FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
livedoorインタビューより

ライブドア001

 

2001年、ホリプロ×雑誌「Boon」×PARCOの共同企画ホリプロ男性オーディション「New Style Audition」で16,572人の中からグランプリ受賞しデビューした俳優、松山ケンイチ。

「男たちの大和/YAMATO」に出演し注目を集めると共に2006年に挑んだ人気コミックの実写版「デスノート」でLを演じ、爆発的人気を得る。その後も「人のセックスを笑うな」、「デトロイト・メタル・シティ」など様々なキャラクターを見事に演じわけ、日本演劇界に唯一無二の輝きを放っている。

6月6日に公開される主演最新作「ウルトラミラクルラブストーリー」では1人の女性を一途に思い続ける天真爛漫なキャラクター、陽人を演じた。自身の故郷である青森でのオールロケ、麻生久美子との初共演で松山が見出した物とは?

ライブドア005 

――最初に台本を最初に読んだ時にどのような感想を抱きましたか?

松山ケンイチ:(以下、松山)変わった話だなあと思って。どのジャンルにも属さないというか、ジャンル分けできないなあと思いました。一回読んだだけでは理解できないですし。そこで、監督の前作である「ジャーマン+雨」を見たんですが、それもジャンルとか枠にはまっていない感じがして。印象的だったのは人の持つエネルギーとか生命力みたいのがすごく出てるなと思って。

――松山さんが演じた陽人というキャラクターについて、脚本を読んだ時にどう思ったか、演じていくうちに変化はあったか教えてください。

松山
最初に脚本を読んだ時は、“破滅していく人”だなと思いましたね。僕の中で農薬っていうのがアルコールだったりドラッグだったりそういう類のものとして捉えてた部分があって。どんどん自分の身を滅ぼしていくキャラクターだなと。でも演じていくうちに、まっすぐで、素直で、こういう人が奇跡をおこせるんだって思ったんですね。陽人のキャラクター作りで監督に言われたのは、共演の幼稚園児達の動きをよく見て欲しいっていう事と、陽人と同じにおいがするから、ドニー・ラヴァンという俳優さんのお芝居も見てくださいって。陽人っていうのはいつも違うことを試したがってる人だから、僕も映画の中で同じ芝居をしてませんし、僕自身も色々な事を試してたりしてましたね。すごく楽しかったです。

――横浜監督とお仕事をした感想を教えてください。

松山監督は、考えててることを表現する力がすごいです。後、生命力を感じさせる演出が素晴らしいなと思いました。同じ青森出身ということがあって、最初から親近感と安心感があったので、現場でもスムーズに芝居ができました。

――現場で監督に自分の意見を言うこともありましたか?

松山その時々にやりますけど、基本は監督に何も言わないで勝手にやりますね。とりあえずやってみないと何もわからないから、まずやりますね。監督はそれを見て、「次は後ろ向きに走ってください」とか「壁にはりついてください」とか、そういう動きの演出をしてくれて。そこは監督の考える“陽人像”ですし、そこについていきましたね。

――全編津軽弁ということで、方言指導も受けたそうですね。

松山方言は、青森にも地域によって方言が違うんです。僕が生まれ育ったところは下北弁を喋る所で、この舞台は津軽弁ですね。下北弁はイントネーションは違うんですけど、言葉自体は標準語に近くて、津軽弁は単語自体が変わってくるので全然違うんです。青森で撮影をするっていうことは今まで無かったことですし、休み以外で青森に行くことは無かったので不思議な感じでしたね。青森の青年を演じるっていうのは僕にしかできないことだと思ったし、思い入れがすごく強いんですね。青森っていう、自分の出身地を見せることはとても恥ずかしいことのような気もするんですけど、お客さんに胸をはって青森を見て欲しいって強い思いがあったし、監督もそう思ってたと思います。だからこういう作品が完成して僕はすごく満足していますね。

ライブドア007

 
――観る人によって意見や解釈が異なるラストシーンだと思います。松山さんはご覧になってどのような感想を抱きましたか?

松山この映画の中で陽人って色々な形に変化していきますよね。でもどんな形であれ、精神みたいのは残り続けるって僕は感じたんですね。この映画を観てくださる人には、ラストシーンというよりは、陽人の生き方というか前向きな姿勢を一番見てもらいたいですね。すごくストレートだし、今まで感じたことの無い感情を陽人に感じるような気がするし。僕はあそこまで強い気持ちっていうのは普段の生活の中で持てないし、どうしても人目を気にしてしまってるところもあるので。

――撮影時に一番印象的だったシーンと、完成した作品をみて一番気に入っているシーンはどこですか?

松山作品に出てくる幼稚園児達はみんな青森の子達で、芝居経験もゼロなんですけど、一緒にやってみて思ったのは、すごく自然でお芝居してる感じじゃなかったんですよね。そこには僕とは違う生活観があって。子供達にひっぱられるようにお芝居させてもらってました。一番気に入っているシーンは、町子先生と森の中を散歩している所で、青森にもこんなにキレイな所があったんだってちょっと感動したし、誇らしくなりました。

――この映画に関して、町子先生の魅力もとても大きかったと思います。麻生久美子さんの印象を教えてください。

松山陽人のめちゃめちゃなキャラクターを受け止められる女優さんってなかなかいないと思いますね。町子先生は麻生さんじゃなかったら有り得なかったって思ってるし。麻生さんって自然さも持っていらっしゃるんですけど、器の大きさも感じますし、器が大きいっていうことはどの役も入れることができるから、色々な監督に愛されるんだなって思うし。そういう役者さんって同じ役者からも愛されて、必要とされていて、僕もぜひまた一緒にやらせていただきたいと思ってます。またお会いできるのがとても楽しみですね。

――地元青森ということもあって、撮影の合間に休憩したり遊んだりすることはありましたか?

松山休みの時に一回実家に帰ったのと、ロケ現場の近くに僕のばあさんが住んでるので、撮影がはやく終わったら一緒にゴハン食べたり家行ったりしてました。そういう楽しさはありましたね。

――共演者の方と食事をしたり?

松山たまに食事もしましたね。でも、変わった事は特にしなくて、スタッフさんやみんなでパチンコに行ったくらいですかね。

――渡辺美佐子さん、原田芳雄さんというベテランの俳優さん達と共演しての感想や、学んだ事を教えてください。

松山まず驚いたのは、方言がめちゃくちゃうまいってことですね。すごく難しい方言だと僕は思うんですけど、ちゃんと癖を読んでいて素晴らしいなって思いました。僕からはもう何も言えないですね。何言っても軽いような気もするし本当に偉大な役者さん達だと思ってるんで、一緒にやらせてもらえただけで光栄ですね。

――全く新しいタイプの作品で「ラブストーリー」という言葉からストーリーをイメージして、劇場に足を運んだお客さんは度肝を抜かれると思いました。

松山そうですね。僕は、同じような物をお客さんはみたくないと思うし、僕もやりたくないし、どんどん新しいことに挑戦していかないといけないと思ってますね。

――今回の横浜監督や「人のセックスを笑うな」の井口監督など、最近30代の女性監督が活躍していますが、女性監督ならではの演出や新たな自分を発見できたことはありますか?

松山特に女性だからっていうのは無いですね。どの監督もそれぞれ色が違いますし、個性があるとは思います。井口監督から学んだことは、今言った園児達の生活観と似ている部分でもあるんですけど、台本に縛られすぎないことですね。横浜監督には、「考えないこと」を教わりました。一つ一つの動きにとくに理由をつける必要は無くて。横浜監督は本当に独特だから監督の世界でしか通用しないのかもしれなくて、僕もまだちょっと分からない部分もあるんでもう一度監督とやってみたいですね。

――個性的を演じることが多いですが、作品を選ぶときにポイントとしてることはありますか?

松山僕、台本を選ぶってことはほとんど無いんですよね。同じ時期に仕事の依頼がたくさんあるわけでも無いですし、来た仕事はちゃんとやり遂げたいと思ってますし。選ぶってことをしないおかげで、こうして様々なキャラクターに挑戦できて、僕はとても幸せなんです。

――役者をしていて、一番大変だと感じる時はどんな瞬間ですか?

松山一番大変なことは、面白いことが次々と出てくるので休む暇がなくなっちゃうんですよね。自分自身に戻る時間を自分で作れなくなっちゃうっていうか。お芝居をすることが本当に楽しくて、常にそのことばかり考えてしまって、プライベートな時間を大事にできなくなって。そういうところが一番大変だと思うし、依存っていうか…。芝居に病み付きになってしまいますね。


昨日、「ちちんぷいぷい」で河瀬直美監督のインタビューがあってその時に監督が撮影方法について話されていたんだけど監督は「一応着地点を決めてはいます。AからB地点みたいに。ただそこに辿り着くまでの間は基本的に役者さんにゆだねます。それは役者を信頼してるということもあります。そういう部分で作品がドキュメンタリーな感じに仕上がっているのかもしれません」みたいな…

井口監督にしてもそうですよね。こういう感性というのは女性監督ならではなのかもしれませんね。
作品にとらわれず、大作からそうでない作品まで出演すること、いろんな監督とお仕事をすることで本当に色んな事を吸収し続けているんだろうね。

そういえば、先日のwowowの「クエスト~」の最初の方で横浜監督が「ジャーマン+雨」で大阪で賞を頂いたときのプレゼンター?トロフィーを渡していたのが崔監督だったね。

まさしくケンイチが崔監督の「カムイ外伝」から横浜監督の「ウルミラ」に繋がることをまるで予言するような一コマだったなと勝手におもったmayなのでした(笑)

 

 

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
ありがとう!
この記事の写真、すごくよくて、松フリさんのとこで見たときにコピーしようと
したんだけど、オンラインだとだめだった。

今回、コピーできたよ!
ありがとう。

かわいいね~^^

記事もおとしてくれて、ありがとう。

すごくいいこと書いてあるね。
陽人のことを、最初に「破滅していく人」ととらえていたこと、
すごく興味深いです。

ああ、あと数時間で会えるんだなあ。
わくわく。
2009/06/06(土) 07:47 | URL | 熱情 #mQop/nM.[編集]
No title
おはようございます。
私も熱情さんと同じく「破滅的」と捉えていた所に
衝撃?を受けました。

松山さんの作品との対峙のしかた、
感動しますね。
雑誌はある程度同じ日にこなしたことが多いだろうから、
似て来るんだろうけど、
そこでやめちゃわないですね、松山さん。
そのおかげで、ファンである私たちも、
作品にたいして、あるいは表現者である松山さんへの
想いを深めることができて。

読売新聞で農薬を浴びることがこう書かれていて・・

>願いをこめて“シャワー”を浴びる場面の美しさ、
>切なさ、迫力は出色だ。

泣けちゃいました。
陽人を生きてくれてありがとうって、
僭越なんだけど、言いたくなります。

mayさんの記事読ませていただいて、
食わず嫌いだった河瀬監督作品、
見てみたくなりました。
ありがとうございます!!
2009/06/06(土) 09:32 | URL | 樹 #-[編集]
Re: ありがとう!
熱情さん

> この記事の写真、すごくよくて、松フリさんのとこで見たときにコピーしようと
> したんだけど、オンラインだとだめだった。

普通ではできないよね(汗)

> かわいいね~^^
> 記事もおとしてくれて、ありがとう。

それぞれの人がそれぞれ感じるインタビューを紹介してるしね(^-^)

> すごくいいこと書いてあるね。
> 陽人のことを、最初に「破滅していく人」ととらえていたこと、
> すごく興味深いです。

あはは、反応する人は多いかもしれないね。
私も最初あるところで農薬を浴びてと書いてるのを見て凄くショッキングだったけど徐々に陽人のことが分かるごとにその行為が切なくなってきてね。

> ああ、あと数時間で会えるんだなあ。
> わくわく。

どうどう?陽人に無事に会えた?私は会えたよ~♪
2009/06/06(土) 21:35 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
ありがたいです。
樹さん(^-^)

> 私も熱情さんと同じく「破滅的」と捉えていた所に
> 衝撃?を受けました。

多分最初に台本を見たときには陽人の裏設定についての情報がなかったからだと思いますが(笑)
確かに農薬を浴びるって尋常じゃないものね(笑)

> 読売新聞で農薬を浴びることがこう書かれていて・・
> >願いをこめて“シャワー”を浴びる場面の美しさ、
> >切なさ、迫力は出色だ。

私は陽人とおなじ障害を持つ人間だから陽人の思いがよくわかるから・・・
偶発的とはいえ、農薬を浴びることでそれまでの自分と違う変化が起きる。
私は投薬などしていませんが、ADHDの人などがリタリン(今は処方が禁止されて本当に当事者たちは困っています)を飲むことで脳のざわざわした感覚、注意力が散漫になることがクリアになって、集中することができるんですけど、「今まで普通の人がこんな脳の感覚でいたんだということを(擬似体験)知って悔しくなった」とよく聞きます。陽人も同じように思ったかも知れません。

> 泣けちゃいました。
> 陽人を生きてくれてありがとうって、
> 僭越なんだけど、言いたくなります。

本当にとても素敵に陽人に息を吹き込んでくれて嬉しいし、どの作品においても本当にいつまでも私達見る人たちの記憶の中で生き続けるキャラクターを生き続けてくれるケンイチに感謝です。

> mayさんの記事読ませていただいて、
> 食わず嫌いだった河瀬監督作品、
> 見てみたくなりました。
> ありがとうございます!!

凄いですよね、なんせ自分の子供を出産した時に自分の体から出てきた胎盤を食べた人ですから(笑)
(前回ぷいぷいに出演した時に出産した人達に胎盤を食べることを勧めていましたからね驚きですよ)
2009/06/06(土) 21:53 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .