感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
次世代のアクションスターは誰?
2013.3.24記述
週刊文春より

谷垣健治氏が選ぶ、旬な日本人アクション俳優ベスト5

1.佐藤健
2.松山ケンイチ
3.早乙女太一
4.森山未來
5.綾野剛

020_20130324131755.jpg


『るろうに剣心』や『カムイ外伝』などでアクション監督を務めた、日本を代表するアクション映画人の谷垣健治氏(42)。ジャッキー・チェンに憧れ、倉田保昭とドニー・イェンに師事、香港のスタントマン組合に唯一所属する日本人である。

谷垣氏が定義するアクション俳優とは、ずばり"体技を使う人"。

「『カムイ外伝』の稽古中に松ケンが言った『わいは忍者ですから』という言葉が象徴的ですが、彼らはアクションを特別視していない。忍者『カムイ』や『剣心』といった肉体的に優れているキャラクターになりきるために必要だから肉体で魅せようとする。その必死さが彼らの体技のよさです。そしていわゆる"スター気質"ではなく、いい意味で"役者バカ"であるところも共通しています」

多くの香港映画にも参加した谷垣氏曰く、日本には香港映画のようにアクション映画を"工業生産"するシステムや土壌がない。結果。若い俳優の身体能力に頼ってアクションを撮ることで、彼らの能力が開花することに。

「これはあくまでも今思いついた5人です。ほかにも窪田正孝くん、岡田准一くんなど、体技に優れた若い俳優は多い。CGでどんな映像でも作れてしまう時代だからこそ、役者が本気で汗を流している姿は尊いし、観客はそれを観たいんだと思います。」

この他にも名があがっているのが重盛様や頼朝様ですよ~ってどんだけ好きやねん!(笑)
清盛公の最後のあのマットレスも谷垣さんに相談したようですし、あのカムイのメイキングでの様子は凄いとしか言えないですもんね~。殿にはアクションもどんどんチャレンジして欲しいし、ナイーブな役もやって欲しいし…

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

ホント、まさにそうですね!
「体技」を使う役者だ♪
役者バカで常にあって欲しい。。。
2013/03/25(月) 13:42 | URL | kei #-[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .