感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2014.4.4記述
『家路』Facebookより

ただいま開催されている、第38回香港国際映画祭に『家路』が正式招待されています。
監督は本日より香港へ。海外からの取材依頼もたくさんあり、世界に向けて発信していただく予定です!


予告編の中にドーンと次郎が映りましたね(^_^)見つけられましたか?

公式サイトの『家路』に関する紹介

劫後家園

福島震災核漏轉眼三年,哈日旅遊及消費主義希望人淡忘壞滅,放眼前路,然而對少小離鄉的澤田次郎來説,回歸才是前進,而真正回家的路並不好走。松山研一沉潛出演逆流而上的執着小子,與飾演兄長,一身負累的內野聖陽,以及飾演母親,終日神牽舊時農務歲月的田中裕子大鬥演技。災劫餘生,一家人即使表面齊齊整整,心靈的殘缺待與誰說?久保田直有四份一世紀的紀錄片經驗,劇情片首作淡然中隱現批判,制度暴力與生命的堅持相映成對,殘酷與輻射均無法掩埋。


なかなか興味深い作品がラインナップされています。
ケンちゃんも過去に出席した事ありますしね。既にチケットも売れ行きいいようなので沢山の人が作品を見てくれるといいですね。公開予定もあるみたいだしね。

第38回香港国際映画祭の公式サイトはこちら

最終更新日:2014.4.8


2014.4.8記述

HKIFF「家路」上映後のQ&Aに答える久保田監督001


HKIFF「家路」上映後のQ&Aに答える久保田監督002


HKIFF「家路」上映後のQ&Aに答える久保田監督003


HKIFF「家路」上映後のQ&Aに答える久保田監督004


監督とのQ&Aがあるからなのか珍しく皆さん残って興味深く質問していますね。普通だったらエンドロールが流れると同時に皆さっさと退場して行く人達ですから(笑)結論を監督に投げかけるけどそれは皆さんが感じてもらう事が大切だと。そうですよね。とにかく、香港公開もあるから色々宣伝して多くの人に見ていただきたいです。

しかし、通訳さん大変だ。広東語を英語にしてそれを日本語で伝えて監督が答えてそれをまた英語にして広東語にする。時間がかかるなぁ~でも皆ちゃんと聞いてくれているのは素晴らしい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .