感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第45回『以仁王の令旨』
2012年11月18日放送

006_20121118030302.jpg 
後白河法皇(松田翔太)を鳥羽離宮に幽閉した清盛(松山ケンイチ)は、ついに武士として初めて天下の頂に君臨する。清盛は福原にいながら、朝廷の人事権を掌握し、高倉天皇(千葉雄大)に徳子(二階堂ふみ)の産んだ言仁親王への譲位を迫るなど、思いのまま政を展開して行く。

一方、不遇の境遇にある以仁王(柿澤勇人)は、源頼政(宇梶剛士)に接近し、武力決起による平家討伐を考えはじめていた。また伊豆でも、重税に苦しめられる東国武士たちの間では、徐々に平家への不満が高まっていた。そして義経(神木隆之介)は弁慶(青木崇高)とともに奥州藤原氏を頼り、力を蓄えつつある。頂に立った清盛は、各地で燻りはじめた反平家の火種をよそに、孤独のなかで我を失いはじめる。

治承4年、2月、かねてよりの清盛の望みどおりに、高倉天皇は譲位した。清盛は言仁親王の即位の儀を福原で行うといいだし、周囲を驚かせる。


前回、重盛が亡くなり、そして治承三年の政変の後、国の頂に立った清盛はどんな景色を見ているのでしょうか、ということで第45回の始まりです。

福原の清盛。金ぴかの法衣姿、そしてすっかり老いさらばえております。
清盛の今の興味は、いつになったら帝が言仁様に対して、譲位をするのかということ。
しかし、まだ若い帝と言仁様では、と言う盛国に、政をするのは自分だと言いきっちゃう清盛。


007_201407281502235fd.jpg


1180(治承4)年春。清盛は国の頂点にいました。
内裏清涼殿では、高倉帝に対して早く譲位して欲しいと、新しく棟梁となった宗盛と、内大臣・関白になった藤原基通が詰め寄っております。

そんな中、似仁様は清盛から所領を奪われ、すでに30歳になったと言うのに、兄や甥や弟たちが次々即位して行くのに、自分だけ取り残されてしまい、自分は何の為に王家に生れてきたのだろう?何の為に生れてきたのかと嘆き悲しんでおります。崇徳院も何一つままならぬ人生と言っておられたけれど、ある意味、似仁様も下手するとそれ以上にままならぬ人生を送られたような気がします。そんな姿を哀れに思う八条院は、頼政に平家打倒を手伝って欲しいと言うが、拒否られる。


008_20140728150911dbf.jpg


そりゃそうだわよね。今の地位にまでなれたのも、清盛が推挙してくれたからだもの。そうじゃなかったら今もまだぺーぺーのままだったかもしれないんだもんね。源氏と言う立場からすると複雑だけど、いくらなんでも不義理をするなんてねぇ~。

そんな頼政に対して、このまま一生、平家に仕えたままで良いのか?源氏の魂は何処に行ったのだと問いただす八条院。しかしその言葉にも首を縦に振らず耐える頼政。何として自分が似仁様を助けると言う八条院。

伊豆では、時政の屋敷に山木兼隆がやってきたぞなもし。
都から租税を増やせと言うおふれがきたと。どうやら新しい帝誕生の為に必要だからって。
山木と言えば政子が嫁ぐはずだった人。

頼朝の屋敷で先程の話を話す時政。
話を聞いて憤る政子や藤九郎。いよいよ時が迫ったと時政。頼朝は弓を引くが矢は見事に的から大はずれぇ~あぁ、はずかしや(>_<)。 コケコッコォ~と、ニワトリもビックリ、そして皆もびっくり!藤九郎と政子はあんぐり、頼政はガッカリ…

009_201407281521153e7.jpg


「暫く、武芸から離れておったゆえ」

恥ずかしさのあまり、苦笑いする頼朝に、さりげなくフォローする政子。

反して、的を一撃で射る義経は、弁慶と立ち合わせ。
それを父親のような眼差しで見ているのが、奥州の藤原秀衡。出てきた鶏肉をみてかぶりつく弁慶。

「ちょうど10年前、私は、鎮守府将軍に任ぜられた。それを利用して、奥州の金や諸々の財宝を、我が物にしたお方がおる。」
「入道様にござりますね。」
「さよう。入道は、それらの財を宋国へと贈り、平家一門は一層の財を築き上げられた。されど、年端も行かぬ孫を帝にされ、おのが思うがままに国を動かそうとは、我らには思いもつかぬ、外道のわざ。」
「今やこの国のほとんどは、平家がもの。いずれは、平泉にも、押し寄せてこぬとも限りませぬ。」
「その時には九郎殿。」

010_2014072815322440e.jpg



立ち上がり庭に向かう秀衡。家人に合図をするとそこには目映いばかりの金の財宝が…流石に弁慶もビックリ。

これからもしもの事を考え、義経に莫大な金を何かあった時には使いなさいと、そして、義経こそが名将だと思っているからだと。そんな秀衡に深々と頭を下げる義経。

2月21日、清盛の望みどおり、安徳帝が誕生しました。
清盛は上皇様に厳島を参詣してもらうように手はずをしろと、しかしそれは慣習から外れているから、反発も多いのではと。それを静かに聞いてるのは兎丸の忘れ形見の小兎丸。己の考えを推し進めようとする清盛に、兎丸の仲間たちは今の清盛の行動に半ば呆れモード。こぶしを握り話を聞いてる小兎丸を見て盛国は、清盛はまだ道半ばだから黙ってみていて欲しいと。

011_20140728154010475.jpg


ご参詣先はやはり厳島。当然兼実たち公卿たちは猛反対だけど、関白は入道様のご意向だと。
入道様が決めたことは従うしかないと言うしかない兼実。しかし延暦寺などの僧侶たちはそれを阻止しようと動き出す。 今回は日頃仲の悪い延暦寺、興福寺、園城寺もタッグを組んで阻止する模様?

そんな情勢に、なんだか落ち着かない様子の宗盛。知盛と重衡がやってきてもうパニック状態な宗盛。


012_201407281546085c5.jpg


弟2人がテキパキと事を運ぶ様子に安堵する宗盛をみて教盛は不安げに見ております。
結局、平家の武力を恐れた僧たちは事をなす事はしなかったようですが…

清盛はそのことも含めて、上皇様のご参詣が遅れてご機嫌斜め。

「新帝即位の儀は、ここ福原で執り行う。」

盛国も大概困り顔。しかし、清盛は福原を都にするのだと息巻いております。
もう誰の言葉も聞こえない清盛のようです。 挙句に

「よいか?11月の大嘗会だけは何としても福原で執り行う。さよう都にしかと伝えよ!」

完全に暴走老人の清盛様。我が意のままにならない事なんてあってはいけないとブツブツと言う清盛。

「どれだけの犠牲を払って、ここまで来たと思うのじゃ。」

お気持ち、わからなくもないけれど、あまりに事を急ぎ過ぎて、周囲がついていけないのですよ。
それがまた、清盛様にとって歯痒いことなのかもしれませんが…(ーー;)

そんな清盛のもとにやってきたのは、宋国風の衣装をまとった、祇王と祇女という白拍子たち。清盛に自分たちの舞を見て欲しいと。

PDVD_027_2014072815500648a.jpg 


頼朝は髭切の太刀を振る。その姿に惚れ惚れするのは政子。
頼朝は日増しに源氏の表情になってきているように思いますね。

「皮肉なものでござりまするな。それをあなた様に授けた入道様が、今や武士の心を忘れておられるとは。」
「果たして、忘れてしまわれたのであろうか?私には、そう思えぬ。」

頼朝の中では。あの時の髭切を付き立てられたときの清盛の言葉をいつも考えているのではないかと。

福原では、白拍子の舞を見ているが、どこか遠くを見ている清盛。

頼朝は

「きっと通らねばならぬ道なのであろう。武士の世を作るために。」
「たとえ、そうであっても、殿はいつか立ち向かわねばなりますまい。平清盛と言うお方と。」

013_2014072816284756a.jpg


実際、平家を滅ぼし、鎌倉幕府を作ったのち、きっと頼朝は色んなことで痛感した事と思います。思い描く国づくりをする事がどれほど難しい事か。特に摂関家や朝廷とのやりとりは。そしてそれを切り開いてきた清盛の偉大さを。

清盛は祇王をそばにはべらせ酒を呑んでいるけれど全く楽しそうじゃない。盛国はただただ、そんな清盛の姿を静かに見守るだけです。 すっかりスケベジジイのような清盛入道様ですが…

京の宗盛の館では、こちらもなんやら宴で盛り上がっております。

PDVD_032_20140728163226f74.jpg


そこへ時子がやってきて棟梁になってからの連日の宴三昧に怒り爆発、しかし全く悪びれない宗盛。
それは勤めを果たした上での事、重盛が死んで1年も経ってないのにこんな事してと言っても、正妻の自分が棟梁になる為に死んでくれたのでしょうだから、この宴はそんな重盛を弔う為の宴だと言う始末。もうただただ呆れるしかない時子。

そこへ息子の清宗がやって来ました。大喜びで駆け寄る宗盛。しかし手に持っていたのは、忠正が直してくれると言っていたあの竹馬。無邪気な自分は叔父が死ぬことも知らず、結局直せないままになった竹馬。

014_20140728164239ec4.jpg


いたたまれず、その場を離れる宗盛だが、そこへ源仲綱がやってきました。
突然、仲綱の愛馬・木下を貸せと無体な事を言う宗盛に、泣く泣く渡す仲綱だが結局、木下は戻ってこず挙句に、仲綱と名前を変えてお尻に焼印までされ辱めていると。堪えよと言う頼政に、自分たちは木下のようだと。平家の犬と言う焼印を押され、源氏の魂を捨てて生きて行かねばならないのかと。思わず八条院の言葉を思い出す頼政。

清盛は祇王たちと双六などして遊んでおります。時忠が帝の即位の儀は4月22日、内裏にて執り行うと報告。ちゃんと話を聞いてるのか半ば興味なさそうに何事もなく無事に終わるようにやりなはれといった具合で、祇王と祇女とキャッキャしております。つまみを食べさせてもらいご満悦、老人介護じゃござりませぬぞ(笑) そんな清盛の様子を見て時忠

「いやはや、果てしのないものにござりますな。人の欲と言うものは。(ウンウンと頷黄ながら酒を飲んでいる清盛)莫大な財を操り、国の頂に立ち、御孫君を帝になさってもまだまだ欲しゅうござりますか?酒も若い女子も。」
「欲こそが、男子の力の源。…と言うたは、家貞であったな?盛国。わしは手に入れてみせる。この世の全てを。よ~し、こっからじゃ。」
「頼もしや。ではこれにて。」

でも、やはり時子には知られたくないのか時忠にお口チャックと念を押す清盛様だけど、まぁ時子はそんな事お見通しですわな。

キャッキャ、キャッキャしてる清盛の方を振り返る時忠は盛国に

015_20140728164951d8f.jpg


「あれは欲なのであろうか?弔いのようにも見える。重盛や、兎丸…。そのほかさまざまな方々の。」
「それも、欲のうちにござりましょう。どんなきれい事も、欲がなければ、始まりませぬゆえ」

深い深い闇の中で苦しみもがいている清盛をただそばで見ている、見守る事しか出来ない盛国、時忠の言葉と清盛の行動を見てると痛々しくてたまりません(ーー;)

一方、似仁様と八条院様の所に頼政親子がやって来ました。
そしてそこにやってきたのは為義の息子行家(義朝の弟)。平家の追っ手から逃れ、熊野に潜んでいたそうな。

016_20140729104242242.jpg


「ことほどさように、源氏の魂は、この国のあちらこちらに潜んでおりましょう。(似仁様を見て)令旨を、お出しあそばれませ。」
「令旨?」
「諸国の源氏に向けて、平家打倒の令旨を。」

頼政も覚悟を決めたのだろうか…。

福原の館では祇王と祇女と相変わらず遊び呆けている清盛様。単なるエロジジイにしか見えませぬ(汗)
そして、安徳帝の即位の儀が始まった。
清盛は祇王の膝枕で安徳帝の即位を喜んでおります。
いちゃいちゃしている所に、また新しい白拍子がやってきたようです。

東海東山北陸三道諸国、源氏ならびに軍兵らに下命する。清盛入道と平宗盛らは、権勢に任せて凶徒に命じて、国を滅ぼし、百官万民を悩ませ、五畿七道の国々を不当に支配し、法皇を幽閉し、廷臣を流罪に処し、命を断つなどした。財物を掠め取り、国を領有し、官職を奪い与え、功なき者を賞し、罪なき者を罰している。百王の継承を断ち、摂関を抑え、帝や院に逆らい、仏法を滅ぼすことは、前代未聞のことである。そのため、天地はみな悲しみ、民はみな愁いている。そこで私は、法皇様の第三の皇子として、天武帝の昔にならって、王位を奪うものを追討し、仏法を滅ぼすものを打ち滅ぼそうと思う。


「諸国は、この命令どおり実行せよ。」


じゃれあう清盛の前で舞を舞う白拍子。即位の儀式も滞りなく進んでいる様子。書いた令旨を行家に渡す。

清盛の前で舞い終わる白拍子。その姿を食い入るように見ていた清盛。
仏午前と名乗る白拍子の舞を改めて見る清盛。

017_20140729110103ce9.jpg


そして、頼朝のもとにも似仁様の令旨が届く。ここに本郷先生がエキストラで登場しておりますね(笑)
内容を読んで驚く頼朝、そしてそれを厳粛に聞いている時政と政子。

清盛は白拍子に釘付け。何故か脳内に「遊びをせんとや生れけむ~♪」何を思ったのかその白拍子のところへ向かって行ったと思ったら、抱きかかえ寝所へ一目散。それを呆然と見送る祇王と祇女、そして盛国。

寝所で清盛は白拍子の名を聞く

「仏と呼ばれております」
「仏。わしはこの世の頂におる。次は遷都じゃ。我ら平家の都、福原を、この国の都とする。」
「まぁ。」
「ここは、わしの世じゃ。」

PDVD_053_2014072911032275a.jpg


仏御前と見た時、ふと思ったのは、亡くなった母の事。赤子で憶えていない母の面影を仏に見たのではないかと。祇王や祇女では埋められない何かを仏に感じたのではないかと。それは彼女たちもきっと感じ取ってのあの表情だったのではと思ったりします。

最後のあの言葉、仏にしゃべっているように思うけれど、自分自身に言い聞かせているようにも感じました。清盛の闇とは反対に、少しずつ、頼朝たち、源氏に光が差し始めているようです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .