FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『平清盛』で初共演の上川隆也さんから見た松山ケンイチとは。

PDVD_146_20121213113843.jpg



2013.3.22記述

平清盛完全版第弐集特典映像より

実年齢が、20歳も違うようには思えない、俳優ですね。
清盛という人物を、時には、斧を振るように、大胆に。時には、それこそ細かい彫刻刀の様な刀で、細かいディティールを彫り込み、その両方の作業を、躊躇することなく、果敢に大胆に進めながら、その像を形作って行くような芝居を1年2ヶ月、続けていたように思いますね。 エネルギーのようなものを常に感じながら、お傍近くで拝見しておりました。


本当に律儀と言うのか…有難いお言葉です(笑)
ドラマが終わって、今やバラエティ番組にも果敢にチャレンジしておられる上川さんを見ているのが楽しいです。
今度はまた違う役柄で共演していただきたいです。

2012.12.13記述
公式サイトインタビューより

長期間、松山ケンイチさんと共演していて感じるのは、彼が昨年の8月の末から撮影に入ったときにもっていた熱量が、撮影の終盤に入ってもまったく目減りしていないということ。それは、彼の若さや持ち前のバイタリティーもあるでしょうが、役者としての資質のなせることだと思います。しかも、終止パワフルでありながら、清盛が年を重ねていくにつれてパワーの表現の仕方に変化をつけている。本当に感心しますね。

また、今は老齢の清盛を演じていますが、そのなかにもきちんと高平太がいる、という演技を常に続けています。清盛という役をしっかり身の内に落とし込んで、そこから踏み外すことなく、ここまで歩んできたのだなという道のりが見えます。自分のなかにしっかりとしたプランを立てて、この一年間を演じてきたということだと思います。

上川さんは大河ドラマの主役の先輩でもありますし、以降も数々の作品に出演されている方で、今回の大河ドラマの中では何もかも初めてなケンちゃんにいつも役柄同様、寄り添ってくれていた事も心強かったと思います。これからもまた違う役柄でお仕事を色々して頂きたいです。


クランクアップセレモニーでのコメントより


002_20121213110924.jpg


VTRを皆様も一緒にご覧になられたかと思いますけども、それを見ている松山君の表情と言うのが、あそこのモニタールームで拝見しておりました。あんな顔、ぼくは1年2ヶ月、松山君と付き合ってきましたが、一度も見た事がなかったんですね。とても…これが松山ケンイチの素の顔なんだなという風に改めて思いました。

と、同時に、どれだけこの1年2ヶ月の間、清盛という役柄に入り込んでいたのかと、そしてこの作品にどれだけ情熱を傾けていたのかを改めて彼の表情から思い知らされたように思います。とても胸がいっぱいになりました。

そして、それだけ作品に全てを傾けて演じる事が出来る役者、松山ケンイチという男と、1年2ヶ月共に演じてこられた事をぼく自身、誇りに思います。
彼は、最後の瞬間まで…ぼくらにとってかけがえのない最高の殿でした。

もう、この言葉…グッと来ますよね。
ドラマ撮影中はつねに殿であり続けていたのでしょうか。まぁこの時のケンちゃんの表情も60歳の老人ではなく、爽やかな少年のような表情で私も含めこれを見た人達は皆かなりギャップを感じたかもしれません(ある意味役がすぐ抜けてほっとしたと言う気持ちもありますね)やはりどんな褒め言葉よりも「ぼくらにとってかけがえのない最高の殿」この言葉以上の褒め言葉はないかもしれませんね。


大河ドラマ『平清盛』ドラマストーリー後編より

やがて『平治の乱』のあと、清盛は池禅尼による助命嘆願を受け入れ、当時14歳だった頼朝を伊豆に配流します。結果的にはその温情が平家滅亡へとつながっていくのですが、今回、松山ケンイチさんはそうした事実を核に清盛を演じているように僕は思えるのです。だからこそ、清盛のまなざしは、常に情にあふれているし、それが平氏全体のキャラクターにも影響を及ぼしている。ですから、このドラマの平氏一門は、どこかアットホームな印象があるように思いますね。

大切な人達を守る為に常に必死だった清盛だったと思います。時に信じられないようなことをしでかすけれどそれも自分だけの為ではなく、一門のためだったり、大切な人達のためだったり。そういう事も今回のドラマで改めて知る事が出来ました。


2012.7.2記述
インターネットTVガイドより

松山とは20歳年が離れているが、不思議と年の差を感じないという。「なぜかと考えていたのですが、彼の演技のたたずまいに、共感を覚えているようです、僕が勝手に」と笑い「骨太で重量感のある芝居とか、今時らしくない存在感。一緒に芝居をしていてもとても楽ですし、良い空気感の中にいられます」と松山をほめる。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
上川さんは誰より一番清盛と共に居た役でしたので、上川さんが想いを寄せる清盛と言うキャラへの言葉は私的に一番重くグッと心を揺るがされました。
松ケン君にしても今回の大河ドラマでは様々な役者さんと「絡め」て「勉強出来て」何にも変えられない体験になったでしょうね。
きっと今回培った事が次のお芝居や仕事にバンバン活かされるのだと確信してます。

あ、行って来ました☆
「バック転教室」!
臨時の先生が嬉しい事に、目付きと口元がチョイ松ケン君似の先生で、むしろ大ラッキーでした♪
一時間があっという間でした。
2012/12/15(土) 08:19 | URL | kei #-[編集]
Re: タイトルなし
keiさん、こんにちは(^O^)

> 上川さんは誰より一番清盛と共に居た役でしたので、上川さんが想いを寄せる清盛と言うキャラへの言葉は私的に一番重くグッと心を揺るがされました。
> 松ケン君にしても今回の大河ドラマでは様々な役者さんと「絡め」て「勉強出来て」何にも変えられない体験になったでしょうね。

何だかとても不思議な人で、松ケンのファンなんだけど、彼と共演したのをきっかけにそれまでのイメージが変わって好きになったりする事が多くて(ファンにはならないけど好感度がUPしちゃいます)ついついドラマなど出ていると応援したくなっちゃうようになります(笑)

> きっと今回培った事が次のお芝居や仕事にバンバン活かされるのだと確信してます。

これからもいい意味での期待を裏切り続けて欲しいなと思いんですよね(笑)
いつも始まるまでドキドキだけどいざドラマや映画を見ると本当に「してやられた」と思わせてくれますからね。

> あ、行って来ました☆
> 「バック転教室」!
> 臨時の先生が嬉しい事に、目付きと口元がチョイ松ケン君似の先生で、むしろ大ラッキーでした♪
> 一時間があっという間でした。

あはは~、先日久しぶりに途中からだけど「カムイ外伝」をCSで観て清盛の後だったのでカムイがすごく色っぽかった(笑)馬のシーンはカッコイイし、ああ言うのが清盛の演技にいかされているなと思ったりしながら観ました。怪我もなくバク転教室他の新っだみたいで何よりですね(^O^)

2012/12/18(火) 21:32 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
こんばんはです。

上川さんの素敵な所って・・・年下とかそういうのを超越して、相手を尊敬できるかどうかで言葉を選んで相手(この場合松ケン君)を語ってくれている所です。

私も昔よりは随分「ゴチになります」を見ております。
それは勿論、上川さんが頑張ってバラエティーに取り組んでいる姿を応援する為です。
叶う事なら、どうか今年の内に彼の「永遠の殿」である松ケン君が「ゴチ」に参戦してくれる事を願うばかりです。

・・・清須会議のスポンサーが日テレだとそう言う事も起きそうなんですけど・・・。
どうだろか???


「99年の愛」ラスト4,5・・・本日届きました。
明日・明後日で見終えようと思ってます。
見終えたらぜひレビューの方も拝見させて頂きます。

今回のこの「99年の~」と「ノルウェイ~」は私に随分様々な想いを抱かせ、感受性を育ててくれた偉大なお話だと思ってます。
「ノルウェイ~」も今、上巻・・・直子が大学を休学し、初めてワタナベが緑と言う少女を把握して会話を始めたトコに行き付きました。

緑を想う時々思う事があります。
全てを読み終えたら、そういう感じた事も含めて何か文章に残していきたいなと感じて居ます。
人は「常に誰かに影響されながら生きて居るんだ」と、このお話を読むに従い、新ためてこんなにも単純な事に気付かされた自分です。
2013/03/22(金) 23:39 | URL | kei #-[編集]
Re: タイトルなし
keiさん、こん**は。

> 上川さんの素敵な所って・・・年下とかそういうのを超越して、相手を尊敬できるかどうかで言葉を選んで相手(この場合松ケン君)を語ってくれている所です。
> 私も昔よりは随分「ゴチになります」を見ております。
> それは勿論、上川さんが頑張ってバラエティーに取り組んでいる姿を応援する為です。

上川さん以前からずっと「ゴチになります」は録画して見ていまして、昨年の政子様からまさかの盛国へのバトンタッチには驚きと笑いで…

前回なんぞは盛国のピンチヒッターに何と信頼様が「おもしろうないのう」と言われないように獅子奮迅なお働きをされておられましたもんね。順位が悪いと盛国殿にお叱りを受けるのでもうビビリまくっておられましたが無事、死守できましたよね(笑)

> 叶う事なら、どうか今年の内に彼の「永遠の殿」である松ケン君が「ゴチ」に参戦してくれる事を願うばかりです。

本当に…上川さんがどんな表情でリアクションするのかも楽しみですけどね~
日テレでのお仕事ないかしら?(映画とかドラマとか…)

> ・・・清須会議のスポンサーが日テレだとそう言う事も起きそうなんですけど・・・。
> どうだろか???

清洲会議は…フジでなかったかな?どうだっけか(汗)
昨日、殿は信ちゃん(ピアニストの清塚信也さん)や石原軍団、その他俳優さんたちとっ鯖叔母るゲームを楽しんだようですね。信ちゃんが楽しかったとつぶやいておりましたが凄いメンバーだなぁ(笑)

2013/03/27(水) 11:24 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .