感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2013.2.3記述
スポニチアネックスより

20130203スポニチより




舞台「遠い夏のゴッホ」が3日、東京・赤坂ACTシアターで初日の幕を開ける。セミ役で主演する松山ケンイチ(27)は、先月10日に第2子の長女が誕生したばかり。「子供が(自分の)表情を変えてくれる」と明かし、演技も深化しつつある。

 初めての舞台で、演じる役はセミ。演出と脚本を手掛ける西田シャトナー氏と話し合う中で、松山自らが選んだ。「どうせやるなら、誰も演じたことのないものをやりたかった。最終的な演技の形が見えないからこそ面白いと思った」。意欲をかき立てられた。

 昨年のNHK大河ドラマ「平清盛」に主演後の初仕事。「どの仕事も同じ気持ちでやっている」と強調する。だが1年以上かかりきりになった「清盛」には、深い思い入れがある。「同じ人間をやり続け、その一生を演じるのは貴重な経験だった。その後だからこそ、新しいものをという思いはあった」と語る。

 “カメレオン俳優”と呼ばれ、演じる作品ごとに新たな顔を見せてきた演技派。ただ、インタビューでは、ほとんど表情を変えない。視線は常に左斜め下に向ける。それだけに、質問を始める直前、偶然顔を合わせた際の笑顔が印象的だった。「テレビで見るより、背が高いですね」と声を掛けると「よく言われます」と穏やかに笑う。「話すのは苦手です」と明かす時の困り顔も、誠実さがにじむ。

 私生活では1年間で一気に2児の父となった。昨年1月、妻で女優の小雪(36)との長男が生まれ、先月は長女が誕生。父となって一番の変化を聞くと「自分のやってきた作品は残ることが多い。恥ずかしくない仕事がしたいと思うようになった」と語気を強めた。責任感が増しただけでなく、演技面に好影響も出ている。「休日は家族と過ごすことが多い。リフレッシュできる。子供が自分の表情を変えてくれる」という。ただ、具体的な変化についてたずねると「本に書いてあるので読んでください」と多くは語らない。28日に発売する初の著書「敗者」では、育児の際に赤ちゃんにつられて笑う姿などを書いており「ほほ笑むというのが、どういうものなのか分かった」と記している。

 舞台で演じるセミは、土の中で将来を約束した恋人セミより、1年早く地上に出てしまう設定。運命に逆らい、翌年夏に再会するために懸命に生き抜く。「虫の死生観を知り、自分の生き方や考え方を振り返っていただけると思う。物事は違う角度から見ることで、多くの発見がある」と物語の魅力をアピールする。虫は死んだら他の虫のエサになり、その虫も何かのエサになる循環で生きている。人間ほど、死を恐れていないともいわれる。「人間だって“自分のために”と同じくらい“誰かのために”という思いを持って生きている」と強調する。そう思えるのは、父親になったからだろうか--。

 「やっぱり、一番近くにいる存在のために何かをしたいというのは、あるでしょ」。力を込めた。セミに扮しても新しい顔を見せてくれそうだ。

これをUPする頃にはゴッホの舞台の初日が終わるぐらいの時間かもしれません。
今日、見た観客の人達の感想が楽しみなようなドキドキしてきます。

まだまだ先は長いですので実際見た人達の感想を見て作品に興味を持ってくれる人達が劇場に足を運んでくださるといいですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
遠い夏のゴッホ
お久しぶりです。
初日観て来ました☆
これからの方の為に内容は一切ここでは語りませんが、ユニークで斬新な舞台です。
「こういう見せ方で来たか?」とこっちを唸らせる手法も多かったです。
会場は、綺麗だし見易いし、スタッフさんは美人が多くて優しいし・・・とても気分良く過ごせました☆

今日は2階席の前から2番目ど真ん中でしたが明日は、一階席の前から3列目のチョイ脇気味・・・。
舞台の素敵なトコって、同じモノが二度と観られない事です。
映画とは違います。
時間とマネーに少しでも余裕ある松ケン君ファンの方には、一回でも多く、ゴッホを観に行って沢山感情を、感動を受けて欲しいです。

初日・・・拍手が鳴りやまなく、私も手の平が痛くなるくらい拍手を送りました。
空席は。、私が観る限りありませんでした。

松ケン君・・・きっと今日は夕飯も美味しいだろうし、お酒を飲むならそれも美味しいと思います。
あと29公演・・・誰も怪我せず、誰にも何事もハプニング等起きぬよう、楽し舞台を一人でも多くの人に見せてください。
2013/02/03(日) 23:12 | URL | kei #-[編集]
Re: 遠い夏のゴッホ
keiさん、こん**は。

> 初日観て来ました☆
> これからの方の為に内容は一切ここでは語りませんが、ユニークで斬新な舞台です。

おぉ!それはそれは、感想ありがとうございます<(_ _)>

> 「こういう見せ方で来たか?」とこっちを唸らせる手法も多かったです。
> 会場は、綺麗だし見易いし、スタッフさんは美人が多くて優しいし・・・とても気分良く過ごせました☆

あはは~、観劇エンジョイできたみたいでなにりよです。
そうですか、やはりいろんな意味で期待を裏切ってくれたようで…
ますます、大阪公演が楽しみです。(といっても私は1日しか見に行けませんが)

> 今日は2階席の前から2番目ど真ん中でしたが明日は、一階席の前から3列目のチョイ脇気味・・・。

連日観劇ですね。
座席が換わると見る視点も変わってくるでしょうからそれも楽しみですね。
またどうだったか随時感想お願いします(^_^)

> 舞台の素敵なトコって、同じモノが二度と観られない事です。
> 映画とは違います。
> 時間とマネーに少しでも余裕ある松ケン君ファンの方には、一回でも多く、ゴッホを観に行って沢山感情を、感動を受けて欲しいです。

そうですよね。同じ舞台でもその日その日で演じる側も観客も新たな発見と感動があるのが舞台だと思います。まぁ、残念なのは見たくても金銭的、距離的な理由で見たくても見に行けない人達が沢山いることですよね。

> 初日・・・拍手が鳴りやまなく、私も手の平が痛くなるくらい拍手を送りました。
> 空席は。、私が観る限りありませんでした。

初日ですからね。まだまだこれから東京公演の千秋楽まで長いので、色んな人達の感想を見て興味を持ってくださる方も増えてくることを願うのみです。

> 松ケン君・・・きっと今日は夕飯も美味しいだろうし、お酒を飲むならそれも美味しいと思います。
> あと29公演・・・誰も怪我せず、誰にも何事もハプニング等起きぬよう、楽し舞台を一人でも多くの人に見せてください。

まだまだ始まったばかりですから緊張の日々を過ごされる事でしょうね。
本当にキャストが元気で怪我なく観客と一体となり素敵な舞台と時間を共有していただきたいですね。

そうそうの感想教えてくださりありがとうございます♪

2013/02/04(月) 06:17 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .