感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
「春を背負って」青空会見in大阪
6/4(水)大阪・あべのハルカス屋上ヘリポートで出演映画「春を背負って」(14日公開)の日本一高い? 青空会見を行った。

20140604デイリースポーツ002

最終更新日:2014.6.12

2014.6.12記述
ぴあ関西版より

木村大作と松山ケンイチが日本最高峰の超高層複合ビル「あべのハルカス」に初登頂!『春を背負って』会見レポート


日本映画史を支えた伝説的キャメラマンであり、初監督作『劔岳 点の記』が大ヒットを記録した木村大作。彼が、74歳にして再び山岳映画に挑み標高3000メートルの立山連峰での過酷な撮影に挑んだ監督第2作『春を背負って』が、いよいよ6月14日(土)よりTOHOシネマズ梅田ほかにて公開される。そこで、先週4日、本作のヒットを祈願して日本最高峰の超高層複合ビル「あべのハルカス」の屋上ヘリポートで史上初となる、“青空記者会見”を実施し、木村大作監督と主演の松山ケンイチが出席した。


 その日は“青空”の予定が、あいにくの曇り空と強風の中で始まった会見だったが、松山は「こんな風が強い中での会見は初めてで新鮮です」と話し、「山に登りたいけど登れない人は、ハルカスを階段で登れば(ちなみにB1階~60階まで1437段)、山に登った気分になるかもしれない。きっと2時間くらいかかりますが…楽しいと思います!」と無邪気な笑顔を見せた。また、木村監督も「3000メートルの『春を背負って』と、300メートルのハルカス、大阪らしいですね」と大阪特有の駄洒落を喜んだ。


 映画は、松山をはじめ、蒼井優や豊川悦司など豪華キャストによる演技合戦を、CGに頼らない荘厳な大自然の四季が包み込む圧倒的な映像美と、父から子へ受け継がれる想い、仲間を想う人間たちにスポットを当て、山に生きる人々の“家族”の物語を描く。木村監督は「以前から松山さんを、性格が明るくて凛とした青年だろうと勝手に思っていました。この映画はその想像で松山さんをあて書きしていて、それがピッタリはまっている」と述べ、「自分でもいいキャスティングをしたと思っています」と自信を覗かせた。


ぴあ関西002 


 映画の中で、豊川を担いで崖を降りる場面があるが、「演じている余裕はありませんでした。僕自身が豊川さんをどうやって安全に担いで下りられるか。それだけに集中して。ほかの場面もそうですが、大自然を目の前にすると自分自身がどう感じるかを出さざるを得ない。木村監督に“裸にさせられたような”感覚があります」と松山。それを受けて木村監督も「しんどそうな表情、そして彼のマジメさや凛とした佇まい。松山さんのリアリティーがスクリーンに映っているはずです」と話し、満足げな表情を浮かべた。


 そんな過酷な撮影ではありながらも松山は、「(山の)上では、スタッフもキャストも雑魚寝で生活していました。みんなとの距離感が近くて、僕はすごく楽しかった。毎年やってもいいと思えます!」と充実した撮影現場経験を振り返り、映画同様に家族のような絆を築けたことを明かした。また「360度見渡しても人工物のない大自然の景色に本当に感動しました。みなさんにも是非、登っていただきたいです」とコメントした。


 最後に「この映画はどんな人にも響く“自分の居場所”がテーマ。答えは一つではないし、人それぞれ全然違うと思います。この映画をきっかけにそういったことを改めて考えてもらえたら嬉しいです」(松山)「ハルカスというのは日本の古い言葉で晴れ晴れとさせるという意味。『春を背負って』も晴れ晴れとした気持ちになれる映画です。どうぞよろしくお願いします」(木村)とPRし、会見を締めくくった。



2014.6.4記述
ニッカンスポーツより

松ケン「新鮮」地上300mで映画PR

20140604日刊スポーツ001


俳優松山ケンイチ(29)が4日、大阪・あべのハルカス屋上ヘリポートで出演映画「春を背負って」(14日公開)の日本一高い? 青空会見を行った。

 山に生きる人々を描いた作品で、3000メートル級の富山・立山連峰でも撮影された。「本物の場所で感じた物が出せた」と演技を振り返る松山。「3000メートルなので、雷鳥が近くにきてくれたり。(スタッフも)みんなで雑魚寝したり、家族みたいになれて楽しい現場でした」と思い出を披露した。

 高さ300メートルの日本一高い複合ビルでの会見に「すごい新鮮。こんな風が強い中で初めて」と笑った。昔から高所にはひかれるものがあるそうで「高いところを見ると登りたくなる。香港のマカオタワーとか、バンジージャンプとか、スカイダイビングできるところ。好きなんですね、多分」と明かした。

 同席した木村大作監督(74)はビル名のハルカスに触れ「晴れ晴れという意味。映画も晴れ晴れとした作品です」とアピールしていた。

ひと言、ケンちゃん。マカオタワーは香港ではないよ~!マカオはマカオだからね(笑)
「あべのハルカス」の『ハルカス』って外国みたいな名前だけど、実は日本語です。「晴るかす」監督が言うように「晴れ晴れする」と言う意味がありある意味この映画にピッタリかもしれませんね。あっ、ケンちゃん、ここに、ここだけにしか売ってない「パインアメソフトクリーム」というのが売ってるんだよ。食べる時間なかったかな?

デイリースポーツより

松山ケンイチ 高所好きを告白



20140604デイリースポーツ001


俳優・松山ケンイチ(29)が4日、大阪市の国内最高層ビル「あべのハルカス」の屋上ヘリポートで主演映画「春を背負って」(14日公開)のPR会見を開いた。

 標高3000メートルの立山連峰の山小屋を舞台にした作品にちなみ、強風が吹く地上300メートルの高所での異例イベントに、松山は「まさか宣伝でこんな場所に…。新鮮です」と驚きながらも笑顔。昔から高いものを見ると登りたくなるといい「なんか好きなんですよ。香港ではマカオタワーでバンジージャンプしてしまいました」と明かした。

 立山でのロケは「雲より高い場所で、雷鳥がいたり、360度、人工的なものが全くないんです」と眺望に感動したことを振り返り「是非、映画を見て立山に登っていただきたい」とPRしていた。


なんか、お髭が無くなってすっきりしたのは良いんだけど、久し振りに観るから何だかこちらが恥ずかしい(>_<)
サンディに、マカオタワーに行った時に写真探してもらったわ(笑)マルコポロリのポロリバスとかもこれから要チェックかな?
すい数週間前まで大阪にいたから懐かしいかな?(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .