感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
Rain、無事除隊。お帰りなさい♪
長いようで、でも気が付けば"あっ"という間だったこの2年でした。(あくまでも私にとっては)
本日2013年7月10日無事Rainは除隊し転役致しました。\(^o^)/

20130710除隊002


服務中、結局というか本人の思うような静かな軍隊生活を送ることは叶わなかったですね。
でも、周囲の色んな雑音に対しても何も語らず、自分のすべき事を全うしたと思っていますし、周囲が何と言おうとも一番の理解者たちはきっと同じように軍で頑張っている皆さんだと私は思っています。

さて、これからまた忙しい日々が待っていますよ。
どんな姿を私たちに見せてくれるのか今からワクワクしていますね~♪

まずはちょっとゆっくりして(多分無理だろうけど)欲しいものです。
本当におめでとう♪



2013.7.10記述

歌手Rain(ピ)軍除隊、「良い姿を必ずお見せする」


20130710除隊003


芸能兵士として服務した韓国歌手Rain(ピ)(本名:チョン・ジフン)が10日午前、21か月間の兵役義務を終えて除隊した。

この日午前8時ごろ、龍山区(ヨンサング)龍山洞(ヨンサンドン)3街国防部西門に姿を現した彼は自身の除隊現場を訪れたファンと取材陣に向かって「多くの方々に来ていただき、感謝している」とし「最善を尽くして、頑張って良い姿を必ずお見せするようにする。いつも感謝を忘れない」と短く所感を伝えた。

続けて、ファンに向かって敬礼し、用意された車両に乗り込んで1分ほどで現場を去った。

除隊現場には、彼の復帰を祝う韓国をはじめとした日本、中国、トルコ、米国、マレーシアなど各国のファン700人(警察推算)が「第2幕を共ににする」「花よりRain(ピ)」などが書かれたプラカードを持って集まり、“ワールドスター”の人気を実感させた。一部は天気が悪いにもかかわらず、前日の午後から待機していたという。

Rainがドア越しに姿を見せるとファンは大きな歓声を上げ、海外のファンはぎこちない韓国語で「チョン・ジフン! チョン・ジフン! 」などと叫んだ。一部のファンはこらえきれず涙を見せた。

Rainは2011年10月、京畿道義政府306補充隊に現役入隊し、5週間の基礎軍事訓練を受けた後、陸軍5師団新兵教育隊助手として服務していたが、昨年2月に芸能兵士に選抜された。

先ごろSBS「現場21」で一部芸能芸氏らの会食やマッサージ店訪問が報道され、社会的な物議を巻き起こしたことについてはRainからの特別な言及はなかった。

Rainはことし1月に女優キム・テヒとの熱愛の事実が明らかとなり「軍務外出中に私的な時間を持った」という理由で謹慎処分を受けるなど、一度困難に見舞われた。

彼は今後、自身を抜てきしてデビューさせたホン・スンソンが代表を務めるCUBEエンターテインメントで芸能活動を再開する予定だ。

去る5月、ホン・スンソンCUBEエンターテインメント代表は「Rainはいくつかオファーを受けたが、初心に帰ろうという意志で我々と手を取り合った」と伝えた。

前日午前8時から24時間もRainを待っていたという日本人ファンは「愛するRain、ずっと会いたかったRainを一目みたくて大阪から友達3人と来た」とし「彼を応援する、ファイト」と、あふれんばかりの気持ちを伝えた。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .