感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2012.12.19記述
映画.comニュースより

 「犬猫」「人のセックスを笑うな」の井口奈己監督が12月18日、日本大学芸術学部映画学科理論・評論コース3年生が企画から作品選定、上映交渉、宣伝、運営までを一括して行う「新・女性映画祭 “こんなふうに私も生きたい”」のトークイベントに出席した。

井口監督



同映画祭は、世界初の女性映画監督アリス・ギイの作品20本を一挙上映するほか、日活ロマンポルノ「四畳半襖の裏張り」のニュープリント、7月に死去した山田五十鈴さんが19歳で芸妓を演じた「祇園の姉妹」など、主に女性をフィーチャーした作品群を特集する。

井口監督は、第41回文藝賞に輝いた山崎ナオコーラの小説を、永作博美&松山ケンイチ主演で映画化した「人のセックスを笑うな」の上映後に登場し、「見ていて色々なことを思い出した」と感慨深げ。美術学校に通う19歳の青年みるめ(松山)と20歳年上の女講師ユリ(永作)という年の差カップルのせつない恋愛模様を描き、永作の小悪魔的な魅力に注目が集まったが「シチュエーションは脚本に書いてあるので、現場では動きしか指示していない。内面については一切指示しないし説明もしない。(役者は)困ってましたね」と独特の演出法を語った。
 
035_20121219213620.jpg


当初、永作の演じた役は「40代でもうちょっと美女じゃない人をイメージしていた」といい、松山については「(『デスノート』の)Lになる前で知らなかった(笑)。当時はまだ脇役ばかりで、30~40代の女性がワーワー言っていたのでいいかなと」とキャスティングの経緯を説明。さらに、「蒼井優ちゃんは松山君との共演を喜んでいたけど、松山さんがすぐに永作さんと仲良くなっちゃって、ちょっとおかしかった(笑)」と劇中さながらの微妙な関係性を明かし、笑いを誘っていた。

寡作な井口監督だが、次回作は「ずっと準備している。やるんですけど、まだ言えない。来年? 必ずやります」と意欲を燃やしていた。

「新・女性映画祭 “こんなふうに私も生きたい”」は、東京・オーディトリウム渋谷で12月21日まで開催される。

きゃはは~(笑)メイキングでも蒼井優ちゃん、ケンちゃんが自分の扱いの雑さに半ば呆れていたものね。
大和の時は優しかったのに、こっちの撮影に入ったら自分の事はアウト・オブ眼中という感じで、特に永作さんがクランクアップした翌日の観覧車の撮影のみるめ君の落ち込みようにはどうしたら良いんだと言う感じだったって。

でもそう言うこともあってのあのえんちゃんの演技でもあったと思うし、次回は是非ラブラブな役で共演をしていただけると…?(笑)井口監督もあんな素敵な作品を作っちゃったからなかなか次回作など大変かもしれないけど頑張って素敵な作品をまた見せて欲しいです。楽しみに待っておりま~す♪

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .