感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『家路』DVD&Blu-ray発売情報
『家路』Blu-ray&DVDが2014/9/17 発売決定です

DVDパッケージ  


内容紹介


ここで、生きていく。3月11日ーーあの日、故郷を失った家族の再生の物語。

[セールスポイント]
◆ベルリン映画祭公式出品作品。
震災の影響で立ち入れなくなった故郷- 突然の弟の帰還がもたらす、家族の未来とは。
深い葛藤を抱えながら、希望を見出そうとする家族の感動の物語。
◆主演:松山ケンイチをはじめ内野聖陽、田中裕子、安藤サクラ等豪華キャストの卓越した演技力が胸を打つ。
◆監督は、ギャラクシー大賞をはじめ数々のドキュメンタリーの受賞歴を持つ久保田直。
劇映画デビュー作となる本作では25年以上にわたるテレビドキュメンタリーのキャリアを通じて追いかけてきた「家族の姿」を描く。
◆福島ロケで、日本の原風景ともいえる厳しいながらも美しい自然の中で、
「家族とは」「生きるとは」「人間の誇りとは」「命とは」を観るものに問いかける
◆主題歌は本作のテーマに共感したSalyu「アイニユケル」(作詞・作曲・編曲:小林武史)が作品の世界を彩る。

[内容解説]
“故郷"― それは、自分が生まれた場所。
かけがえのない家族がいた場所。
そこが無人になった時、故郷を捨てた弟が帰ってきた。
ある思いを胸に。


震災の影響によって、故郷が“帰れない場所"になってしまった。
先祖代々受け継いできた土地を失い鬱々と過ごす兄と、胸の奥に諦めと深い悲しみを抱えた母。
生きてきた土地を離れ、先の見えない日々を過ごす彼らの元へ、20年近く前に故郷を出たまま、音信不通だった弟が突然帰郷した。
たった一人で苗を育て、今はもう誰もいなくなってしまった田圃に苗を植える弟。
過去の葛藤を抱えながらも、故郷で生きることを決めた弟が、バラバラになってしまった家族の心を結びつけていく--

DVD版
[特殊内容/特典]
本編DISC+特典DISC【2枚組】特典DVD:
・メイキング
・ナビゲーション番組 映画「家路」の世界 希望を紡ぐ物語篇/想いを語る俳優篇
・ドキュメンタリー番組 ここで生きていく~映画「家路」がみつめた福島の今~・イベント集(ベルリン映画祭 プレミア試写会 )
◆初回生産版仕様 スペシャル・アウターケース付
◆初回生産版封入特典 インタビュー&フォトブックレット(16P) 封入
※初回特典は数量限定により、在庫がなくなり次第終了となります

Blu-ray版
[特殊内容/特典]
【2枚組】本編Blu-ray+特典DISC(DVD)
特典DVD:
・メイキング
・ナビゲーション番組 映画「家路」の世界 希望を紡ぐ物語篇/想いを語る俳優篇
・ドキュメンタリー番組 ここで生きていく~映画「家路」がみつめた福島の今~・イベント集(ベルリン映画祭 プレミア試写会 )
◆初回生産版仕様 スペシャル・アウターケース付
◆初回生産版封入特典 インタビュー&フォトブックレット(16P) 封入
※初回特典は数量限定により、在庫がなくなり次第終了となります

最終更新日:2014.9.16

2014.9.16記述
チケットぴあより

『家路』監督、福島オールロケを振り返る


ぴあ監督インタビュー


ドキュメンタリー作家として活躍してきた久保田直監督が、初の劇映画に取り組み、福島第一原子力発電所の事故によって故郷を失った家族の姿を描いたヒューマン・ドラマ『家路』。松山ケンイチら実力派を揃え、オールロケを敢行した久保田監督の想いとは?

「風化させちゃいけない! と、ものすごい正義感の中で製作を決めたわけではありませんが、何か自分たちに作れるものはないのかと考えて取り組みました。そして立ち入り禁止区域に故郷を持つ男、しかも誰もいなくなったからこそ帰れると考える男と家族の話ができないかなと思ったんです」と出発点を語る監督。ドキュメンタリーではなくフィクションで撮るのは自然な流れだった。

大きな決断に迫られたのは、実際に福島で撮るのかということ。「モラル、健康の面でも、どうなんだろう」という葛藤の末、福島での撮影が敢行された。「背中を押した理由のひとつは自然でした。圧倒的な自然の美しさを見て、それでもここには人が住めないんだという事実に、目に見えない放射能の怖さを肌で感じたんです。だからこそ、自然を美しく撮ることにはこだわりましたね」。

もうひとつ、監督の心を捉えたのが人の全くいなくなった商店街だった。「その場に立った時、動けなかったんです。人がいなくなるというのはこういうことなんだと、何とも言えない気持ちになった。そしてこの空気感は作れない、ここで撮らなければと思ったんです」。俳優たちも足を運んだ。

「商店街での撮影があるケンイチと山中崇が着いたとき、やはり僕と同じ気持ちになったようです。当時そこは時間制限付きの立ち入り許可エリアで、放射能の数値もすごく高かったんですが、あそこでの撮影は全くない(田中)裕子さん、内野(聖陽)、(安藤)サクラも行きたいというので案内しました。立ち尽くしていましたね。あそこで感じたことは、彼らのほかのシーンに出ていると思います」。

ドキュメンタリーを撮り続けてきた監督だからこそ撮り得た映像の力が、本作には宿っている。

『家路』
ブルーレイ&DVD 9月17日(水)発売
販売元:ポニーキャニオン
取材・文・写真:望月ふみ

もうすぐ我が家にも到着予定♪わくわく~


2014.7.4記述

松山ケンイチ主演作『家路』、特典満載でBD&DVDに 久保田直監督のコメントも到着!

松山ケンイチを始め、内野聖陽、田中裕子、安藤サクラなど豪華キャストの共演が実現した感動のヒューマン・ドラマ『家路』が、豪華な特典満載で9月17日(水)、Blu-ray&DVDで発売が決定。同作のメガホンを握った久保田直監督の慈愛に満ちたメッセージも届いた。

 同作はベルリン映画祭公式出品作品で、震災の影響で立ち入れなくなった福島を舞台に、3.11後、突然帰郷した弟の影響で揺れ動く一家の姿を追った感動ドラマ。日本の原風景と言っても差支えない厳しいながらも美しい福島の自然の中で、“家族とは”“生きるとは”“人間の誇りとは”“命とは”を観る者に優しく問いかけ、その先の未来をも見つめる必見作だ。

久保田監督は、「人は誰と、何処で、何をして生きていくのが幸せなのか。この映画は、家族の物語であり、個人の選択の物語でもある。土に生かされてきた人々が、土を失った。その時、福島は『考える大地』になった。ここから始めよう。人間の未来は、愛しさは、ここに有る筈」とコメント。大災害に負けず人生を再始動する家族のドラマに想いを託す。

また映像特典として、メイキング、劇場公開時のナビゲーション番組やドキュメンタリー番組、ベルリン映画祭やプレミア試写会などのイベント集を収録予定。初回生産版は、スペシャル・アウターケース付で、豪華インタビュー&フォトブックレット(16P)も封入する予定。バラエティー豊かな特典の数々とともに映画のテーマを見つめてみて。

<『家路』Blu-ray&DVD/リリース情報>

【セル】ブルーレイ(2枚組) ¥5,500(本体)+税
【セル】DVD(2枚組) ¥4,500(本体)+税

発売日:9月17日(水)
発売元・販売元:ポニーキャニオン ※レンタル版同時リリース!
(C) 2014年「家路」製作委員会

なるべく早く予約したほうがいいかもしれませんね。問題はどこで注文するか…それはそれぞれ考えて予約してくださいませね~♪

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .