FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
映画『さよならドビュッシー』で信ちゃんこと、清塚信也さんが本格的に俳優デビューいたします。


第8回(2009年)「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた中山七里の小説を映画化した『さよならドビュッシー』で、ピアニストを目指すヒロインを支え、彼女の周囲で起きる謎めいた出来事に立ち向かう岬役を演じる清塚信也、30歳。「のだめカンタービレ」の吹き替え演奏で知られる人気ピアニストの彼に、ピアニストとしての苦悩から念願の俳優デビューまでを、たっぷり語ってもらった。


高校生で、初めてぶつかった壁

さよなら信ちゃん001


――5歳でピアノを始められたきっかけは、親御さんの影響ですか? それとも、ヴァイオリニストである2歳年上のお姉さんの影響ですか?

 親は音楽をやっていた人ではないんですよ。ただ、母は姉を音楽家にするのが本命だったみたいで、僕は単に3歳ぐらいから姉のレッスンについて行っていただけなんですが、そのうちピアノを習い始めて……。そのときから、絶対音感はあったようなんですけど、姉に厳しさが向いていたぶん、弟としては伸び伸びやらせてもらっていたような気がします。

――とはいえ、小学校6年生で「プロのピアニストになるためには?」と考えられていたということは、その頃には、すでにプロ志向だったわけですよね?

 プロになりたいと思っても、マニュアルはないので、日々練習ですよね、それで有名なコンクールでの優勝を目指す。同年代の子たちが遊んでいるのをうらやましく思いながらも、1日6時間程度の練習は当たり前でしたから、友達はできませんでしたね。目標がコンクールというのも問題で、それが幼くして人生の目標になってしまうんですよ。つまり、優勝できなかったら、ずっと劣等感を抱えますし、優勝したらしたで、達成感から燃え尽きてしまう。

――清塚さんも96年「第50回全日本学生音楽コンクール」の中学校の部で優勝されて以来、数々のコンクールで優勝されましたが、そのような状況に追い込まれてしまったのでしょうか?

 中学生の頃はなかったんですが、高校生になったとき、「自分は何をやってるんだろう? そもそも、ピアノが好きなのか?」と、初めてアイデンティティについて考え始めたんです。そこからは結構、辛かったですね。その頃はすでにコンサートに出たり、仕事としてピアノを弾くようになっていて、中学以前とは違い、表現の自由がある環境になっていたんです。でも、自由を手に入れたはずなんですけど、コンクール優勝みたいな具体的な目標がないことで、ピアノを弾く意味が分からなくなってしまったんですよ。あと、矛盾しているんですが、コンクール自体にも価値を見出せなくなってしまった。完全にスランプになってしまって、18歳のとき、まるで逃げるように海外に行ったんです。




音楽映画に携わりたい想い

さよなら信ちゃん002


――それは、2年間のモスクワ留学ですよね?

 モスクワでの寒くて辛い過酷な状況の中で、自分を見つめ直すことができました。ひとつは、ピアノが自分にとってかけがえのない存在であること。もうひとつは、自分の中にあるエネルギーを、表現としてアウトプットしたいという想いがあるということ。この二つがハッキリしたことで、日本に戻って、多くの人にピアノの良さを広めたいと思うようになれたんです。

――帰国後、映画『神童』での松山ケンイチさんや、ドラマ「のだめカンタービレ」での玉木宏さんのピアノ演奏シーンの吹き替えを担当されますが、このようなお仕事をされることについてどう思われていましたか?

 僕、他人がやったことをそのままやりたくないし、タブーとされているものでも、気にせずに突き進んでいこう、といった、どちらかというとアウトローな考え方を持って帰国したんですよ。そう思うようになったのは、コンクール優勝が目標だったときに感じていた葛藤があったから。クラシックをやっていると、音楽の難しさを追求していくあまり、多くの人に伝えるポピュラリティーを忘れてしまうんです。それで、たとえばショパンの「別れの曲」のような有名な曲や簡単な曲をやることが恥に思われる業界に疑問を感じていた。だから、映画やTVのお仕事をするようになって、いろいろなものが見えると同時に、クラシックと映画やTVの橋渡しみたいな仕事を続けていきたいと思いました。

――つまり、清塚さん自身、以前から映画やTV業界に興味があったんですね?

 もともと、映画や舞台が好きなんですよ。でも、ピアノを扱ったような音楽映画を見ていると、面白い作品はあるけれど、本格的に音楽家がアドバイザーとして関わった、プロが見ても嘘じゃないと言えるリアルな作品は少ないと思っていたんです。そんなときに『神童』の話があり、自分からも売り込んでいったんです。



松山ケンイチ、東方神起らとの親交

さよなら信ちゃん003


――『神童』以来、松山ケンイチさんとは私生活でも仲がいいと聞いていますが……。

彼も僕も人見知りで、無愛想に見えてしまうタイプなんですけど、全然違うんですよね。それで、どこかで繋がるところがあったというか、ちょっと波長が合ったんです。今もよく会っているんですけど、お互い子供が生まれて……男同士で具体的にそういう話はしないんですけれど、結果的に一緒に遊ばせたりするんじゃないでしょうか(笑)。

――また、東方神起のメンバーとも仲がいいと聞いていますが、メル友なんですよね?

 東方神起の2人とは(音楽番組)「僕らの音楽」でご一緒して以来、仲良くさせていただいています。僕が韓国と日本のハーフということもあってだと思うんですが、日本語と英語を混ぜたメールをやり取りしていますね。ミュージシャンとして仲がいいという感じで、いずれはコンサートでピアノを弾かせてもらえたら、と思います。

――そういった異業種の同世代の人々との交流から得られるものは何でしょうか?

 鋭いセンスを持った人たちって、クラシックのことをあまり知らなかったとしても、僕にとっては最高のパートナーになるんですよ。たとえば、以前、ピアノがある場所で酔った勢いで、松山に「なんか弾いてあげるよ」と言ったら、「クラシックでしょ? なら、坂本龍一さんか、久石譲さん」と言ってきたんですよ(笑)。でも、彼の“打ち込みやパーカッションじゃない音楽は、クラシック”という考えによって、僕もクラシックの定義が分からなくなった。それで、クラシックをもっと自由に解釈してもいいじゃないか、と考えるようになって。去年出したCD(「Charge Up」)にも反映されているんですが、これって自分だけではなかなか思いつかなかったことだと思うんですよ。


ちょっとカッコいい金田一耕助を好演

さよなら信ちゃん004


――今回、『さよならドビュッシー』の岬洋介役で、本格的に俳優デビューされたわけですが、個人的には正直「なぜ、今なのか?」という気持ちがあります。

『ニュー・シネマ・パラダイス』とか、アンソニー・ホプキンスのお芝居とか、お芝居も好きなので、演技のお仕事はもっと早くやりたかったんですけど、日本の映画業界が甘くなかったんだと思います(笑)。意外と、同じ表現、同じ芸術の名のもとにいても、音楽業界と映画業界は遠い世界にあるし、やりたいという気持ちはなかなか届かないことも分かりましたね。お客さんに見てもらうのに、無理なことはできないですから。その点、今回の岬洋介は上手くマッチしたと思いますね。

――とはいえ、将来を有望視されているピアニストでありながら名探偵、という設定ですよね?

 原作を読んだとき、僕は岬洋介がそんなに二枚目には思えず、飄々とした2.5枚目キャラだと思ったんですよ。それで、原作者の中山七里さんとお会いしたときに「岬はちょっとカッコ良い金田一耕助。特に石坂浩二さんのときの……」と言われたのでなるほどと思ったんです。岬洋介とは冷静で理屈っぽいところが似ているかもしれないですね。僕も、分析することとかが好きで、好きなことに関しては周りが見えなくなってしまいますから(笑)。

――撮影中は、ヒロイン役を演じる橋本愛さんのピアノ指導もされていたそうですが、俳優業との同時進行は大変ではなかったですか?

 俳優としてよりも、指導者という裏方としてのキャリアの方がありますから、やりやすかったですよ。僕が先生役で、橋本さんが生徒役というキャラを地でいってたわけですから、映画での2人のレッスンシーンは本当のレッスンそのままですよ。あのシーンではアドリブもありますね。


自分の表現のひとつに芝居を取り入れていきたい

さよなら信ちゃん005



――本作は、リスト作曲「超絶技巧練習曲4番マゼッパ」など、クラシックをじっくり聴かせる映画に仕上がっていましたが、こだわりのポイントがあれば教えてください。

 クラシックを一曲流す作品というのはあまりないので、そこにはこだわりました。あと、ピアニストが参加したことで、音楽がかなり感情移入できる材料になっていると思います。また、コンクール中、ここでは喋らないとか、その現場を体験した人間ならではの意見を言わせてもらいました。

――最後に、今後のピアニストとしての、また俳優としての目標を教えてください。

 ピアニストとしては、引き続き、歌詞のない、世界を限定しないインストの良さを、より多くの人に発信していきたい。そのためには、実際にライヴで聴いてもらいたいんです。今でも、年間140~150カ所回っているんですが、なるべく多くのところを回りたいと思っています。俳優としては原作では続編も出ているので、引き続き、岬洋介役をやらせていただきたいですね。また、ピアノから離れたキャラクターも演じてみたい。そうやって、芝居を自分の表現のひとつに取り入れていきたいんです。

「僕らの音楽」の中でケンちゃんが信ちゃんにこんな事言っていたよね。

「色んな人とバァ~ッとしゃべってるとさ種を蒔く事になるじゃん?"清塚がこういうことやりたいって言ってる"ってふうにさ、その言った人がまた誰かに伝えてくれるかもしれない」
「そうだよね、やってるよ」
「やってるの?すごいじゃん!ワイね自分で今、絶対必要な事だなって思ってるの。」

この時は信ちゃん音楽に関して色々やりたいと言っていたけどきっと色んな事を考えていたんじゃないかなと思うんですよね。それが今回のこの映画の出演にも繫がったんだと思うんです。

この時はまだ信ちゃんも結婚してないしケンちゃんも父になる前だったのに、アレからまだそんなに経ってないのに気が付けば2人とも父親になっちゃっていますからね。同年代の子供を持つ友人だからきっと子供たちも信ちゃんがいうように仲良く遊ぶ機会も多くなるかもしれないね。信ちゃんにピアノ習わせたりして?

久しぶりの音楽映画、近くでも上映するみたいなので見に行こうと思っています♪
そしていつかケンちゃんと映画などで共演して欲しいですね。どたばたコンビで(笑)

信ちゃんに「そしていつかケンちゃんとなんかへっぽこな探偵コンビとかの役をやって欲しいですね。」つぶやいたら「けんちゃんが探偵物語の工藤みたいなので僕がへっぽこチンピラとかね 」という返事が(笑)
でこぼこコンビの探偵とか漫才師とかの役とか面白そうじゃないかなと思ったりしておりますがいかがでしょうか?

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .