感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2014.8.7記述

017_201408070618157d4.jpg


笹本稜平の小説『春を背負って』のスピンオフ作品「ゴロさんのテラス(全5話)」が無料公開される。第1話は雑誌『ダ・ヴィンチ』9月号と、「ダ・ヴィンチニュース」で、2話以降はJTが運営するWEBサイト「ちょっと一服ひろば」での公開となる。

『春を背負って』は父の遺志を継いで山小屋の若き経営者となった長嶺亨を主人公とした、6編からなる爽やかな山岳連作小説集。2014年6月に、木村大作監督、松山ケンイチ主演で映画化された。

 今回無料公開されるスピンオフ「ゴロさんのテラス」の主人公はホームレスのゴロさんこと多田悟郎。会社が倒産し借金を抱えホームレスになりながらも、その生活を受け入れて生きてきたゴロさんは、あることから父親の後を継いだ長嶺亨の山小屋を手伝うことになる。その若き山小屋の主である亨も会社を辞めて山に入ってきた人間だった。亨はかつて電気メーカーで半導体の研究職についていたが、個人を正当に評価しない会社への失望から仕事への意欲をなくし自殺を考えるほどに追い込まれた過去があった。

 第1話では山小屋でのゴロさんの生活と、ゴロさんが亨を手伝うことになったあるきっかけが描かれる。今回でJT「ちょっと一服ひろば」は第11回目を迎える。各作品では、公園の広場や、レストランの喫煙コーナーなどさまざまな「一服ひろば」が描かれてきたが、今回の「一服ひろば」は過去最高の眺望を持つ意外な場所が描かれる。

JT「ちょっと一服ひろば」『春を背負って』番外編 ゴロさんのテラス

第一話はこちら
第二話は
こちら
第三話はこちら
第四話はこちら
第五回はこちら

こちらはあくまでも原作のその後の物語になっています。6年も経っているようですが、ゴロさんの勇夫さんそして亨に対する思いがじんわりしてきます。早く続きが読みたいです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .