感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2013.5.7記述
釜山聯合ニュースより

日本や中国からの観光客向けに、韓流スターの公演のもようを3D(立体)で鑑賞できる専用館「K-POPシネマ釜山」が6日、韓国の釜山にオープンする。釜山観光公社が明らかにした。

 専用館は釜山の観光地、海雲台にある映画の殿堂の地下1階に設けられる。全34席。韓国のアイドル歌手やグループのコンサートの映像を流す。3D眼鏡をかければ、コンサート会場にいるような感覚を味わえるという。

 平日は午後7時半の1回、週末は午後5時と8時の2回、上映される。団体観光客向けの特別上映も可能だ。
 オープン当日は歌手Rain(ピ)の公演が初上映を飾る。SUPER JUNIORやBIGBANG、INFINITEら人気グループの3D公演も予定する。

 釜山観光公社は、観光マーケティングに同専用館を組み込む計画だ。


K-POP3Dシネマ釜山公式サイトはこちら

k-popシネマ釜山


オープン初日にRainの映像を上映してくださるということはとても嬉しいです。
それで無くても今は軍の服務中でファンたちも寂しい思いをしているので。
ただ、実際問題、子のコンサート自体DVDも発売されているのでお金を出して3Dでどれほどの人が見に行こうかと思うかどうかですよね。まぁ、自宅のTVで見るよりは3Dだし臨場感はあるだろうけど…

これを見たら余計に早く除隊して音楽活動して欲しいと思っちゃいそうな気もしますが(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .