感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
鑑賞記述:2013.11.11

003_2013111122404623f.jpg
(パンフレットと手拭購入)



原作が販売されてからかなり早い段階で読みましたので、とても公開が待ち遠しかったです。
原作はあえて現代の言葉で書かれていまして、それがまた面白いというか…(笑)
原作の中では登場人物それぞれモノローグとして描かれておりますが映画は流石にそうはいきません。
一体、三谷監督はご自身の書かれた原作をどのように脚本として書き、映像として表現するのか楽しみでした。

まぁ、一番のお目当ては「きゅーきゅー」こと堀政秀を演じるケンちゃんなんですけれども、原作の秀吉とのやり取りのシーンを一体どのように見せてくれるのかが楽しみでした。一部予告編でも登場しておりますけども…

個人的には原作で好きだったシーンは

・本能寺の変の信長の回想そして自害のシーン
・清須城に向かう為に走る滝川一益
・柴田勝家の体臭漂う風貌とはかけ離れた恋する乙女のような振る舞いの数々…
・猪狩りのシーン
・秀吉ときゅーきゅーのやりとり

以下はネタバレになるので、映画をこれから見る予定の方、ネタバレが嫌な方はここまでということでお願いしいます。
まぁ、ネタバレって言っても「清須会議」自体歴史の事実としてあった事だからねぇネタバレも何もないんだけど、映画に関してのネタバレと言ったほうが良いんだよね(^O^)

まず、オープニング、絵巻物で本能寺の変~清須会議に至るまでの簡単な経緯を説明しているのがなんとも粋だなぁ~と。信長、光秀、秀吉それぞれのそのときの様子を最初絵巻物で見せて実写で見せる心憎い演出にもうワクワク♪

でも、歴史が苦手で、あまりわからない人にとっては登場人物が誰が誰だかわからないかもしれない?
私はおかげさまで、原作を読んでいることと、最近、名古屋おもてなし武将隊の動画などを見て結構苦手だった映画の時代の登場人物などもわかるようになって来たおかげで大変面白かったんですよね~。 (清須会議に関しては原作を読んで改めて知りました)

最初のこのシーンの中で秀吉が甲冑姿で登場。そこへ織田信孝がやってくるんだけど、秀吉は陣羽織を着るか着ないか、最初は着ないと言うリアクションなんだけど、信孝様がやってきたと知ると慌てて、陣羽織を羽織るのが滑稽でした(笑)原作にはこういう部分はないですからね~甲冑姿が見れた事だけでもなんだか、お得な気分でした♪


そして焼けた本能寺で柴田勝家と丹羽長秀のやり取り、自分の屋敷内での秀吉と家族のやり取りなどがあってのいよいよ清洲へ武将たちが続々と集結します。映画なので今回は、秀吉も清須城内で宿泊しております。清洲の場内に入ってきたシーンもど派手な演出で名古屋名物?の菓子撒きの大盤振る舞いをしながらの入城。

もう清須城へ入ってからの勝家は、姿はおっさんで油ギッシュで、スギちゃんもビックリなくらいのワイルドさなのに、お市様が好き過ぎて、見苦しいほどの完全に恋する乙女状態。いくら長秀が注意しても全く聞いちゃいないわけですよ。

信孝さまに挨拶する前にまずお市様にお土産をもって部屋に尋ねて行くんだけど、またそのお土産というのが、以前「香のものが好き」と話ていたのを聞いたからと、なぜだか「らっきょの甘酢漬け」…臭い…

お香のものって、お漬物じゃなくて、香りを楽しむ方のお香…でもお市様にしてみたら、旦那と息子を秀吉に殺されたので、頼るのは体臭が臭くても、油ギッシュでも、おっさんでも勝家しかいないわけで…もう大好きなお市様に頼まれるもんだから勝家はルンルン♪この、お市様と勝家のシーンの時のBGMと言うか効果音がこれまたなんとも言えない雰囲気(2人のシーンは終始このBGMが流れてきます。)

そして同じようにお市様に心を寄せる秀吉も挨拶に行くんだけど、こちらかあからさまに嫌な態度を取られちゃって…秀吉は悔しいわけです。「なんでいつまでもそんな事根にもってんだ?俺だって殺したかなかったよ、でもお館様の命令だから仕方なく…それを…ぶつぶつ」ってな具合でこれまた面白い。

勝家・長秀側は三男の信孝様を推し、秀吉側は次男の信雄を推す事になるんだけど、この信雄がどうしようもないお馬鹿さんで、それを妻夫木聡さんがのびのびと演じてらっしゃるんですよね~。

秀吉は何とか自分が推す信雄を容認してもらおうと後ろだてをと思い、お館様の弟・三十郎信包様の所に行くんだけど、この方の部屋がなんとも和洋折衷な雰囲気で、三十郎様自身もかぶき者って感じで…

会議(映画では評定)も丹羽の提案で最少人数、宿老でという事になったんだけど、メンバーの1人、滝川一益がいまだ入城出来ずにいます。戦場にてこちらに向かっていると言う事なんだけど、秀吉はなるべく自分が有利な方で話を進めたいのでもし、一益が来たら自分が不利になるので何とか早く会議を進めたいのだけど、なかなか思うように行かない。でも何とか期限をつけてその代わりにと新たに宿老に選出されたのが池田恒興。しかしこの人がまたどうしようもない日和見な人間で、どっちからも声かけられて嬉しい反面、困った感じになっちゃってます(笑)

秀吉は、妻のねいを連れてきて、夜な夜な色んな人たちと楽しく大宴会。
中谷美紀さんが裾をまくって、足見せながら踊りまくっております(笑) このキレッキレのダンスシーン結構好きです♪

一益はひたすら走っております(笑)でも、原作を読んでいるから、ただ走ってるだけなんだけどおかしいんですよね。この人を知らないと「なんだあの人?」で終わっちゃうのが残念だったりしますね。
途中の森の中である人と出会います。 前作「ステキな金縛り」の幽霊だった更科六兵衛(笑)この時のBGMが「ステキな金縛り」の曲でした。 鉢合わせた手前、戦いを挑み、斬りつけようとする更科六兵衛に対して、それどころじゃないとさっさと走り去る一益。そんな一益を見送る六兵衛もホッとしたりして。今回は生前の六兵衛さんがスクリーンでみれます(笑)

なかなか会議が進まないということで、旗取り対決をする事に。
赤組は信孝チーム、白組は信雄チーム。恒興は人数あわせで何故だか白組に。

本当は原作では猪狩りなんだけど、どうも季節的なもの、そして予算的な問題で映画では海岸で旗取りになったそうです。監督も本当は猪狩りのシーンの好きだったみたいなので残念ですね。原作ファンも残念です。

そんな残念感を簡単な旗取りでどう見せてくれるのか?
最初は前田利家(赤)VS池田恒興の対決。しかし、槍や剣術の達人の利家は走るのだけは苦手らしく、スタートしたはいいけれど、見た目競歩?という感じ、完全に恒興が有利!と思いきや、なんと途中で「肉離れ!」で走れず、カメのような利家が余裕で勝利。この肉離れした瞬間の佐藤浩市さんのリアクションが最高でした(笑)

そして次は柴田勝家(赤)VS羽柴秀吉(白)の対決。これも勝家が有利だったんだけど、黒田官兵衛が細工をして吹き矢で勝家を妨害、秀吉が旗を取り白組の勝利!勝家はそれがわからないのでなんで急にお尻が痛くなったのかなぁという感じなので思わずスクリーンに突っ込みいれたくなった(笑)

最後は大将対決ということで信孝(赤)VS信雄(白)、走りに対して若干不安を漏らす信孝に対して、「走るの得意」と余裕満々の信雄。スタートして軽やかに走る信雄、これは頑張っても信孝不利か?と思いきやなんと!信雄はキャッキャと旗を取るどころかそれを無視し、ひたすら走っていっちゃった。呆然とする皆、勿論、勝負している信孝も「へっ?」という感じだけど、ここは勝負ということで、旗を無事GET!ということで2対1で赤組の勝利となりました。あの時の秀吉の表情、その後での信雄の「えっ?旗取らないとダメなの?もう1回ダメ?」ってなに見てんだよ!あんたと突っ込みたくなった(笑)

されど、ああだこうだ考えているのは男性陣ばかりではござりませんで、女性たちも色々思惑を張り巡らしておるわけです。その中で言うとねいはある意味、純粋に秀吉の事を思っているわけですよ。

ねいが久し振りに会いに来たのは松姫。死んだ信忠の奥さん、そして忘れ形見の三法師。
懐かしい話に花咲いていると、松姫が突然「川に行きたい」と言い出す。
ねいは松姫さまと三法師様を連れて川へ。そこへ旗取り合戦からの帰りの秀吉がやってくる。
三法師様を見て秀吉は何かひらめいたようです。喜び勇んで戻ってきました。

そう、秀吉は作戦を変えて、後継者は嫡男・信忠さまの息子である三法師様がなるべきではと言い出す。
その為には絶対的に味方についてもらわねばならない人物がいる訳でそれが丹羽長秀。

信孝陣は旗取りの勝利の宴で盛り上がっているんだけどそこに、勝家の姿はない。
イライラする長秀が捜しに行くと庭で何故だかサザエを焼いているんですよねこれが。原作では猪の肉をもってお市様の所にもって行くんだけど、代わりに旗取りから戻る途中漁師から買い求めてきたサザエを焼いてそれをお市様にもって行くとルンルンなわけです。もう長秀は怒り心頭。何度も何度も信孝さまの所に行けと言うんだけど、先にお市様のところに行ってからの一点張りで、そしてお市様に持って行ったのはいいけれど、「私嫌い!」と投げ返される始末。でも、あまりに申し訳なさそうな寂しそうな勝家を見てちょっと、心優しくなったお市様、サザエを食べると言って手に取るけど熱い!このやり取りがこれまたコミカルで面白かった。眉なし(おき眉)お歯黒姿がなんとも色気ありますし、怖くもありますし、迫力満点です。

お歯黒といえば、確か松姫も同じく、置き眉とお歯黒なんだけど、お歯黒は最後の方だけで、ねいと会った時はたしかお歯黒じゃなかったような気がするんですけど?

まぁ、そんなこんなで勝家とお市様が盛り上がっちゃった?一方で、秀吉は丹羽に三法師の事を話す。
この第三の提案、長秀にとっても悪くはないということで、果てさて長秀にある意味すべてがまかされた感じになりました。

最終日、ひとまず、会議に参加している候補者2名に席を外れてもらう事に。しぶしぶ退席する2人。
評決を取る事になったんだけど、勝家は当然、信孝様の名前を言うんだけど、秀吉は突然三法師様の名前を挙げる。勝家はパニック、なんで今、突然そんな名前出してくるんだ?てな具合で。

しかし、秀吉の話を聞くと恒興も至極全うな意見で反対する理由もない。
勝家はまだ小さすぎるだろうと言うけれど、それは宿老で支えていけばいいだろうといわれる始末。
そして採決は信孝1票、三法師様2票、あと1票、長秀は黙って一言も発しない、イライラする勝家におなか痛いから厠へと早々に部屋を出て行く秀吉。あとは長秀に任せたといわんばかり。

こう着状態の続く中、と言っても単に長秀が一言も発してないだけなんだけどね、秀吉は廊下でほげ~っとしていますが、ふと対面側に忙しく働いている人間を見つける、向こうも気配を感じたのは顔を向けると出ました!我らが殿、いやいや、きゅーきゅーの登場です!

どこまでも爽やかな好青年。「あっ、秀吉さま」と言いながら向かいの廊下から庭に降りひょひょいのひょいと軽業師のように飛び跳ね軽やかに秀吉の下へ。

そして秀吉がきゅーきゅーに子供の懐き方を聞きます。このシーンのやり取りは原作どおりと言っていいと思いますが、何がすごいって、きゅーきゅーが登場した途端、なんか作品の空気が変わったというか、ちょっとそれまで重苦しい空気だったものが、きゅーきゅーが登場して秀吉の元へ向かう瞬間からまるでよどんだ空気がいっきに消えて爽やかな空気に変わるようなそんな空間になりました。(と私は勝手に感じただけなんだけど)そして、なんだかほんわかしたムード。挙句に木偶のあのブルブル、もう可愛い!とにかく可愛い!それしかないです。むさくるしい集団の中での清涼剤のようなシーンでした。

原作で楽しみにしていたけれど本当に「笑う警官」の時も「カイジ」の時もだけど例えワンシーンでも登場した瞬間にその場の空気が変わる(変な意味ではなくてね)本当に凄過ぎます。

きゅーきゅーとそんなやり取りをしてると恒興がやってきたのでひとまずきゅーきゅーとはこれでバイバイ。どうやら長秀も三法師様を推したようです。もういくら勝家がわぁわぁ言ってもダメです。ということで織田家の跡継ぎは三法師様と決まりました、そして妥協案としてというか後継人は信孝にという事に話はついたのですが、三法師がこれまたどうもご機嫌がよろしくない。皆にお披露目する為に広間に行かねばならないのに、だだをこねて誰も手に終えない有様。

そこへ秀吉が、きゅーきゅーに頼んでおいた木偶を使って手なづけます。
家臣が待つ中、ようやく三法師様がやってくるんだけどなんと、秀吉が抱いてやってきた。
もう、皆ビックリだけど、特に勝家、お市様は信じられないという感じ。三法師に頭を下げるんだけどそれって一緒に座っている秀吉に頭を下げるという事になる訳でもう、お市様の屈辱的な表情、そして勝家もやられたという感じでなかなか頭を素直に下げる事が出来ないけれど、最後何とか頭を下げ、秀吉はご満悦。

無事に会議は終了、しかし勝家と長秀の仲は決裂してしまう事となりましたが、そこは元は友同士、袂を分かつことになったけれど、礼はちゃんとする、それまで一度も笑わない長秀がこのときだけ一瞬笑いました。

お市様に別れの挨拶に行った秀吉は、お市様から衝撃的なひと言を浴びせられる。
勝家のもとに嫁ぐって…それも「あんたがイチバン嫌がる事をしてやろうと思って、勝家に嫁ぐのよ」なんていわれちゃったらねぇ~なんでそこまで嫌うのだと落ち込む秀吉がおかしいわ。

そして、松姫。ある意味この方がイチバン今回の策士だったのかもしれない。
三法師を跡継ぎにする為に、わざと嫌いな川に行って、三法師の存在をアピール。
それに乗ってきたのが秀吉だったわけで、松姫は彼女なりに父・武田信玄の血、そして信忠の血を絶やさぬ為にと彼女なりにこの清洲会議と言う戦場を戦ったのでありますが、いやぁ~この最後の松姫の笑顔…怖いというか凄いです。でも八重の桜の日本髪姿よりも、この時代の髪型そして置き眉とお歯黒姿の方が私は格段と綺麗でお似合いだと思いましたね。死んだ旦那様を思い、子供の行く末を思う母の強さを感じる事が出来ましたね。

映画公開前に、BSなどで衣装のメイキングなどの番組も見ていたので衣装を作る過程、コンセプトなども知れてみたので楽しかったし、キャラクターの作りこみが本当に面白かったです。秀吉の手袋の謎とかも気をつけてみるようにしておりました。あの手袋もねいの前だけはずす事が出来るその信頼関係とかね。

ジーンと来たシーンが、三十郎様がお館様の陣羽織などを見て、かつて京都御馬揃えの時の事を思いだすシーン。あまりにお館様の登場が遅いのでイライラした三十郎様たちを信忠さまが穏やかにもう暫くまとうとお諌めしていると赤い陣羽織をまとったお館様がやってきてみんなの姿を身て静かに「であるか」といい出発すると言うシーンで思わず、ウルウル来てしまいましたね。(原作ではないシーン)

名古屋弁のシーンで「やっとかめ(お久し振りと言う意味)」とか「いこまい」とか言う言葉を聞くと何だかニコニコしてしまうのは、名古屋おもてなし武将隊の武将様たちの動画などをつべて見ていて馴染みがあるのと、前田慶次様の演歌デビュー曲の「やっとかめ」と「かぶき者」の歌詞の中で使われていたりする事ではじめて知った方言だったりするのでやっぱ、お国言葉ってええなぁ~何て思ったりして(といっても私は大阪人ですけど)

秀吉もとことん人たらしぶりを発揮していましたが、しっかり野心的な部分も出してて、あのビジュアルで大泉さんが見せてくれるんだけど、時にかっこよく見えたりするから不思議です。見た目ではなくてやはりそのキャラクター自体の魅力がビジュアルとかではないかっこよさとして見えるんだろうなって思いました。

佐藤さん演じる池田恒興もとことん日和見振りが良かったです。でもどっち付かずと言うのも結構大変だなと振り回してんだか振り回されてんだかという恒興のドタバタぶりが凄くキュートに思えました。

大変だったのは小日向さん演じる丹羽長秀。勝家は男気と忠義心厚いけれど、お市様の事で頭が一杯で全然ダメだし、滝川一益も戦場から向かっているといえども実際この場にいないし、秀吉からの誘惑もあったりして自分を律して行くのが大変だっただろうなと。

戦に対してのエキスパートな人間たちが会議と言う戦場で火花を散らしたということもすごいし、その後のそれぞれの歴史もすごいだけに、この会議は日本の歴史の中でも凄いことだったんだなと思うし、それを見事に映像にした三谷監督の作品における愛を感じさせてくる作品でしたね。この作品を見て清須会議の事を知らなかった人はもっと色々興味持ってみるのもいいだろうし、難しく考えなくてもいいと思うんですよね。

人間色んな側面を持っている訳で、それは歴史に生きる人達も同じな訳で、
そういう人達の戦いばかりの一面ではない、ちょっと情けないような部分に自分たちと変わらないなと言う気持ちを重ねて見て欲しい映画ですね。

最後のエンドロール、出演者あいうえお順。考えましたねぇ~(笑)そして監督も早々に出てきたりなんかするのも三谷監督らしいのかも?面白かったのは山寺宏一さんの(さまざまな声)って…(笑)わからんわ


あっ、そうそう、形勢逆転した勝家が一益に頼んで秀吉を殺そうと送り込んだ忍びに天海さんが出てくるんだけど全然忍びになってないし、顔ばれるし、挙句に「もういい」とか言われちゃうし…まぁいてもいなくても全く物語には問題ないけどそういう無駄なキャストの使い方も面白いからいいか(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .