感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第43回『忠と義のはざまで』
2012年11月4日放送

001_20121104064944.jpg

平家を公然と批判した鹿ケ谷の首謀者に対して清盛(松山ケンイチ)は、西光(加藤虎ノ介)を斬首、成親(吉沢悠)を流罪にするという厳しい処断を下した。

重盛(窪田正孝)と経子(高橋愛)は備前国に流された成親の身を案じるが、成親は流刑先で餓死してしまう。義兄の死と後白河法皇(松田翔太)への気遣いで、重盛はしだいに疲弊していく。

そんな時、高倉天皇(千葉雄大)のもとに入内した徳子(二階堂ふみ)が懐妊したという知らせが清盛のもとに入る。清盛は全力を挙げて安産の祈祷に励み、やがて徳子は皇子を産み落とす。のちの安徳天皇である。念願の男児の誕生に狂喜する清盛。平家はこのとき王家の外戚となり、権力の頂点を極めたのであった。

そのころ、伊豆では、恋仲になった頼朝(岡田将生)と政子(杏)が北条時政(遠藤憲一)に結婚の許しを得ようとしていた…。


鹿ケ谷の陰謀の後処理と、清盛のさらなる孤独と暴走、それが重盛の体と精神を追い詰めていきます。そして源氏の子供たち、それぞれ新たな目標に向かって歩みだす第43回の始まりです。

夜、密かに重盛が謹慎中の成親のもとにやってきました。
西光の消息をたずねる成親に「信西入道のもとに行った」と答える重盛。
なんでこんな事をしたんやと重盛に聞かれ

PDVD_000_2014071515115111d.jpg



「あちらへ擦り寄り、こちらへ擦り寄り。決して落ちぶれぬ事が、私の生きる事と思うておりました。されど、平家の世となり、秩序が乱され、気が付けば、院の近臣たる私や西光殿が、平家の犬と化しておりました。さように一生を終える事は、面白うないと思うた。似合わぬ事をして、このざまです。」

西光よりも成親のほうが、素直に自分の気持ちを伝えているというか…。
秩序が乱されって言ってるけど、結局それって自分たちの私利私欲、自分たちの力が平家によって削がれて自由な事が出来なくなったという、全くもって自分勝手な話だとおもうんですよね。そこには民の生活の事も、よい政をするということもなく、ただただ、自分たちの立場が危うくなる事に対しての不満だけ。

特に、成親にとっては後白河法皇様の近臣であり、平家と姻戚関係だというのに、疎外感まるこめで、全く旨味もないし、恩恵もない。義弟の重盛はいつも清盛との関係でしおしおしてるの見聞きして若干重盛を小馬鹿にしてるところあったしね。そういうのを含めて何か勘違いしちゃったのかな?平治の乱の時の信頼とは今回は違うぞって(その根拠なき自信はどこから来たんだか…)「ひょっとすると、今なら平家を自分たちの力で、何とか封じ込める事が出来るかも?」と、な~んて血迷った考えを起しちゃったのかもね。ああ無情…。自分で似合わない事をしてこのざまと言ってしまう事が成親の小者加減なのでしょう。

そんな弱気な成親に、必ず助けると重盛は言うけれど、清盛は二度も裏切った成親に対して容赦なんてしたらんわいって。
宗盛はそんな父の意見に賛同

002_20140715151806543.jpg


「私もそのように思います。」
「宗盛、軽々しく申すな。やはり私は、保元の戦の始末に、信西入道が死罪をよみがえらせたは、過ちであったと思うております。古(いにしえ)の人も「死罪を行えば、国中に謀反を起こす者が絶えぬ」と言うております。そして、今まさに、そのような次第となっておりましょう。」

平治の乱の時には確かに成親は巻き込まれ感があったけど、そんな事は平家にとっては知ったこっちゃないしね、一度は許してもらえたわけだし、次に裏切ったら容赦しないと本人にもちゃんと言っていただけに、、重盛としては自分の義兄を助けたいと言う気持ちはわかるけれど、今回はさすがに許す余地はねぇ~(重盛様、あなた様はご存じないでしょうけど、見下されていたのですよあの方に←あくまでもドラマの中では。)。それでも必死で食い下がる重盛だけど、そこへ重衡が

「重盛の兄上は、成親様と義理の兄弟ゆえ、さような事を仰せに…」
「否!ただ、帝の御ため、国のため…平家一門の為に言うておる。父上、何卒…何卒。<(_ _)>」
「ようわかった。成親は流罪としよう。」
「ありがとう…ござります。」

重盛にしたら、ちょっとホッとしたのかも知れないけれど、それが結果的にさらなる悲劇になるなんて…
成親は備前(今の岡山県かな?)に流罪となるが、そこで幽閉されてしまう。重盛も義弟ということで責任を感じてか、自ら左近衛大将を辞任したようです。

備前での成親がぞんざいに扱われている事なんぞつゆも知らず、経子と重盛は、成親の為に着替えなどを送るのだが、現実はそんな2人の思いも空しく、1ヵ月後に成親は餓死することとなる。この時の夏の暑さ、何だか幽閉された部屋(牢屋)からなんとも言えない匂いが漂ってきそうですよね。そして成親の見るも無残な痩せこけた顔、お歯黒を塗りなおす事も出来ないから、余計に不気味さと哀れさが漂ってきます。


003_20140715152431183.jpg


瀕死な成親の周りには、どこからか迷い込んでしまった蝉が、部屋から出ようと飛び回っております。しかしそんな蝉を見る視線すら、もう向けられないほどに衰弱している成親。そしてもう自らの体を支える事も出来ず倒れてただ、柱にしがみつく蝉を見て、自分の命と蝉の命を重ねているかのように涙を流す。暴れまわっていた蝉も結局、そのまま命尽きて目の前に落ちてくる。7月9日、成親は餓死にて絶命する。

報告を聞いてか、ショックな重盛。清盛は重盛の願いどおり成親を流罪にしてやったやん。せやけどその後どないなろうと知ったこっちゃないといわれ愕然とする。そんな事になるんだったら、流罪じゃなくて斬首の方が良かったかも知れない。一瞬の死の方が、徐々に自らが死んで行く様を感じる事もなかっただろうし、自分自身、そこまで考えが及ばなかった事も情けなさと申し訳なさが…。

「私はこれまで、つたないながらも、父上をお支えしてきたつもりです。それは、父上が、修羅の道を、突き進んでもつくりたい国づくりというものを、私も見てみたいと思うたゆえにござります。されど今もって、父上の思い描いておられる国の姿、その形が、私には見えませぬ。父上は、太政大臣にまでのぼり、朝廷の要職は、全て我ら一門が握っておらります。厳島の社を新しくし、音戸の瀬戸を開削し、大輪田泊を修復して宋との交易を行い、宋銭を国中にまで巡らせました。この上、何が欠けていると仰せになりますか?」

いや、重盛様の言いたい事も重々分かります。でも、その地位を得るまでに、一体どれほど大変な思いを清盛自身もだけど、平家一門がしてきた事は結局、知らないんですよね幼かったから。確かに剃髪してから、ますます自分の思っている事を周囲に言わなくなってきましたからね、清盛様自身も。重盛様にしてみたら、どうしていいのか、単なる使いっ走りみたいな自分でいいのかと、葛藤してる事も多々あるでしょうしね。

だから、ここぞと思いをぶつけてみたものの、父上の反応と言えば、あっさりと、そんな話しをしに上洛したんやない。中宮様に皇子が誕生する為に祈願に来たんやから、お前もしっかり働かんかいって。

PDVD_009_20140715153102f28.jpg


呆れて開いた口がふさがらん重盛様。中宮の皇子誕生こそが欠けているものなのかと尋ねる重盛に、平家の棟梁なら黙って自分の国づくりに力を尽くせと、それがお前の勤めだと清盛。かなりのダメージを受けております重盛様。もう自分が何を言っても、清盛には届かないと思ったんだろうか。ズタボロな重盛様…_| ̄|〇 これまたああ無情…。

そんな重盛の姿を盛国は立場的にも辛いだろうなと。

そして、重盛は、法皇様に報告を。かつての家臣たちを弔っているのか法皇様

「成親は、食べ物を与えられず、飢え死に。西光は、拷問の上、清盛に蹴倒され、さんざん顔を踏みつけられた挙句、斬首されたと聞く。まことか?フフフフフッ~(笑)うずき始めておる。現に生ける…物の怪の血が。ふふふふふぁあははは~あははははははは~」

004_20140715155957470.jpg


重盛様、思わず、なんやねん、この人達は一体…と思ったんちやうかな?
そんな2人に対して、どうする事も出来ない自分に対しても不甲斐なく思ってるんだろうな~。

そんな、どうにも"どよ~ん"とした空気が漂う京と比べて…同じ頃、伊豆では、政子が山木に嫁がず、頼朝が政子を妻に貰いたいと時政のところにお願いにやってきちゃいましたぞなもし。当然、時政は「聞いてないよぉ!」だよね。だって「言ってないもん!」やしね(笑)

PDVD_014_20140715160157aab.jpg



「八重姫様との一件を、お忘れになった訳ではありますまい。政子にもあのような思いをさせるおつもりか?」
「いいえ、断じて!」
「何故、そのような事が言える!?」

そりゃそうよね。いくら世話をしてかわいそうな佐殿、と思っていても、実際問題、自分の娘を欲しいといわれたらあの悲劇を繰り返される事があるかも知れないと、親心としては心配するよね。でも、今回の頼朝はちょっと違いますよ。

「八重姫を妻としたいと申した時、私は源氏の子である事を、捨てる覚悟にござりました。されど今は違います。私は…私はいずれ、我が父・義朝のような源氏の棟梁になりとうござります。」
「…義朝殿のようなとは…」
「すなわち、この東国の武士の頂に立ち、源氏を再び、平家に劣らぬ部門とする所存にござります。その道を、政子殿と共に、歩いていきとう存じます。私の目を覚まさせてくれた、政子殿と。」

政子も時政に懇願する。思いもよらぬ展開に、時政も戸惑うけれど、確かに見た目からしても、今までの頼朝とは違う事は明白だし、娘は以前から、佐殿の事を慕っていたのはわかる、あとはどうしたらいいのか…清盛の動向も気にはなるよね、やっぱ。


005_20140715161206ca8.jpg


呆然とする時政に、とうとう痺れを切らした藤九郎が若い2人をアシストします。

「ほれ、この立派な作物!常々言うておられるではござりませぬか。痩せた土地も時政殿が耕すとよう肥えて、かくも立派な作物が育つと。是非、我が殿の舅となり、立派な源氏の棟梁にお育て下さりませ!楽しゅうござりますぞ。」

そんなふうに喩えて言われちゃうと、時政もまんざらではないよね。そこまで言われちゃうと、これはもう、やるっきゃないわけですね。

「手が、かかりましょうな。かように青白く、やせ細った苗では。」

ようやく、頼朝と政子を受け入れる時政\(^o^)/。

一方、久々登場な遮那王は、常盤のところにやってきておりますぞなもし。
常盤に対して、自分は僧にならへんって。戸惑う常盤の元に、弁慶もやってきましたぞなもし。
遮那王は弁慶から今までの事全部聞いたって去って何を聞いたんだか(笑)。清盛は父の宿敵やったんやと。だから自分が亡き父に代わって、平家にお仕置き…いや、倒してやるんやと熱く語るのをみて常盤は

「何を…何を世迷言を?いかなる事情であったとしても、そなたの父代わりとなって育ててくださったお方。そのご恩を忘れて刃をむけようなどと、ゆめゆめ思うてはならぬ。

遮那王を戒める常盤だが、本人は弁慶と奥州平泉の藤原秀衡様を頼ろうと思うと報告。当然、常盤はそんな無茶な事許さないと言うんだけど、そんな事知ったこっちゃないと遮那王。

PDVD_021_20140715161919213.jpg


「お許しを頂きに参ったのではござりませぬ。お別れを申しに参りました。遮那王は不幸者にござります。」
「遮那王!」

スタスタと振り返ることなく部屋を出て言ってしまった遮那王。
母の思いは届かないのか…そんな常盤に弁慶

「わしが現れたばかりに、済まぬな。されど、わしと遮那王いや、牛若が再び会うたはこれはただの縁ではあるまい。定めじゃ。」
「定め…」
「さよう。あの平治の戦で背負うた、定めなのじゃ。わしも、牛若も。そなたも。」

親子を演じてる2人。実は同い年なんですよね。最初、大丈夫か?親子に見えるのか?と心配したんですけど、私が見た限りでは、武井さんドラマの中で、年齢を重ねるごとに演技を確実に変えていらっしゃるように見えます。遮那王との対面のシーンも、あえて声のトーンを全体的に落として、落ちついたしゃべり方でしっかり親子のように感じる事が出来ました。登場シーンは少なかったけれども、とても魅力的な常盤を演じてくれているなと思います。


006_20140715162602f19.jpg


尾張まで来た2人(実際は滋賀県だよね)、突然、遮那王はここで元服すると言い出す。慌てる弁慶。なんでこんなところで突然、元服するなんて言い出すん?尾張は義朝の最期を迎えた場所やし、どのみち、烏帽子親もおらへんねんから、どこで元服しても同じやろ?ほやったら、父上の縁があるここでしたいねんってさ。

そして髪を切り、弁慶に髷を結われ、烏帽子をつける遮那王に、弁慶が1枚の紙を見せる。そには「義経」と書かれている。

「あなた様のお名でござる。常盤様よりお預かりしてまいりました。」

意外な母からの贈り物に、驚く遮那王。父・義朝から1字貰ったと。今日から義経と名乗りなさいと。


PDVD_025_2014071516262179f.jpg


「義経…強き源氏の、武者となりなさい。」

常盤に、義経の暴走(笑)を止める事は出来ない(最後まで、迷惑な暴走男やけどさ)。複雑な気持ちだったことでしょう。

福原に慌てて、時忠がやってきた。
どうやら、中宮様がご懐妊したかもしれないと。どんだけの慌てっぷりか(笑)驚きの余り目ん玉が今にも落ちそうな勢いだし、気持ちが先走りすぎて、足が追いついてない有様、慌てて京に戻る清盛。
やっぱ厳島のごご利益はてきめんやろ?と喜ぶ清盛。時子が100日祈ってもご懐妊せんかったのに、自分が月詣でを始めたら、60日でこの結果って。何だか似たかよったかのような気もするんやけど…?(笑)
ほいでもって、絶対男子の誕生を祈願するんだと力入っております。それからはとにかく、連日、色んなところで安産祈願する清盛。

そこに重衡がダッシュでやってきて「ご産平安!皇子様ご誕生にござります!」


PDVD_028_20140715163136956.jpg 


と言う連絡が。無事に生れた事、そして念願の皇子誕生に安堵するような表情の清盛ですが、実感が湧いてくると同時に、涙を流しながら喜ぶ清盛。この時の「皇子様が生まれた」と言われた瞬間から、涙がじわじわ込み上げてくる様子恐るべし…。そんな清盛の様子を伺う公卿や摂関家達の渋い表情ったら。

言仁様(後の安徳天皇)です。
出産祝いの宴かな?そこに頼政がお祝いにのご挨拶にやってきました。そこで頼政が三位になると、サプライズ報告。おっかなびっくりな頼政。平家一門から祝福され、恐縮する頼政は、命尽きるまで、平家と共にすると誓うんだけどねぇ…

そんな浮かれムードな父を、冷めた目で見つめている重盛様でござりまする。

福原に戻った清盛。
翌年、言仁様の100日の祝いの宴が終わった直後、「機は熟した」と清盛が京へやってきた。

PDVD_031_20140715163657f8d.jpg


報告を聞き、一門を集めよと貞能に指示をした直後、重盛が突然倒れ込んでしまった。
皆を集めた清盛は

「知ってるの通り、ついにわしは東宮の外祖父となった。またいつ何時、我らの勢いを面白う思わぬ者が現れ、法皇様に要らぬ事を吹き込むやも知れぬ。かの、鹿ケ谷の企ての如く。さような事を防ぐ為、法皇様には、この館へお越しいただいてはどうかと考えておる。」

ざわつく一門の皆々様方。それって、法住寺殿を攻めろちゅうことなん?頼盛様思わず口から出たけど清盛顔色ひとつ変えずに淡々と話し続けます。

「御所を攻めれば、北面の武士どもと無用な争いとなる。速やかに兵を繰り出し、院を、お連れまいらせよ。」

って、それってすなわち、拉致して来いということちゃうん?

そんな法皇様といえば、乙前の見舞いにやって来たようです。
法皇を気遣う乙前。そして優しい言葉をかける法皇様に対し


PDVD_033_201407151641020f6.jpg


「法皇様こそ、お寂しくござりませぬか?近臣方が、こぞっていなくなってしまわれて…。」
「おのれの招いた事じゃ。だが、このままにはしておかぬ。命を落とした者達のためにも。わしは…法皇ゆえ。この国の頂に立つ者ゆえ。」
「やはり、気がかりにござります。法皇様と、入道様の、双六遊びの行く末が。」
「まだ、わしには手駒がある。歌を聞きたいか?」

そして乙前に歌を歌ってあげます。

像法(ぞうほう)転じては(像法の世に変わってからは)
薬師の誓ぞたのもしき(薬師如来の誓願がとても頼りになる)
一たびみ名をきく人は(ひとたびその御名を聞いたからは)
萬(よろず)の病なしとぞいふ(誰のどんな病も治るという)


法皇様にとって乙前は、単なる今様の師匠だけではない、滋子に次ぐ、自分の事を知ってくれてて、素直になれる存在。
そして乙前は法皇様の事もさることながら、清盛にとっても幼き頃から色んな事を、陰で見守ってきた人。2人とも、とても寂しい心を持ちあわせ、しかし今は、相対する存在になっている事に、心いためていた事と思います。どちらの勝ちにしても、心満たされる事がないかもしれない事、それを見守る事が、自分にはもう出来ない事。そんな時でも、普段とは違う、自分の事を気遣って励ましの歌を歌ってくれる、法皇様なのですね。

その間にも清盛は、武装して今にも法皇様を拉致するための準備が着々と進められています。
この時の、法衣の下に鎧をつけている姿が妙に艶っぽいというかドキドキしてしまうのは何故?(汗)

武装した一門の中、ただ一人、重盛だけは何故か、武装しない姿のままやってきましたぞなもし。
そして無言のまま宗盛の前に立つ。「ここは俺の場所だぞ」と言わんばかりの威圧感。
そして席に座る重盛に、清盛はどうしてそのような格好でやってきたんだと。
反対に重盛も、父上も何でその格好なんですかと。法皇様に一時、ここに来てもらおうかと思ってといったら、重盛は情けない、一門の運も尽き果てたのだろうと。父と息子の厳しい言葉の駆け引きが続きます。
おっ!?珍しくというか、初めてかしら?盛国の甲冑姿ってひょっとこして?

重盛は父の話を聞き、「わかりました」そういい、清盛の前に座り

「では、法皇様の御所は、私が警固致します。」

とビックリ発言。はぁ?と一門。さすがの清盛も

「何じゃと?」
「五位に叙せらてこれよりこちら、法皇様のご恩を受けなかった事など、一度もござりませぬ。その恩の重さを例えれば、千粒万粒の宝玉よりも重く、その恩の深さを例えれば、幾重にも染めた、紅の色よりも深いでしょう。故に、私は御所へ参り、いくばくかの手勢を連れて、法皇様をお守り致します。」

重盛様、もう顔色が優れなさ過ぎます(>0<)まるで既に幽霊みたいですぅ。(T_T)
緊迫したムードの中、出て行こうとする重盛に清盛が厳しい声で呼び止めます。
また突然殴りつけるか、足蹴にしそうな勢いというか表情が怖過ぎます。

「重盛!いま一度言う。これはわしの国づくりじゃ。

もう一度、これは自分の国づくり。それを阻むのだなと平家の棟梁のお前がと。(重盛を突き倒す)それを阻むと言うのじゃな?平家の棟梁であるそなたが。(胸座つかんで)我が子である…そなたが。」

もう重盛様はまさにこの言葉に板ばさみ…自分でもどうしたらいいのかわからなくなっているのかもしれません。何をどうしたら一体、すべてが穏便に済まされるのだろう…。

そして重盛様、涙ながらに清盛様に訴えます。


007_201407171600477c9.jpg


悲しい事は法皇様に忠義を尽くそうとすれば、山よりも大きな父の恩をたちまち忘れ、そして父上に親孝行をしようとすると、海より深き慈悲をくれた法皇様に対する忠義を忘れてしまう。もうどうして良いんだかわからないよぉ!どちらも成り立たないのならいっそ自分を殺して欲しい。そうすれば、どちらも出来なくなるんだからと、泣いて懇願。

ある意味、やけのやんぱち。職務放棄とも取れる発言ともとられかねないし、もうそう言うしかほかに今の清盛を止める方法が見つけられない重盛の賭けのようなものだったのかも知れません。どちらも大切だから失いたくないし、それを見ていたくない…そして胃は痛い…。

この窪田さんの声のトーンといい、必死感と絶望感と喪失感がないまぜになった表情、今までの作品で観たことないですね(私は)素晴らしい…それを受ける殿の表情も。

ここまで言う重盛に、さすがの清盛も今回は受け入るしかないよね。

しかし、重盛様、そんな純粋な重盛様の思いと裏腹に、法皇はその重盛様の清さに付け入ろうと画策しておられるのですよ。そうやってあなたを精神的に追い込んでいるんですよ。

あぁ、重盛様余りにも不憫…

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .