんだけ絡んでいるのに…

PDVD_028_201407101115441b1.jpg


でも、あの、時政の娘といわれ「あのうるさい女子か」と。しかし藤九郎は政子といる時の頼朝はキラキラしていいますよって。あと思いもよらない事を言うって。

「ことほど、さように気楽な女子じゃ。」
「されど、あるならば見てみとうござりますな。鮮やかに明日が変わる、その刹那というものを。」

そんな中、白旗が次々出来上がっております。

「決行は3日後、6月1日である。この御所にて清盛を絡め捕った後、その旗を掲げ、平家を攻めよ。よいな?行綱殿。」

西光は意気揚々としておりますが、言われた行綱の表情は重い。そんな緊迫したところへ何故かしら経子がやってきました。突然の妹の訪問に計画ばれたのか?と戸惑う成親と西光。

008_20140710112521d9e.jpg


「何用とは情けない。今日、5月29日は我らが父・家成様のご命日ではござりませぬか。今ならば、入道様も都におられますゆえ、近く、盛大に法要を執り行ってはどうかと、我が夫、重盛も申しております。」

計画の件ではない事にちょっとホッとした兄上たち。すっかり自分の父親の命日も忘れていた事に優しく接する兄上たちにホッとする経子。帰って行く妹の姿を見送りながら成親と西光

「しかし…まさかかような仕儀になるとは…我ら、親不幸者にござりますな。」
「あの頃は、世はのどかであったということじゃ。野良犬なんぞの声なんぞに、耳を傾けたがために…きっと首をとってやる!」

一門会議をしている時にはまだ鶯が鳴いている季節だったけどこの時には初夏の蝉が鳴いておりますね。こういう何気ない季節感を感じられるのもいいですよね。

夜、六波羅の屋敷に清盛。重盛が明日御所へ参れと法皇様から言われていると報告。考え事をしてる清盛が

「似たような心地がするのじゃ。信西殿が、首をとられた夜と。ざわざわと、いやなものが夜のしじまに息づいておる、さような心地がするのじゃ。」

009_20140710132240a3b.jpg


そんな事を考えている時に、客人がやってきたとの事。
夜も更けて誰かと思ったら、行綱だった。あの頼政の忠告がかなり効いたのかなぁ~。
意を決して清盛に、平家打倒の動きがあると。明日御所に来いと言うのは計画なのだと。にわかに信じられないと盛国に対して、持参してきた白い布を見せ、源氏の旗を見せ、成親が作らせたのだと。驚く清盛たち、特に信じられないのは重盛。誰が首謀者だと尋ねる清盛に法皇様だと。

ようやく今回のモヤモヤしていたものの正体がはっきりしたか清盛様。

安元三年(1177)6月1日。
京では清盛打倒の企てがある同じ日、伊豆ではまた今日も何も変わらない1日がやってきたと思う頼朝。
そして一方では、政子の嫁ぐ日がやってきました。両親に挨拶をし出かける政子。

PDVD_039_20140710133607766.jpg


成親は家成の法要の件でと言われ六波羅に呼ばれるが、そこで何気に見たものは、薪の中で燃えている白い布。そう、自分が平家打倒の旗印に用意した物。「諮られた!」と思っても遅く、簡単に捕縛されてしまう。西光は自宅にて忠清に捕縛。後白河法皇のもとに2人が平家に捕縛されたと報告。賽を握り締める後白河法皇。作戦は失敗!残念!

なんとかことを事前に鎮圧した清盛。
捕まえた西光にどうしてこんな事をしたのだと問いただす清盛。

「我が主、信西の目指した国づくり?そなた如き者に、あの方の代わりが勤まると思うてか?聞こえたか?無頼の高平太。」

西光の嫌味な言葉と小ばかにしたようなにやけた表情。清盛もまだこの時の表情は穏やかな感じですよね。

「どうやら、おわかりいただけぬようにござりますな。」

そういいながらその場を去ろうとする清盛。

一方、政子は山道を歩み進めるが、天候は雨が降ってきました。雨宿りをするけれど、表情は冴えない。

西光は羽交い絞めにされ抵抗を試みますが…反対にボコられてしまいます。その様子を眺める平家一門。

「全く、我が主信西の先見の明よ…20年も前に、野良犬を朝廷にあげれば、こうなる事を見抜いておられた。平治の戦で、源義朝は、我が主の首をとった!されど、もしあの時、義朝が兵をあげなんだとしても、いずれそなたが、我が主を討っていたであろう。なんとなれば、そなたの国づくりは、志ではない!復讐だからじゃぁあ!」
「復讐?」

この辺から清盛の表情が狂気の表情に変貌しつつあります。

「さよう。己を犬と扱う王家への、恨みつらみに、突き動かされておるだけだからじゃ!さような者に付き合わされて、よい面の皮じゃあ!民もぉ~、公卿もぉ~、うぬらもな!(立ち上がる清盛)どこから現れ、どこへ行くのかもわからぬ得体の知れぬ男の復讐に、付き合わされておるのじゃからな!」

黙って聞いていれば言いたい放題な事を。プルプル我慢していたけれどその感情のダムもついに決壊!もうダッシュで西光の元へとんで行く清盛、そして次の瞬間!足蹴り!思い切り後ろに倒れこむ西光!一門騒然!もう誰も清盛の怒りを止められないといわんばかりに、西光をフルボッコする清盛。何度も何度も足蹴にしております。もう怖い、怖過ぎます。(でも実際もそうだったみたいですからね、よほどの怒りだったのでしょうね)

そんな恐ろしい事がおきている京とは違い、降る雨をポーッと呆けて見ている頼朝。
そこへ突然走ってやって来たは政子。突然の事で頼朝もビックリ。と言いながら多分、政子の事考えていたんじゃねえの?(笑)

010_2014071013485759d.jpg


驚く頼朝に対し、何も言わずずかずかと部屋に侵入。そして何を思ってか突然、髭切の太刀を持ち、慌ててそれを奪い返そうとする頼朝。刀から鞘が抜けてしまい思わず外に投げ出されてしまう頼朝に向かって政子

「遠く、伊豆より、平氏の繁栄を指を咥えて見ておれ!そう入道様に言われたとおっしゃいましたな?それはまこと、かような暮らしをせよと言うことか!?」
「他に何があると申す?」
「ならば何故?この太刀を渡された!?武士の魂を忘れるなということではないのか?」

政子に改めて握らされた太刀を、そして政子の言葉に、あの時の清盛の言葉、そして顔を思い出す頼朝。
しかしそんな事を思い出してる間、清盛は狂ったように西光の頭を蹴り続けております。

「見よ!この粗暴な振る舞い!どこまで行っても、性根は無頼者ぞ!卑しき犬ぞ!」

皆、目を背けたくなるような表情なのに、そんな殿の姿を表情変えずに眺めている盛国。

頼朝の表情とあのときの清盛の言葉と今、狂ったように西光を痛めつけている清盛のそれぞれの表情。

「わしは武士じゃ。武士の世を…作るのじゃ。武士の世を!」

武士の世を作る…言葉を思い出し頼朝の表情が変わってきました。そして改めて政子を見る頼朝に優しいまなざしを向ける政子。

「…(笑)それを言うておこうと思うただけだ。ご無礼を致しました。」

頭を下げて立ち去ろうとする政子の腕をがっしり掴む頼朝に驚く政子…立ち上がった頼朝は

PDVD_046_20140710135511930.jpg



「連れて行ってくれ…私を明日へ…連れて行ってくれ。昨日とも違う、今日とも違う、私の明日へ…」
「…連れて行けとは、女々しいお方じゃ。(笑)共に参ろうぞ、まだ見ぬ明日へ!」

雷が轟き渡り、笑顔の2人、新しく生まれ変わった頼朝、そして固く抱き合う2人。どこまでも元祖ハンサムウーマンな政子なのでありまするな(笑)

やっと希望を見つけた頼朝とは逆に、西光を蹴り倒し続ける清盛にこれ以上見ていられないとばかりに重盛がやっとこさっさ止めに入ります。瀕死の中でも西光

PDVD_048_20140710135511297.jpg


「わかっておったことじゃ…我が主、信西が死した時、神はこの国を見捨てた…」
「洛中引き回しの上、朱雀大路にて…斬首せよ。」

西光は、信西を崇拝し過ぎるのはわかるけど、何事も信西のした事をただなぞらえて継承しようとしていただけで、果たしてそれが本当に信西が望んでいたことだったろうか?清盛と西光の信西に対する思い、そして信西の志をどう受け止めながらもよりよき政を進めていけばいいのかということを西光は見失っていたように思うんです。信西は最後まで清盛を信じて彼の助けを待ち続けたけれど間に合わなかった事、そして頼朝を斬首してくれと頼んだにもかかわらず、結果的に伊豆に流罪にした事も、西光にとっては片腹痛い事だったのでしょう。着々と思い通りの人生を進んで行く清盛に対するそれこそ嫉妬もあったのかもしれません。でもそれは違うよ、西光。西光と同じくらい清盛だった信西を失った哀しみ苦しみは大きかった。

だから、余計、あんな事を言われたら居たたまれない気持ちになってしまったのかもしれない。
確かに、清盛の根底には王家や朝廷に対する恨みつらみあるだろう、でもそれよりも大切な人達から託された武士の世を作る事、それをあのように言われてしまったショックのほうが大きかったのかも知れません。

結局、清盛の思いを理解する人はいないのか…まさに「醜き事まみれようとも頂に立つ」という言葉を表現しているのですね。引きずられて連れて行かれる西光のいた場所には信西の形見と思われる算木が落ちています、それを眺める清盛は思い切り真っ二つに折り曲げて捨て「焼き捨てよ」と命令します。それは、今までのものと決別するような、何かを覚悟したようなそんな気がしました。

011_201407101403558ad.jpg


伊豆では、希望の光を見た頼朝と政子に藤九郎が雨降ってるのにと部屋の中に入れる。庭に落ちている髭切の鞘を拾い上げ、改めて頼朝に渡す政子。ようやく頼朝に笑顔が戻りましたぞなもし。2人の笑顔には明日への希望がようやく輝き始めたようです。

そして、その希望の輝きと対照的に京にいる清盛…足を引きずらせながらその場を立ち去る姿、表情は本当にもののけのようになりつつあります。そんなよたよたと歩く清盛の姿を戸惑いながら見送る重盛。

捕らえられた者達の事を思っているのか法皇様のもとに乙前がやってきました。思わず法皇様

「わしはまた、失ってしまうのか…」
「国の頂をめぐる、壮大な双六遊び、多くの駒を失うは、道理にござりましょう。あなた様も…入道様も」

足を引きづりながら歩く清盛。
西光の言葉は清盛にとってかなりショックだったかもしれません。
自分を打倒しようと企んでいたのが身内の成親や西光、そして自分を全否定されてしまったこと。
単に、片腹痛い事言われたから狂ったように殴りつけただけではないと思うんですよね。

志半ばでさらなければならなかった多くの人達の為にと思ってやってきた事への否定、それは結局その人達の重いまで否定された事になるわけで、特に信西を崇拝する西光自身が信西の目指した国づくりを否定した事、自分も沢山の犠牲を払って進めてきた事を単なる自分個人の恨みつらみでやってきたと言われた事は痛恨の極みだったのでしょうね。でも全く周囲に対する恨みつらみがなかったかと言われればきっとそうではないだけに感情をぶつける場所が西光にしかなかったのでしょうね。自分のそういう感情を清盛自身が否定したいが為にあそこまで狂ったような行動をしてしまったのではと。

これから少しずつ、清盛がまさに「醜き事まみれようとも頂に立つ」の言葉を体現して行く事になるわけですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ひろしに逢えなくて寂しい
松山ケンイチってすごいですよね。
これがあのひろしなんですから
(さすがカメレオン俳優)
話は変わりますが、先日宮崎のパームスと言う結構人気のある無料の情報誌に文通募集のコーナーがあって、そこに「松山ケンイチファンの方文通しませんか?」みたいなこと書いたのを載せてもらいましたがはたして宮崎に私みたいなファンがいるのでしょうか?
ファンがいてもこの雑誌見てないかも(-_-;)
宮崎の松友さんが出来たら報告します
2015/10/03(土) 20:30 | URL | 洋子 #/pdu0RA.[編集]
Re: ひろしに逢えなくて寂しい
洋子さん、こんにちは<(_ _)>

> 松山ケンイチってすごいですよね。
> これがあのひろしなんですから

本当に、あまりの違いに笑っちゃいます。
子供ちゃんたち、髪型とかひげとかしょっちゅう容姿が変わっちゃうパパを観て
怖がったりしないんだろうかって思っちゃうけど、「敗者」とか読んでいると
さすが彼の息子って感じだよね。動じなさが(笑)

> 話は変わりますが、先日宮崎のパームスと言う結構人気のある無料の情報誌に
>文通募集のコーナーがあって、そこに「松山ケンイチファンの方文通しませんか?」
>みたいなこと書いたのを載せてもらいましたがはたして宮崎に私みたいなファンが
>いるのでしょうか?

文通ってなんだか懐かしいですね~。
まだネットが普及してない時代、私も良く文通していました。
今はその人の中でもネットでやり取りしてる(Facebookとか)けど、お手紙が
届くといいですよね~。また結果教えてくださいね(^O^)

> ファンがいてもこの雑誌見てないかも(-_-;)
> 宮崎の松友さんが出来たら報告します

楽しみにしていますね~

2015/10/04(日) 08:34 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .