FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『清須会議』キャスト情報
映画『清須会議』キャスト情報です。
  
001_20130629054517.jpg


原文ソースは
こちら

最終更新日:2012.11.13

役所広司


役所広司(柴田勝家)
役どころ:織田四天王の一人・筆頭家老。

三谷コメント:役所さんは、映画『THE 有頂天ホテル』以来となりますが、とても信頼を置いています。勝家は、とても男らしい武将なので、ワイルドで汗臭くしてくれとか、耳毛を生やしてくれと役づくりのリクエストをしています。

役所コメント:久しぶりの三谷作品への参加、とても楽しみです。戦国武将の中で地味な印象の勝家ですが、きっといい奴だったんだろうなぁと思います。愛すべき男、勝家を楽しんで演じたいと思います

大泉洋

大泉洋(羽柴秀吉)
役どころ:織田四天王の一人・のちの豊臣秀吉。

三谷コメント:映画に出ていただくのは、ほぼ初めてです。というのは 『ステキな金縛り』のエンドロールに写真だけ出てもらったことがあって、現場にたまたまいたとき「出てください」とお願いして1カットだけ写真を撮らせていただいたからです。でも役がある芝居で、メインで出てもらうのは初めてです。大泉さんは、去年、舞台『ベッジ・パードン』で一緒になって、イメージが変わったんです。それまではいい意味でも悪い意味でも、バラエティー色が強い人だと思っていたんです。でも、芝居の基本的な部分がちゃんとしていて、すごく芝居ができる方なんだと思いました。秀吉には人の心をつかむ明るいお調子者の反面と、暗く冷たい反面がある。大泉さんもたまに陰気な顔になることがあるので、僕の考える秀吉になると思います。

大泉コメント:尊敬する三谷さんの映画に出演し、本当に豪華な出演者の皆様の中で秀吉という大役を演じることに大変緊張しています。また監督の『今回の秀吉は本当の猿みたいな見た目です』という言葉にいささかの不安を感じております(笑)。

小日向文世

小日向文世(丹羽長秀)
役どころ:織田四天王の一人。

三谷コメント:小日向さんとは、映画でも舞台でもテレビでも何度もご一緒させていただいています。丹羽はとても冷静な男なので、汗をかかないようにとお願いしました。

小日向コメント:三谷さん初の時代劇映画に参加させていただくことになり、大変光栄に思っております。三谷さんの演出にしっかり応えられる様、気合を入れて挑みます。

佐藤浩市



佐藤浩市(池田恒興)
役どころ:信長の重臣。

三谷コメント:池田は、彼がどっちにつくかというのが物語に関わってくるキーパーソン。僕はよく浩市さんがCMなんかで演じている良き上司の雰囲気が大嫌いなんです。浩市さんは、人間の二面性や嫌な部分を演じられる人。「今回の役は、山本薩夫監督の『金環蝕』という映画でお父様の三國連太郎さんが演じたような、したたかで腹の内を見せないイメージなんです」と本人に話したら「俺もそう思っていた」と言ってくれました。

佐藤コメント:三谷さん自身の原作から自身の台本へ、同じ二次元なれど脚本は三次元な広がりを持ち、一人の人間の所業とは思えぬ裁きに舌を巻く作品、今から楽しみです。


<織田家>




鈴木京香


鈴木京香(お市様)
役どころ:信長の妹。

三谷コメント:眉をそってお歯黒という強烈なビジュアルです。京香さんは美しいけど怖い、かつての山田五十鈴さんのようなイメージです。

妻夫木聡


妻夫木聡(織田信雄)
役どころ:信長の次男。

三谷コメント:信雄はいわばバカ殿なんです。思い切ったキャスティングですが、妻夫木くんの天真爛漫(らんまん)な笑顔がバカ殿にピッタリだと思います。

伊勢谷友介


伊勢谷友介(織田三十郎信包)
役どころ:信長の弟。

三谷コメント:伊勢谷さんとは、今回が初めて。お市の方と共に、この2人がどっち側につくかというのが重要になってくる役です。 三谷作品初参加

坂東巳之助


坂東巳之助(織田信孝)
役どころ:信長の三男。

三谷コメント:信孝は賢くて切れ者。母の身分が低いことから、生まれに問題があるといって押しやられてしまっていたんです。ご一緒するのは初めてなんですが、彼の舞台を観て「どうしてもやってほしい」とラブコールしました。彼は、なんか動きが変なんです。はんにゃの金田(哲)かっというぐらい変。でも歌舞伎の人ですから、たたずまいは格好良いですし、着物を着たときの格好良さもある。世界中の人がこの人が死んだらどうなるんだろうと思ってもらわないといけない役柄だと思っています。 三谷作品初参加

剛力彩芽


剛力彩芽(松姫)
役どころ:信長の長男・信忠の妻。

三谷コメント:剛力さんも、今回初めてご一緒します。松姫も、眉をそってお歯黒という強烈なビジュアルになる予定です。
三谷作品初参加

篠井英介



篠井英介(織田信長)
役どころ:本能寺の変によって死去。

三谷コメント:篠井さんは大学の先輩なんですが、入学したとき、なんて信長に似てるんだ! と思い、それから30年近くたちました。ようやく実現してとてもうれしいです。

中村勘九郎


中村勘九郎(織田信忠)
役どころ:信長の長男。

三谷コメント:信忠は、できる男なんですが本能寺の変で死んでしまう。ちなみに彼は、元服したあと勘九郎信重を名乗り、そののちに信忠と改めていますが、これはたまたまです。でも本人は勘九郎繋がりがうれしいと言っていました。


<織田家家臣>


浅野忠信


浅野忠信(前田利家)
役どころ:勝家の副官・秀吉の親友

三谷コメント:浅野さんには、映画『ステキな金縛り』から、続投でお願いしています。


寺島進


寺島進(黒田官兵衛)
役どころ:秀吉の軍師

三谷コメント:寺島さんは、ぼくのイメージにぴったりです。秀吉より前に絶対出ないし、ブラックというか、とても重いものを背負っている人間。寺島さんも、黒田についてリサーチしてくださったそうで、とてもほれ込んだみたいです。「この役を振ってくれてありがとうございました」とメールをいただきました。

阿南健治


阿南健治(滝川一益)
役どころ:織田四天王の一人

三谷コメント:彼の設定はちょっと変わっていて、元忍者という役どころです。戦に出ていたことによって会議に遅れてしまうんですが、戦場で映画『ステキな金縛り』の更科六兵衛に出会います。アクションもある面白い役どころです。

松山ケンイチ


松山ケンイチ(堀秀政)
役どころ:秀吉の家臣

三谷コメント:松山さんとは初めてですが、とても楽しみにしています。
三谷作品初参加

でんでん


でんでん(前田玄以)
役どころ:織田家家臣

三谷コメント:でんでんさんは僕が学生のころ、放送作家の仕事をやっていた30年以上前に番組で一緒で、ライブの演出なんかもやらせていただいていました。当時は、毎晩飲み歩いていましたね。僕は飲めないんですけど。30年ぶりの仕事になります。 三谷作品初参加


市川しんぺー


佐々成政 市川しんぺー

浅野和之


浅野和之(明智光秀)

三谷コメント:今回の映画はできるだけ本物に近い形にしたいと思っています。光秀は「金柑頭」と書かれていることがあって、信長が「あの頭にさわりたい」と思ったほどだそうなので、特殊メークで頭を、「金柑頭」に近付けるつもりです。


染谷将太


染谷将太(森蘭丸)
役どころ:信長の家臣

三谷コメント:蘭丸は、本能寺の変で命を落とします。蘭丸と言えば、信長のお稚児(ちご)さんというイメージがありますが、今回は有能な秘書官というイメージです。
三谷作品初参加


瀬戸カトリーヌ


小袖(大蔵卿局) 瀬戸カトリーヌ


近藤芳正


義兵衛 近藤芳正

<秀吉一族>


中谷美紀


寧 中谷美紀
役どころ:秀吉の妻

三谷コメント:中谷さんは、今までにない中谷さんが見たいということで、尾張弁をしゃべってもらいます。基本みんな尾張弁を使うのですが、中谷さんにはもっとネイティブな名古屋弁を特訓してもらう予定です。中谷さんって、陰な部分もあれば陽の部分もある大好きな女優さんの一人。今回は限りなく陽の部分を発揮できるようにしたい。踊りも踊ってもらいますよ。
三谷作品初参加



戸田恵子


羽柴秀吉の母なか 戸田恵子


梶原善

小一郎 梶原善


天海祐希


枝毛 天海祐希
役どころ:忍びの者

三谷コメント:勝家側のくのいち役です。天海さんは、顔も見せなくていいから出たいと言ってくれました。とはいえ、さすがに目元くらいは出ますよ! 
 

西田敏行


西田敏行(更科六兵衛)

三谷コメント:西田さんには、『ステキな金縛り』の更級六兵衛として出演していただきます。ちょうど時代も一緒だし、出てもらおうと。初めて、生前の、生きた六兵衛さんが登場します!








スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
詳しいキャラクター説明をこちらで見れて嬉しいです。

お~・・松ケン君は元忍者って設定ですか!?
カムイやった経験が何かしら活かされてる映像が見れるかもしれませんね。
楽しみです☆

私は「カムイ外伝」観て以来、どうしても自分もアクションがしたくなり、この12月にいよいよアクション教室に体験入門の予約を入れました。
あと数年もすると半世紀も人生生きる自分ですが、松ケン君に触発されていよいよ平成の世で忍者デビューする事になりそうです。
ま、とにかく骨折だけはしないで楽しく忍者体験させて貰う予定です。

清須会議、早く上映される事を願います♪

エキストラの募集が少し前にあったようですね。
残念・・・見過ごしてました。
2012/11/30(金) 22:53 | URL | kei #-[編集]
役柄は…
keiさん、こんにちは(^O^)

> お~・・松ケン君は元忍者って設定ですか!?

残念ですぅ。忍者ではないのです。(元忍者はその上の滝川一益の事ですね)
多分、今回の映画でのアクションシーンはないと思われます。

彼の役どころはでんでんさん演じる前田玄以を補佐する役といったら言いのでしょうか…
清洲会議における事務方といったらいいのかな?会議がスムーズに執り行われるようにする役目です。
(場所の手配や参加者のお茶屋お茶菓子を手配して部屋に持って行ったり、参加者の要望にこたえたりなど)なかなか面白い役どころではあると思います。ひょっとするとチョロチョロ劇中で見る事もあるかもしれませんがどうだろう?

原作では秀吉と会話をするシーンが彼の立場で書かれていたりするのでその辺がどうなるのか楽しみだったりもします。

> 私は「カムイ外伝」観て以来、どうしても自分もアクションがしたくなり、この12月にいよいよアクション教室に体験入門の予約を入れました。

すごいアクティブですねぇ~(^O^)くれぐれも張り切り過ぎないように楽しく体験できますように♪

2012/12/01(土) 04:42 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
こんにちは。

アイタタ・・・「元忍者」とか言っちゃって恥ずかしい限りです。
聞かなかった事にしてください。(無理だ。。。)
しっかりした情報をちゃんと掴む為、「清須会議」私も今日辺りからいよいよ読み始めたいと思います。


先日、やっと「セクシーボイシアンドロボ」を観終えまして。(内容が相当古くてすみません)
最初第一話を観た時には想像もしなかった「深イイ」話のドラマだったので、良い誤算でした。
瞳がキラキラしてるロボは何と言うか、ニコ曰く「ダイアモンド」だなと私も感じました。
「誰も彼を傷付けられない」なと。
ロボは純粋で、「人間の目には見えない何か」に守られている「綺麗な存在」だなと感じました。
「大人になると多くの人が無くしてしまうモノを、彼は大人になってもずっと持ち続けて」て・・・。

近くに誰も彼のファンが居なく、ロボの良さをなかなか大声で叫べないのか残念です。

時々過去作品の感想「呟き」に来る事、どうぞ許してください。ペコリ
2012/12/05(水) 08:12 | URL | kei #-[編集]
Re: タイトルなし
keiさん、こんにちは(^O^)

> 聞かなかった事にしてください。(無理だ。。。)

聞かなかった事にします(笑)なんてな。

> しっかりした情報をちゃんと掴む為、「清須会議」私も今日辺りからいよいよ読み始めたいと思います。

現代語訳なので読みやすいし、それぞれの登場人物の性格とか凄く面白く描けて射ると思いますし、キャストもわかっているので脳内妄想モードにして読むとなお楽しめるのではないでしょうか?
私は滝川一益が結構好きですね~(本当に元忍者とも思えないところが…)

> 先日、やっと「セクシーボイシアンドロボ」を観終えまして。(内容が相当古くてすみません)

何かツイッターで先日河野Pが久しぶりに8話と11話を見たとか言っていたけど、私もご無沙汰だけど、本当にいいドラマでした。このドラマでケンちゃんの演技を見て改めて「松山ケンイチってなかなかすごい演技する」と思わせてくれた作品ですから。

> 近くに誰も彼のファンが居なく、ロボの良さをなかなか大声で叫べないのか残念です。

でもロボのファンは本当に多いです。
ロボのキラキラした輝きが私たちをもキラキラした気持ちにさせてくれるというか…。

> 時々過去作品の感想「呟き」に来る事、どうぞ許してください。ペコリ

いえいえ、遠慮せずにどんどん色んなところでコメントしてくださいませ。
2012/12/05(水) 10:19 | URL | K&R #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .