感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
第49回『双六が終わるとき』
2012年12月16日放送

003_20121216061517.jpg


治承5(1181)年、平家は憂うつな年明けを迎えていた。平家を悪行三昧と忌み嫌う風潮が、国中にいきわたっていたのである。そんな折、清盛(松山ケンイチ)の頼みの綱だった高倉院(千葉雄大)Tが崩御した。わずか21歳である。安徳天皇はまだ幼く、平家は、朝廷でのよりどころを失った。力を失いつつある清盛の前に再び後白河法皇(松田翔太)が現れ、清盛を挑発する。

一方、鎌倉のもとには、梶原景時(浜田学)をはじめ、続々と坂東の武士たちが集結する。頼朝は彼らを御家人と呼び、新たな「武士の世」の政治体制の原型を作り始めていた。頼朝の国づくりを伝え聞いた清盛は、亡き義朝と誓い合った武士の世が、頼朝によってひきつがれていることを知る。それは、平家の世に揺さぶりをかけることになると知りつつ、清盛は嬉しさを感じていた。

後白河法皇と最後に対峙した清盛は、これより先は、朝廷は力を失い、武士同士が覇権を争う世になる、と後白河法皇に語る。


宗盛の涙の嘆願もあって、清盛は還都する事になりました。公卿たちは大喜びです。

そして、それに反して源氏は着々と、力をつけてきております。
世はますます混沌としてきました。そんな中、幽閉されていた後白河院が復活いたしましたぞな~。

1181(治承5)年1月、宗盛の館に集まる平家一門と清盛。
新年の挨拶をするけれど、全体的に重苦しい空気が漂っておりまするね~清盛様の表情がすっかり老齢化しております。

PDVD_005_2014080115140739d.jpg


そこへ忠清がやってきました。鎮西にて菊池隆直,そして伊予でも河野通信が謀反を起したと報告。慌てふためく一門。そこへ宗清が南都の僧たちが重衡様を差し出せと騒いでいるとの報告。あっちもこっちも平家にとって暗い話題ばかりです。

兎にも角にも、今はこの騒ぎを速やかに鎮めることしかないので新たな軍を集めて鎮圧せよと指示する清盛様。そこへまたしても今度は頼盛が到着。高倉上皇様のご容態芳しからず、ますます悪化の一途だと。

痛々しいほどの弱りきっている高倉上皇様、そしてその様子を御簾越しに見守っている徳子だが、高倉上皇が徳子に話しかけ、2人だけになりました。上皇様は、自分が死んだらますます世が乱れるだろう。でも、自分が一番心配している事は徳子の事だと。自分の后だった事、清盛入道の娘だということで、利用しようとする人達がいるだろうと。止める上皇様の言葉も聞かず、御簾から徳子様が入って来ました。そして上皇様に

「王家も平家もござりませぬ。徳子には、王家よりも平家よりも、上皇様が大事にござります。」

そんな言葉を聞いてか、最後の力を振り絞り起き上がろうとする上皇様をお支えする徳子様。愛用の笛を持ち、必死で息を吹き込もうとする上皇様だけど、すでに笛を押さえる力も、音色を奏でる事すら出来ず、息のもれる音しか聞こえませんが、それでも徳子の為に必死に音を鳴らそうとする姿を見て徳子は

004_20140801151240f11.jpg


「あぁ、なんと…美しい音色にござりましょうな。」

そして治承5年1月14日、21歳の若さで高倉上皇様は崩御なされました。そして、いよいよ、長い幽閉から解き放たれたあの方が完全復活してきましたぞなもし!久し振りの清盛との再会。

「清盛。ひさかたぶりじゃな。」
「高倉上皇様の事、心からお悔やみ申し上げます。」
「1年余りの幽閉暮らし、まずまず楽しくもあった。心残りは、新しき都とやらを、しかと見られなんだ事じゃ。」

といきなり、嫌味攻撃!まぁ、京で幽閉され、体調を壊し、そのまま遷都とと同時に福原に連れて行かれて更に狭い萱の御所にての幽閉生活。窮屈&体力的にも法皇様も大変だったと思いますからね。嫌味の一つや二つも言いたかなるでしょうよ(笑)

「東国武士がまず謀反。諸国がそれに従い、寺々の僧兵も不穏。その上朝廷内は、麻の如くに乱れ、なんとも絵に描いたような四面楚歌ではないか。かような事になるなら、政変など起すのではなかった。…と思うておろう?」
「さような事は…」
「思うておろう!?」

PDVD_012_201408011523186d8.jpg


ここぞとばかり、言われたい放題な清盛。顔をあげて法皇様の顔を見ると、あの不敵な表情…そして突然賽を投げつけられました。ハッとする清盛に

「困った事があれば、何でも申せ。何しろわしは、頂に立つ者。いかなる事でも、してやれるでな。」

ふふふふっ、してやったりな表情の後白河法皇様に対して、屈辱的な思いの清盛様。言われている事もある意味ごもっともなだけに言い返せないし悔しい限りです。そしてまだまだ、法皇様との双六対決が終わってない事を改めて思い知らされます。

六波羅では、法皇様の話題。結局全ては法皇様の手の内だったと。それどころか幽閉されたままでも世を操っていたんだと。賽を見ながら清盛は時子にとんでもない事を言い出しました。

徳子を尋ね、池殿にきた時子。まずは上皇様に対するお悔やみの言葉を述べ、切り出した話とは…

「このような時に誠に申し上げにくいのでございまするが…」
「何でござりましょう?母上。」
「我が夫、清盛入道よりの言づてにござります。かくなる上は…法皇様の後宮に入っては頂けませぬかと。」

やはりそう来ましたか…時子も言い出しにくい話だよね~。でも今の平家の状況を見れば何とかしたい気持ちはある訳で、ダメ素だとわかっていてもとりあえずお願いしてみるしかないと言う事なんでしょうね。でも当然ながら徳子に拒否られちゃいましいた。

「さような事を無理強いなされるのであれば、徳子は出家致します。母上。上皇様だけが、私の光る君にござります。」

出家されるよりも何よりも、上皇様だけが自分にとっての光る君といわれたら時子様にしてみたらもう何も言う事はないですよね。不憫に思う娘ではなく、短くも幸せであったということも充分に理解できたと思うんです。それを清盛に伝えます。しかし清盛は、別の手を考えると。そんな清盛に

「もうよいではござりませぬか?」
「ん?」
「あの光らない君が、ここまでのぼられたのです。これ以上の高望みは、なされますな。」
「気楽に言いおって。」
「気楽に参りましょう。」

PDVD_017_20140801153657ecf.jpg


ちょっとふてくされ気味な清盛様ですが、きっと時子様の言葉にホッとした部分もあるんじゃないかと思います。琵琶を引きながら突然思い出したかのように笑う時子に

「ん?なんじゃ?」
「ひさかたぶりに、『源氏物語』が読みとうなりました。」
「おかしなやつじゃ。」

時子様なりの精一杯の慰めというか…このやり取りで思いだすのが、家盛様が棟梁の名乗りを上げた時、ショックを受けた清盛に時子があえてあっけらかんとした感じで言いましたよね。「跡継ぎの座など譲って差し上げれば。それくらい広い心をお持ちなさいと申しておるのです。さような事をいちいち気に病むようなお方は、そもそも跡継ぎの器ではござりませぬ」って。清盛の事を理解しているからこそあえてこんな風に言えるんですよね。他の人ではこんなこと恐ろしくて言えないだろうし、清盛にとっても逆にホッとできるというか。

でもそんなことを「おかしなやつじゃ」といいながらも嬉しそうな、そして穏やかに見える清盛様の表情。目をつぶると、時子と出会った初めての時を思い出しております。

鎌倉では、頼朝の元に平家の家人たちが降伏にやってきております。そして連れてこられたのは梶原景時。そう、頼朝を助けた人です。改めてどうしてあの時自分を助けたのかを尋ねる頼朝。

「あの、石橋山であなた様を一目見て…天下を治める器のお方と見極めましてござります。もしも許されますれば、頼朝様の家人の末座にでもお加え頂きとう存じます。」

005_2014080115442770e.jpg


頭を下げる景時を改めて自分の御家人に加える頼朝。御家人とは頼朝と接見して主従の礼をとった家人の事。頼朝と席を同じくしている人達も皆御家人だと。だからと言って堅苦しいものでもなく、目的は殿をお支えするという事に変わりはない。すなわち「ご恩と奉公」ですな(笑)着々と御家人をふやして行く源氏。
時政殿もご満悦(笑)

一方、京の都…上西門院様の屋敷で歌を詠んでいる西行

「死出の山 超える絶え間は あらじかし なくなる人の 数続きかな」
(戦によって死出の山路を越えて行く人がなくなるということはないのであろうか。今日もまたそこかしこで戦で人が死んだという話を聞くにつけて)

統子様、お久しぶりの登場にござりまするが、西行の歌を褒めておりますね。それを謙遜する西行ですが。
でも今日は、高倉上皇様の崩御を悼む歌会なのになんで戦の歌を詠むんだと聞かれ

「西、東、北、南。戦をしておらぬ地はなく、死者のおびただしい数はまことの事とも覚えぬほど。そのご心労こそが、上皇様のお命を、縮めまいらせたもとにござりましょう。そのお嘆きを思い、詠んだ歌にござりまする。」

歌会が終わり、席を立とうとする西行はどこからともなく聞こえてくる歌に耳を傾ける

「西へ行く しるべと思ふ 月影の 空だのめこそ かひなかりけれ」
(西へ行く――西方浄土へと私たちを導いてくれる道しるべと思っていた月の光がむなしい期待だったとは、詮のないことです。)

西行が目をあけるとそこにやって来たのはなんと!堀河局ではありませぬか!?
まさかの再登場。すっかり髪も白くなってしまっております。当然驚く西行。おもわず「生きておられたのですか!?」って何というぶっしつけな(笑)思わず堀河殿も失敬なと対抗しております。そして先ほどの歌は昔あんさんが来てくれはらへんかった時の事を詠んだ歌やでと。結構執念深い?(笑)

006_201408011559365dd.jpg


「西行殿。こうして恋の歌など詠み交わす世は、もう長くは続かぬやもしれませぬな。雅の花開いた平安の都はもはや…」

西行すかさず、堀川殿の手を取り

「今宵は存分に、楽しみましょう」
「この…生臭坊主」

なんていいながらまんざらでもない堀川殿。昔のなじみで、さて、どうしたのでしょうかねぇ~(笑)

六波羅では何だか昔のように皆がふんどし姿で、鍛錬しておりますなぁ~。
西行が先日の歌会の報告に来たようですね。堀川殿との再会の話をしたみたいで、清盛も興味津々?どうだったのかと尋ねておりますが、うまい事話をはぐらかす西行。夜通し歌合せをしていましたってマジかよ?って感じですわ。

人の性根は変わらないものだとって、それは…(笑)そして清盛に対してもそれはあんさんも同じでっせと。

「これだけ追い詰められてもなお、起死回生をはかっておられる。」
「無論じゃ。わしが諦めれば、まことの武士の世は出来ぬ。」

そう話す清盛の表情を見て。少し安心するかのような西行の表情。そして話題は鎌倉の頼朝の事に。

「東国で挙兵した源頼朝は、鎌倉に入り、町づくりを進めておるそうにござりまするな。」

頼朝の館では、弁慶が義経と手合わせ中だけど相変わらず全然歯が立たないようですね(笑)ふと頼朝を見る義経、何か見てニヤニヤしている頼朝に何を見ているのかと声を掛ける。

007_2014100611493219f.jpg


「おぉ、九郎。見るがよい。今作っておる町の図じゃ。大路の東には、家人の館。西には民の館を次々に建てておる。」

いきいきと義経に予想図を見せて話す頼朝の姿は、大和田の泊、そして、福原の都を作るとき、厳島の社を作るときの清盛と似ていますね。西行から同じ事を聞いてる清盛もそんな頼朝の話を聞いて色んな思いをん塚新でいるような表情の清盛様。熱く新しい鎌倉の都の話をしている頼朝に、政子が話に割り込んできましたぞなもし。

頼政に福原の都の予想図を見せたときのこと、この10年の事を思い出しております。義朝と目指した世を、自分は思い半ばで引き下がったけれどそれを頼朝が引き継ごうと獅子奮闘している姿がまるで浮かんでくるように感じているのではないかと思います。

少し前の平家のような活気が今の源氏にはみなぎっていますね。まだ皆和気藹々としたムードで。結局その後、義経はこの鎌倉の都に入ることを許されずに、頼朝に討伐される事となるんですものね。何を思ったか頼朝、空を見詰め立ち上がる。同じように空を見上げゆっくりと立ち上がる清盛様。

008_2014100612001258d.jpg


空に向かってエアー弓を引く頼朝。大きく放たれた頼朝の矢は一体どこに飛んでいったのでしょう。そして清盛様も清々しい表情で空を見上げております。頼朝の話を聞いて俄然、鋭気が戻ってきたのか、新たな目的が見つかったのかな?この時の殿のまぶしげに空を見て、何気に目と眉を微妙に動かす表情がすごいなぁ~ほんと。

そして夜、法住寺殿を訪問している清盛。後白河法皇に頭を下げ挨拶しております。
いきなり、それも夜に訪問、法皇様もなんじゃろな?という感じですかね?
法皇様にお願いがあると清盛様。おもむろに手から出てきたのは以前、法皇様が投げつけた賽。

009_20141006131301528.jpg


「何卒、この私と双六を一番お願い致しとうござります。あの時と同じ約束にて。」
「あの時?」
「負けた者は勝った者の願いを必ず一つ、聞き届けるという約束にござります。」

ようやく、長い長い双六遊びに決着を付ける時が来たようですね。
この時の、清盛様のニヤニヤした表情がなんともいやらしいというか…負けないぞという野心がみなぎっているように感じられます。それまでかなりやばいくらいの老け方だったけど(笑)

「驚いたものにございます。初めて、あなた様にお目にかかりました時は…(清盛の館で清太を賭けて勝負をした回想シーン)あれが始まりにござりましたな。あなた様と私の、長い長い双六遊びの。それから数十年の後、あなた様は、大きく駒を進められました。」
「あれはわしにもとんだ珍事であったわ。」
「さすがに帝となられたあなた様は、翻弄されるばかりにござりました。」

保元の乱の時、例え勝ったとしても清盛の思い通りになどさせないと釘をさした法皇様、しかし、そんな挑発にも乗ることなく、必ず戦にもそして法皇様にも勝つと挑戦的?な清盛。

「あの日、分かりましてござります。あなた様は、私にのぼってこいと仰せになっていると。ご自分と互角に渡り合えるところまで、のぼってきてみよと。」
「やがて公卿にのぼったそなたは、わしをないがしろにし始めた。」

ないがしろって…清盛様じゃないけどないがしろにしてたかしら?すんごい言いがかりのように思うんだけどなぁ~(ー3ー;)

「つかず、離れずという事にござります」

二条帝崩御の後、僧たちを引き連れて二条帝の祭儀に現れた法皇様怒りをぶつける清盛様。この時は本当の清盛様の形相は凄かった。この時、法皇様のあの「危ない危ない」の名セリフが出てきたんですよね。そして、色んな事が結局、法皇様の掌で踊らされていたことを突きつけられた時も、それを理解した上で更に高みに上ろうと宣言する清盛様。そんな懐かしい事を思い出しながら不敵な笑みを向け合う2人。

極めつけは最初の熱病で生死の境をさまよう清盛のもとに何はさて置き、駆けつけた法皇様。でも息を吹き返した清盛に対してツンデレなことをおっしゃったりして…(笑)今までになく、気が付けば楽しそうに双六をする2人にござりまするなぁ~。重盛と法皇様の双六対決は壮絶そのものでしたね。

気が付けば夜が明けてきました。いよいよ2人の長い長い勝負も終わりに近づいてきたようです。今の所、法皇様のほうが優勢のようです。あと7以上の目が出ないと清盛は勝てません。ゆっくり賽を振る清盛。色んな人達の思いを込めているのかもしれません。

010_20141006134234f49.jpg


賽の目は…7。勝負は清盛の勝ちです。清盛の願いとは

「法皇様と平清盛の双六。本日をもって、最後として頂きとうござります。我ら武士は、王家の犬と呼ばれ、生きてまいりました。保元の戦も、平治の戦も、王家・朝廷の命により、武士同士が戦わされてまいりました。されど、もはや平安の世は終わりを告げようとしておりまする。これより先は、武士同士が、覇を争う世となりましょう。武士はもはや…王家の犬ではござりませぬ。」

いろんな意味で、ちょっと寂しげな法皇様…

「さようか。もうさようなところまで辿り着いておったか。」

清盛様の涙…このやり取りを聞いていると、長講堂にある後白河法皇の過去現在帳の清盛様の名前とかを思い出してしまいます。一つの時代が終わろうとしている寂しさと懐かしさ、そして残された時間を思い残さないように生きるための準備も含めての別れだったのかなぁ。

法皇様に深々と頭を下げ返っていく清盛を見送る法皇様もまた寂しそうな、でもホッとしたような表情にも感じられます。

清盛は宋剣を手入れしております。ドラマの中ではあえて場所の特定はしていませんが多分、盛国の邸宅だと思います。

「盛国。この辺りを、平家の新たな本拠として作り直そうと思うがどうじゃ?同じようなものを、源頼朝が、鎌倉につくっておる。これを攻め、奪うための本拠じゃ。」
「よきお考えと、存じまする。」

この辺りと云うのは現在のJR京都駅八条口周辺一体だと思います。すでにこの頃、第二の平家の拠点として屋敷が並んでいたようです。

「しかし…暑いのう。」
「…暑い?ハハハハハハハ。1月にござりまするぞ。」
「そうか。そうじゃな。」

すでに、死が清盛様に近づいておられるようです。そんな事も知る由もない清盛様と盛国様はこれからの末来を楽しげに語らっておられるようです。

011_20141006135637ab0.jpg


そして時子様は懐かしい源氏物語を読んでおります。子供の頃の時子が読んだ時と、今この時、再び読むことは時子の変わらぬ清盛への思いを感じるのです。

伊勢の二見浦の西行の庵。読経中の西行、気配を感じて振り向くとそこに何と!何故か宋剣を持った清盛がいるやん!なんでおるんかと聞いても「わしにもわからん」そりゃ誰にもわからんわな(ーー;)

しかし、屋敷では高熱にうなされている清盛がいるではないですかぁ~。
一門のみんなが必死であるものは扇でパタパタ風を送り、時子は汗を拭いたりしておりますが清盛様の顔は真っ赤です。

西行は「なんじゃ?」と思い清盛も「あれ?」という感じでついに最後の時を迎える最終回に続きます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .