FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
「遠い夏のゴッホ」の公開稽古の様子。



2013.1.24記述
ORICONSTYLEより

松山ケンイチ、セミ役のこだわりは「鳴き方」 初舞台に意気込み

練習風景001


俳優の松山ケンイチ(27)が24日、主演を務める舞台『遠い夏のゴッホ』の公開けいこ後に取材に応じた。自身初となる舞台で、セミ役に挑戦する松山は「まだ7割しかできていません」としながらも、「鳴き方をこだわっているので、ぜひ見てほしい」と自信をのぞかせた。

松山は「今まで死にかけのセミを見ても何も感じなかった」としつつも、セミを演じることで「人間から見た昆虫の世界ではなく、昆虫から見た人間の世界に視点が変わってくる。視野が広がる」と目線に変化も生まれたという。

 初舞台で座長も務めるとあって「あと10日ですか…。緊張しています」としながらも、「お客さんの前で演じるのは楽しみ。仲間がいるので怖くない」と強気コメント。公開けいこでは、安蘭けい(42)演じるアリの軍団に捕まるシーンを披露し、ダンスにも挑戦。「(ダンスは)映画で何度かあるので、初挑戦ではないのですが、“画”になるパフォーマンスは初。手応えを感じている」と余裕を見せた。

 今月10日に妻で女優の小雪(36)が第2子となる女児を出産。報道陣から「もう1人家族が増えましたね」という呼びかけには、「ありがとうございます」とお辞儀。

 当日は美波(26)、安蘭けい(42)、吉沢悠(34)も出席。同舞台は2月3日より赤坂ACTシアターで上演される。


シネマトゥデイ芸能ニュースより

松山ケンイチ、「家族が増えましたね」との呼び掛けに深々と頭を下げる!

練習風景004


俳優の松山ケンイチが24日、舞台「遠い夏のゴッホ」の公開稽古に出席し、「家族が増えましたね」と祝福の言葉を投げ掛けられると「ありがとうございます」と頭を下げた。松山は妻の小雪が今月10日に第2子女児を出産してから、初めて公の場に登場。共演の吉沢悠も「今回の舞台はおめでたいことがありましたからね」と祝福ムードだった。

 そんな松山にとって本作が舞台初挑戦。「映像は自分と監督と一緒に役をつくる感じですが、舞台は役者が役をつくるということで、ものすごく助けられました。いろんな方からアドバイスを受けて」と充実した表情。「初舞台にして座長ですね」という呼び掛けには、「そういうことを考えると眠れなくなるので、考えていません」と笑ってみせた。

 自らの運命と闘いながら愛を貫くセミの若者・ゴッホを松山が演じることが話題の本作。今回の稽古で披露されたのは、松山演じるゴッホをエサにしようとしたアリたちに捕まってしまうワンシーン。ここで踊りを披露した松山は「映画では踊ったことがあるので、踊りは初めてではないですけど、(群舞の一員となった)絵のようになるパフォーマンスは初めて。その一部になれるのは面白い」とコメント。

 さらにセミの鳴き方にもこだわっているといい、「まだ7割くらいの出来で完成形じゃない」ということから、この日のセミの鳴き声は披露されることはなかったが、役づくりは着々と進んでいる様子。「今まででよりも精神的にも体力的にもいろいろなものが要求される役」と振り返った松山は「すごく変わった舞台になると思いますが、自分の価値観にフィードバックしていただけるような新しい発見があると思う」と期待をあおっていた。(取材・文:壬生智裕)

舞台の話よりもマスコミの目下の話題は奥様の韓国での出産の事なのでしょうね。
タイミング的に重なっちゃったので仕方ないですけど、別に本人は周囲が思っているより気にしてないのかもしれません、と言うかそんな事も含めて覚悟しておられるでしょうから。

でも、悪まで今日は舞台に関しての話をしたいわけでで、自身の初舞台の公開稽古ですもんね、そちらの緊張の方が相当じゃない?(どうだろ?わかんないけどね)でも吉沢さんや皆が色々フォローしてくださっているようで…座長もとぼけた部分あるからねぇ。

しかし、あのジャージいつも穿いているやつでない?(笑)物持ち良いね~なんてな。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .