感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2014.5.30記述
神戸経済新聞より

神戸電子専門学校コラボ


神戸電子専門学校(神戸市中央区北野町1)北野館地下1階のソニックホールで6月28日、コラボイベント「神戸電子専門学校×神戸・清盛隊コラボ『雅華平安』~いざともに参る~」が開催される。

 実践型教育をもとに専門職業人の育成を目指す同校が神戸で活動する武将隊「神戸・清盛隊」とコラボし、学生たちが舞台制作を実体験する特別カリキュラムとして開催。学生にイベントプロデュース・舞台制作の実体験を促すのみならず、同隊のコンテンツを通じて「神戸における平家の歴史」に触れ探究することで、学生の神戸における歴史的文化の価値の認識を図り、さらにその価値を広く神戸市民に発信する。

 同カリキュラムでは、4月より同校サウンドテクニック学科の学生たちに向けて、同隊プロジェクトが「イベントプロデュース」について講義。さらに、同隊を出演者とした舞台演出についてのワークショップを実施した。今回のイベントは、講義・ワークショップの集大成として行う。開催のきっかけは、昨年11月の同校学園祭に同隊がゲスト出演したこと。その時から「学生たちと何か一緒にできないか」と考えており、今回のコラボが実現したという。

 当日は、同隊の平清盛・重盛・宗盛・知盛・重衡・敦盛・GIONが出演。特別カリキュラムを通じての感想や工夫した点など学生と同隊のトーク、同隊「演舞」を題材に学生自身が演出プランを考え、音響・照明・映像・美術・ナレーションを担当したライブプログラムの披露、同隊の歌のライブショーなどを行う。

 同隊プロデューサーの若見しのぶさんは「神戸・清盛隊が初めて学生の皆さまとコラボする。また神戸電子専門学校にとっても初の試みのようで、どのような舞台が出来上がるのか私にもまだ分からない。神戸の武将隊『清盛隊』と神戸の学生のパワーが集結した舞台をぜひご覧いただければ」と話す。同隊イケメン担当の宗盛は「皆が、わしをどれだけかっこよく演出してくれるか楽しみじゃ」と語った。

開催時間は18時30分~20時。料金は2,000円(全席自由席、3歳児以下は保護者膝上に限り無料)。チケットは、6月8日・15日の同隊イベント会場で販売する。定員200人のうちペア50組100人を無料招待。応募は官製ハガキで同校の雅華平安係まで。6月5日必着。抽選により当選者を決定し、招待状を発送する。

若い人達が清盛隊を通じて平家のこと二興味をもってもらえるということはこれこそ、清盛隊の存在する意味の成果ではないかと思うんですよね。そして、平家と学生が切磋琢磨して新しい何かにチャレンジするということこそまさに清盛様がいつもおっしゃられる「生きる事を楽しむ」に繫がるのではないかと思います。

学生と清盛隊のコラボが一体どのようにケミストリーするのか楽しみです。(見に行けたら最高なんじゃけど…)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .