FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2012.12.20記述

003_20121220130910.jpg


松山ケンイチ氏のコメント

撮影終了から二ヶ月たって、だんだん髪の毛が伸びてきて、安心しています(笑)
23日が最終回なんですが、ついこの間、アフレコを終えました。
最終回は、清盛が今まで生きてきた積み重ねが集約されています。
49回分の想いが込められた最終回です。

僕はやっぱり客観的に見ることができなくて、涙で目がかすんでしまいました。
本当に、涙なくしては見られない回だと感じました。

(綾瀬さんへのメッセージは?と聞かれて)
清盛の時もそうでしたが、大河ドラマは日本一の役者さん、日本一のスタッフが作っています。
全てを任せられる人たちがいます。
一年間、頼って、甘えながら、胸を借りてやってください。
こういう経験は、大河でしかできません。

ORICONSTYLEより

現在放送中のNHK大河ドラマ『平清盛』(毎週日曜 後8:00)で清盛を演じる松山ケンイチ(27)と、来年の同ドラマ『八重の桜』の主人公・新島八重を演じる綾瀬はるか(27)が20日、東京・渋谷の同局で行われた「大河ドラマ主演バトンタッチ」セレモニーに出席。松山は「日本一のスタッフ、キャストがついている。周りに頼って、甘えられるところは甘えながらやっていくのも大事」とアドバイスを送った。52作目の大河ドラマで幕末から昭和を生き抜いた女性を演じる綾瀬は「大河の重みを感じています。支えてくれている視聴者に楽しんでもらえるように頑張りたい」と意気込みを新たにした。


002_20121220131146.jpg
【名産物交換の様子】松山から「神戸ビーフ」が贈られた綾瀬


 恒例となっているそれぞれのドラマの舞台となる地域の名産品交換では、松山から「神戸ビーフ」。綾瀬からは福島県会津地方に伝わる「起き上がり小法師」が贈られた。起き上がり小法師は綾瀬が午前3時までかけ絵付けした、世界にたった一つのオリジナル作品。綾瀬は「いろいろ失敗もあるんですが」と、侍の頭の横髪を描き忘れてまげだけになっているところを見せて笑わせ、松山は「手作りのものを頂いてちょっと感動しますね」と笑顔で受け取った。

 松山が選んだ「神戸ビーフ」の神戸は、清盛が世界との貿易を進めるために開いた街で、当時は福原と呼ばれた。松山は「神戸の皆さんも大震災を経験し、同じ被災地として福島、東北地方の一日も早い復興を応援しています。その願いを込めました」と話した。

 『平清盛』は16日に放送された第49回で、清盛は突然の熱病に倒れ、危篤状態に陥る。23日放送の最終回では、ついに清盛がこの世を去り、その4年後の壇ノ浦の戦いで平家一門は滅亡。源頼朝(岡田将生)は鎌倉に幕府を開き、清盛が目指した武士の世を受け継いでいく。

 一方、『八重の桜』は1月6日に初回73分拡大版でスタート。福島県会津若松市出身で戊辰戦争の落日、会津の鶴ケ城に500人の女たちと立てこもり、銃を持って戦ったことから「幕末のジャンヌ・ダルク」と呼ばれた八重の一生を描く。維新後は京都へ移り、後に同志社大学を創設するアメリカ帰りの新島襄(オダギリジョー)と結婚。日清・日露戦争時は篤志看護婦として名乗りをあげ、「日本のナイチンゲール」とも言うべき活躍をみせていく。


なんだか「江」とのバトンタッチ式がついこの間のように思い出されます。
汚い姿の清盛様が今日はこざっぱりした自前のスーツ姿で登場でしたね。
思いの外、開始時間が早かったようですね~(まぁ良いんですけど)

意外と大きな起き上がりこぼし(笑)赤ちゃんのおもちゃにいいかも(なんてな)
でも、ケンちゃんのコメントでアフレコで泣いたって…当日皆と見るのですぞ。
私は自宅だけどね。もう本当に辛い…死ぬことも分かってるし、平家が滅亡するのも分かってるけど、それでも単に追い込まれて負けて死んで行くとは今、1年ドラマを見ているとそんな風には思えなくなりましたね。

死んで行った者たちもそして死ねなかった者たちも清盛や忠盛たち先人の言葉「平氏(平家)は一蓮托生」この言葉をかみ締めてそれぞれの命を全うしていったと思いたいです。本当に寂しいけれど、PVで大殿清盛公の姿を松山ケンイチ氏はどう感じながら見るのか楽しみです。

本当に無事バトンタッチ式が終わってお疲れ様でした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

私も23日の「パブリックビュー」に応募しましたが、ハハ・・・残念ながらハズレ、自宅で主人と観る事と相成りましたです。

私達だって色々感慨深い最終回ですが、主役を演じた松ケン君に関しては並々ならぬ深く重い回になりそうですね。
この「パブリックビュー」の動画がどこかで出てくるt子を期待したいです。

多分、一年前はこの綾瀬はるかちゃんと同じくらい「まだ見ぬ先」に目をキラキラさせていた松ケン君でしたが、今は一年を終え、様々な事を経験し、綾瀬はるかちゃんがまだ知らぬ「大河ならでは」の楽しさや恐ろしさやプレッシャーや挫折を感じ終えた後に滲み出て来る深い表情になっているような気がします。

また1つ役者としての器も、人間としての大きさも育てた松ケン君の今後を益々応援していきたいです。




2012/12/21(金) 22:20 | URL | kei #-[編集]
Re: タイトルなし
keiさん、こんにちは(^O^)

> 私も23日の「パブリックビュー」に応募しましたが、ハハ・・・残念ながらハズレ、自宅で主人と観る事と相成りましたです。

残念でしたね。でも相当厳しい競争率だったようですから…

> 多分、一年前はこの綾瀬はるかちゃんと同じくらい「まだ見ぬ先」に目をキラキラさせていた松ケン君でしたが、今は一年を終え、様々な事を経験し、綾瀬はるかちゃんがまだ知らぬ「大河ならでは」の楽しさや恐ろしさやプレッシャーや挫折を感じ終えた後に滲み出て来る深い表情になっているような気がします。

何だか本当にあっという間の1年だったように感じます。
外野がうるさくて制作再度の皆様はさぞ大変だったことと思いますが、本当にこのドラマを愛する人達がドラマを盛り上げてくださって、さらにドラマを通じて俳優松山ケンイチを改めて認知してくださった方々もきっといてくれた1年だったと思いますのでそれはまた嬉しい事だと思っています。

> また1つ役者としての器も、人間としての大きさも育てた松ケン君の今後を益々応援していきたいです。

どうぞこれからも松山ケンイチをご贔屓に(^O^)
2012/12/25(火) 16:14 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .