感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
小柳友さんから見た松山ケンイチ
「平清盛」では四男・知盛演じ初共演した小柳友さんが感じた松山ケンイチとは。

PDVD_028_20130704153434.jpg 


2013.5.11記述
平清盛総集編より

松山さんは本当に、やぁ、凄いなと思いましたね。役者魂を本当に感じる方で、勿論簡単には…髪の毛もそうですし、物理的な部分でもそうですし、でも、なんか…内面から本当に清盛になっていく。
僕がクランクアップの時に、碇を持って死ぬ、その時に、ほんと、いい息子をもったなって言って下さって、それは本当に今までも1回も褒めてもらった事もなかったし、本当に嬉しかったですね。

知盛様の最後の言葉「見るべき程の事をば見つ。今はただ自害せん」ドラマを見るまで、そして平家の事をもっと知るまでは、あまり興味も言葉の意味も考えた事すらなかったのですが、昨年、神戸・清盛隊の知盛様に直接会ったり、歴史館で知章様の兜を見、そして平家縁の場所を巡った時に知章様や知盛様縁の場所に行って、思いをはせた時、知盛様のあの最後の言葉の意味を改めて自分なりに感じれたように思います。

ドラマの最後ちょっとふざけたような感じで、もう逃げ場がない事を告げる知盛様の笑顔の中の複雑な思いを思い出すだけでもうせつな過ぎて涙涙ですし、あの最後とても良かったです。(サンディはジャックスパロウか?と茶化して言いますけれど(笑))

そういえば、神戸・清盛隊の知盛様もまたの名を平安のジャックスパロウと言われておられましたわ(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .