感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2014.6.1記述
シネマトゥデイ映画ニュースより
 
070820_hitoseku_main.jpg


浅野忠信、二階堂ふみが禁断の愛に挑んだ映画『私の男』の公開を記念して、動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」で、「禁断の愛と絡み合うエロス」をテーマにした名作映画9作品の無料上映が6月7日から15日まで連日行われることがわかった。

 なかでも、そのセンセーショナルな内容から世界に衝撃を与えた大島渚監督の映画『愛のコリーダ』(1976)は、「『愛のコリーダ』を観てから『私の男』をぜひ鑑賞してほしい」という企画者側の強い思いから今回の初放送が実現。ほれた男と愛欲に溺れ、その果てに男を殺し局部を切り取った「阿部定事件」を題材にした同作に主演した藤竜也が、孤児になった少女(二階堂)と彼女を引き取った遠縁の男(浅野)の禁断の愛を描いた『私の男』にはモラルの象徴として登場する点にも注目したい。

 そのほかのラインナップは、寺島しのぶ×大森南朋の『ヴァイブレータ』(2003)、韓国の鬼才キム・ギドク監督の『絶対の愛』(2006)と『弓』(2005)、日活ロマンポルノからは『天使のはらわた 赤い教室』(1979)と『少女娼婦 けものみち』(1980)、安藤希×田口トモロヲ×村上淳×大杉漣の『L'amant ラマン』(2004)、永作博美×松山ケンイチの『人のセックスを笑うな』(2007)、『私の男』の熊切和嘉監督が加瀬亮を主演に迎えた『アンテナ』(2003)となっている。(編集部・市川遥)

「『私の男』公開記念 “禁断の愛と絡み合うエロス”特集」は「ニコニコ生放送」で6月7日から15日まで連日無料生放送
映画『私の男』は6月14日より新宿ピカデリーほか全国公開


ニコニコ動画「人のセックスを笑うな」放送予定日は6/14(土)午後10:00~

ニコニコ動画「『私の男』公開記念 禁断の愛と絡み合うエロス映画無料生放送まとめ」タイムシフト予約などはこちら
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .