感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第48回『幻の都』
2012年12月9日放送

007_20121208230913.jpg

富士川の戦いでの惨めな敗戦に激怒し、忠清(藤本隆宏)を斬ろうとして転倒した清盛(松山ケンイチ)は、憔悴感に苛まれていた。そんな清盛に、棟梁・宗盛(石黒英雄)から福原から京への環都の申し出があった。

反平家の勢力は日ごとに増し、京の都を留守にするのは現実的ではなかった。宗盛の涙ながらの訴えに、清盛もついに環都を受け入れざるをえなかった。安徳天皇を頂いて福原で最初で最後の五節の会が行われ、その宴をもって京へ環都する。

環都の知らせを聞いた頼朝(岡田将生)は、清盛がなにを求めて武士の世を目指しているのか、わからなくなり、清盛の過去を知る弁慶(青木崇高)に、若いころの清盛のありようを聞く。若き日、故意に神輿に向けて、矢を射た清盛のことを聞き、頼朝は、清盛の目指す世も、父・義朝が目指し、いまの自分が目指す世も同じものであることに思い至る。

そんな時、反平家の兵を挙げた南都・興福寺を攻めた平家軍の火が興福寺・東大寺の伽藍を消失させるという事件が起こる。


首を討たれる前に、今の平家の現状を訴えた忠清を討つべく、宋剣を振りかざした清盛だが、宋剣を振りかざす力すらなくなってしまったのか、そのまま尻もちを付き、宋剣ももはや錆付いてしまっていた。さて忠清はどうなるのかの48回です。

六波羅の館で呆然と座っている清盛様。忠清の言葉を噛み締めているようです。
その様子を盛国はそっと見ております。そして忠清は盛国に介錯を頼むのだが、殿に無礼な事を言ったと言う忠清に、平家の武の軸は忠清なのだ、これから色々忙しくなる時、忠清がいないとどうなるのかと、平家を殿を、一緒に守ろうと、その言葉に応える忠清。


008_20140731135532118.jpg


この時の盛国が、忠清の胸を突くシーン、まだ鱸丸だった頃、はじめて忠清と対峙した時に忠清が鱸丸にした事を、盛国が再び返していますね。そんなにも時間が流れたんだなぁ~しみじみ…。

宗盛は兄弟に忠清の言葉をどう思うかと。三人三様の答え。ますます戸惑う宗盛。

あんな醜態を見せ付けられてもやはり、重衡様は父上が一番なんだと言う気持ちに変わりはないんですね。どこまでも父上LOVEな重衡様♪

治承4年10月。鎌倉では大庭景近が投降してきたが斬首&晒し首。
頼朝は手柄を立てた者達に、領土を与える『ご恩と奉公』を始める。一見よさそうなもんだけど、土地って無尽蔵にあるわけではないからね~。まぁ、それは今後の課題ということで…(笑)俄然、みんなの士気は上がっておりますが…

009_2014073115471343c.jpg


清盛様はボーっとした日々。高倉上皇の具合も一向によくならないようです。
清盛様がお見舞いに来て、もうすぐ、内裏が完成するから、頑張ってご快癒してとはげま すんだけど。まぁ高倉上皇にしてみたら、そんな事どうでもいい事だよね。徳子も、内裏の完成より何よりも、上皇様の体が大事だと清盛様に訴える。

公卿達は還都を進めますが、戸惑う平家一門たち。
重盛が生存だったなら何とかなったのにとか散々嫌味っぽいことを言われ、皆の話を悔しい思いで聞いている宗盛。かなり追い込まれていますな宗盛様。

皆が福原の清盛の館にやって来ました。驚く清盛。様宗盛が召集したようで、他のメンバーもなんで呼ばれたのか分からない様子。宗盛様が清盛様の前に座り、清盛様に都還りをして欲しいと。驚く清盛様。足蹴にされる宗盛様。それでも引き下がらない宗盛様。清盛様も引き下がりません

「たとえ…武士の世と呼べずとも、わしの出会うた身内、敵味方、友、師、皆の生きた証しが、この福原の都なのじゃ。捨てる訳にはゆかぬ。」
「それでも!それでも私は…都還りして頂きとうござります。」
「宗盛。そなたそれでも棟梁か!?」
「棟梁ゆえにござります!」

今までの胸の奥に閉まっていた思いを吐露する宗盛。

010_201407311619491a0.jpg


「私が生れた折、父上は神輿に矢を射た咎で、獄に入っておられました。また、忠正の大叔父上の斬首の折、私は竹馬を作ってもらえる事ができず、その上、何も知らずに死出の旅に出られる大叔父上にひどい事を言ってしまいました。」
「おい、何を言うておるのだ?」
「また、年が明ければ、元服と言われたものを、にわかな平治の戦により早まり、まともな元服の儀も行われませんでした。その戦では、源頼朝と対峙し、恥さらしにも腰を抜かし、また捕らえられた頼朝につまらぬ悪口をたたきつけ、おばば様に叱られたのも…私にござります。私は、重盛の兄上とは比べ物にならぬ、出来の悪い男子。つたない棟梁でござりましょう。それでも、私は…平家の棟梁にござります!平清盛の子でござります!私が一門の役に立てる事があるとすれば…今、この時!父上をお諌めする事にござります!(宗盛を見つめる清盛)帰りましょう…父上。平安京に…六波羅に。平家がすっかり孤立してしまわぬうちに。今は、こらえて…都還りを、何とぞ…都還りを…決めて下さりませ!」

重盛様が生前だったころも、そして死んだあと、自分が棟梁になってからも、宗盛様は重盛様とは違う葛藤をずっと抱えてこられたのでしょうね。複雑な気持ちでありながら、棟梁になったものの、平家のおかれている立場は徐々に苦しくなって行くばかり。それもこれも自分の不甲斐なさだと思っていたのでしょうか?そして忠清が自分の命をかけても父に意見をした姿を見て、宗盛様もこのままではいけないと決心されたのやも知れません。

それを聞いた清盛様…そこにいる一門の顔を見渡す。そして清盛様を見つめる一門たち。
11月11日、福原に安徳帝のための新しき内裏が落成しました。
平伏し安徳帝を迎え入れる清盛。嬉しさと何だか寂しさが合いまった表情に見えます。

011_20140731162854a9d.jpg


「帝の御ため建立した新しき内裏。福原の都の、内裏にござります。今年の五節はこの新しき内裏にて、行いまする。」

まぁ、そんな事言われても、安徳帝にはな~んにもわからんだろうしねぇ~。これで満足するしかないのかなぁ。
この時、清盛様のお気持ちはいかばかりだったのかなぁ~。

京では、清盛が還都する情報が入ってきて、公卿達は大喜び。兼実様の嬉しそうな顔ったら…。
そして福原での最初で最後となる、内裏での五節が始まりました。

「還りなんいざ 田園将に蕪れんとす 胡んぞ帰らざる 既に自ら心を以て 形の役と為す 奚ぞ惆悵として 独り悲しまん已往の諫められざるを悟り、来者の追ふべきを知る 実に塗に迷ふこと 其れ未だ遠からず」

(さぁ、帰ろう 田舎の田畑は荒れ果てようとしている どうして帰らずにいられよう これまで身を粉にして働き 自らの心を犠牲にしてきたことを 恨み悲しむまい 過去を悔やむ事はやめ これから先のことを考えよう まだそんなに大きく 道をはずれたわけではない)

012_201407311646296de.jpg


この歌は中国・東晋(とうしん)代の詩人陶潜(とうせん)の「帰去来辞」と言う作品の中の一小節。
清盛様はじめ、みんなが舞を見ておりますが、盛国も忠清も、この日は束帯&立烏帽子姿(内裏ということもあってだろうけど、盛国は2度目、忠清は初めてで貴重なお姿です。)この歌のチョイスがまさに、今の清盛様の思いそのものですよね。藤本さんの脚本はやっぱ素晴らしいですねぇ~。舞を見ている清盛様の表情は、それまでとは違い、寂しそうではありますが、心なしか穏やかになっているようにも見えます。

そして思い出されるのは、まだ若かりし頃、はじめて白河院の前で舞った時、家出をして海でやんちゃだった時、海賊退治、父との思い出、保元の乱、平治の乱、頼朝を流罪にした時、福原を平家の都にすると決めた時、嵐の中、平家納経を厳島に持って行った時、二条帝の崩御の時、一門や兎丸に夢を語った時、大切な人達との別れ…心の暗闇に飲み込まれそうになった時、走馬灯のように思い出が駆け巡り、涙が込上げてくる。そしてそんな清盛様に寄り添う時子様。

京に戻る前、最後に誰もいなくなった福原の屋敷を愛おしむように歩いている清盛様。そこに小兎丸たちがやってきました。

013_2014080111243421c.jpg


自分たちはここに残ると。皆で兎丸の志を守って行くと清盛に告げる。そんな小兎丸に頭を深々と下げる清盛様。表情には出さないけれど、きっと清盛様は嬉しかったんじゃないかと。自分はこの地を去ってしまうけれど、兎丸や自分の夢は、小兎丸たちにも受け継がれていくんだと。その場を去る小兎丸たちを見送る清盛様だけど、顔を上げた時、荒丹波、麒麟太夫、豊藤太が清盛様に向かって笑顔を向けている姿の先には、兎丸が「あほやなぁ、せやけど頑張れよ」と清盛様に言っているように見えました。清盛様もきっと、救われるような気持ちになったのかもしれません。

六波羅に戻った清盛様は、知盛や重衡に相変わらず源氏追討の指示を出す。
ボーっと庭を眺めている清盛様のそばに、時子様がやって来ました。何を考えているのかと。

「何をしてきたのかと思うてな。この何十年。武士の世とは、何であったのかと思うてな。」

静かに清盛様の言葉を聞いている時子様。頼朝も1人、感慨にふけっているところに政子がやってきて、何を考えているのかと。。こういうシンクロな演出がいいですねぇ~。

014_20140801113123e81.jpg


「私はいまだはかりかねておる。あのお方の目指した武士の世とは…まことの武士の世とは、いかなるものであったのか。」

やはり政子も、頼朝の言葉を静かに聞いています。そこへ藤九郎が義経と弁慶を連れてやってきました。
なかなかゆっくり話をする機会がなかっただろうと。

改めてまず、義経が頼朝に聞きたい事があると、なんで今回挙兵を決めたのかと。意外な質問に"おっ!?"な頼朝ですが

「さて、ひと言では難しいが…つまるところは、亡き父上の武を証し立てるため…とでも言おうか。」
「父上の武。」
「我らが父・義朝と、清盛入道は、お若き頃から切磋琢磨してこられた。源平ふたつの武家の御曹司として育ち、共に戦い、共に歩んでこられた。武士の世を目指して。されど…。同じ物を目指して、共に歩んでいるはずだった父上と清盛入道は、道を分かつ事となった。父は起死回生をはかって、平治の戦を起した。…が、その顛末は、知ってのとおりじゃ。その後、清盛入道は、太政大臣にまでのぼり、政をしておるが、今は武家の世とは名ばかりの平家の世じゃ。私は力で平家を倒し、その上につくる!今度こそ…まことの、武士の世を。」

PDVD_051_20140801113630fc2.jpg


頼朝は子供の頃から由良を通じて色んな物を見聞きさせられてきましたからね。そして父と清盛が、どんな風にお互い成長していったかは、義経よりは知っていますからね。平家を倒すと言っていても、滅亡させるとまでは思ってなかったと思うんです(あくまでも私的に感じたのは)。この話を聞いて、義経がどう感じたかわかりませんが…

頼朝の話を聞いて、反応したのが弁慶(笑)是非そうして欲しい、そうしたら先々代の源氏の大将も浮かばれましょうと。まぁこの人は、為義パパにもあれこれやられたりしてるからね(笑)その言葉にまたも、若干引き気味の頼朝。義経が実は弁慶は自分たちよりも源氏や平家のことを知っているのだと。興味津々な頼朝に、調子こいて話し出す弁慶(笑)弁慶が話し始めたのは祇園闘乱事件の時のこと。僧兵達が神輿を担ぎ強訴をしている時、突然神輿に矢が突き刺さったと、それも清盛がと聞かされ驚く頼朝。

「わざと神輿を狙うて射たと?」
「アハハハ~!鳥羽の法皇さんもさような顔をしておられた(ってあんさんどこでみてはりましたん?)そして、伝え聞くところによれば…(鳥羽法王が清盛に自分をエアーアローで自分を射てみろと言われたと言われ清盛は躊躇いもなく矢を放った話をする)」
「乱れた世に報いられた矢。」

015_20140801115129753.jpg


意気揚々と話をして、満足げな弁慶。その話を聞いて頼朝はとてつもない何かを感じたようです。

「それを…。あのお方は、やり続けてきたのか。朝廷に入り込み、その仕組みそのものを壊し、変え、謗られながらも、新しき都をつくる。それらは、全て…」

最後に会った時に言われた言葉を、思い出しながら、そして、鳥羽上皇様に弓を射る清盛の姿を想像しているが、その若かりし清盛の放った矢が、今、頼朝の腹に突き刺さる。思わず射られた腹を押さえ、前のめりになってしまう頼朝に周囲の皆は何事か!?と驚いております。そりゃそうだわな(笑)

遠く、過去から放たれた矢に当たった頼朝も、ドクドクと流れる血を眺めております。ようやく、わかったのです。清盛がやってきたこと、バラバラだったり、見つからなかったパズルのピースがようやく見つかったように。武士の世を作ることとは、どういう事なのか…清盛に対する疑問も。晴れ晴れとした表情の頼朝。

しかし、朝廷では何やら兼実様が血相を変えてやってきましたぞなもし。
臨時ニュースです。去る12月28日、南都にて僧兵を鎮圧しに行った平重衡様の軍勢の矢が風に煽られ、残念な事に東大寺含め周辺を焼き尽くしてしました。決して、意図的に東大寺を焼き討ちする為ではありませんと平家軍の弁ですが、ここで朝廷でこのニュースを聞いた藤原兼実様のインタビューをお聞きください


PDVD_059_20140801115621beb.jpg


「世に平家のある限り、天下の乱れは治まりますまい。」

またも、平家にとって、不利な事が起きてしまいましたね。清盛様ももう、呆然としております。いくら、偶然だとしても、東大寺が全焼してしまったということは、まこと困った事になりました。皆、清盛様に重衡が意図的にしたわけではなくて、不可抗力だったと弁護します。清盛様が何を考えているのかわからないからきっと、過去からの事を考えると、重衡に対してフルぼっこされるのではと思って必死なのでしょうね。

清盛様といえば表情一つ変えずに、何を考えているのか、全く誰にも分かりませんが、おっ!なんか言い出しましたぞ

「それこそが、もはや運が尽きたという事よ。天は、平家を見放したのじゃ。」

あぁ、聞きたくない言葉…辛過ぎます。そんな、なんとも重苦しい空気の中、何故だか元気はつらつ、意気揚々と戻ってきた重衡様にございます。清盛様の前に座り、報告します。

「父上!重衡、南都を攻め、悪僧の首四十九を討ち取り、また一人を生け捕りにしましてござります!思いがけず、火が風にあおられ、伽藍を焼き尽くしてしまいましたが、な~に、天もお許し下さりましょう。我らが焼いたは仏にあらず!仏を盾に狼藉を働く、不埒者どもにござります!これを抑えられるは、我ら、平家のみ。どこにも劣らぬ、強き武門の我らを置いて、ほかにはおらぬと、世に示しましてござります!」

016_20140801132404d8a.jpg 


嬉しそうに父・清盛に報告する重衡様。あまりにも屈託ない笑顔に、周囲の空気も"やばいんじゃない?"とビクビク、清盛様も"アチャ~ッ"という表情…

「重衡…。」

ゆっくり立ち上がりましたぞ~、くるぞくるぞ(>_<)と思ったら

「ようやった…。ようやった。」

何も疑う事もなく、父から与えられた使命を全うした重衡に、もう怒る気力もない清盛様。優しく重衡をねぎらう清盛様に、周囲も予想外の展開にビックリ。世代交代をますます感じる清盛様なのでしょうか。庭を見詰める清盛様と、そして吹きすさぶ風の音と、はためく几帳が、まさに平家の栄枯盛衰を暗示するかのような寂しい終わりの回でした。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .