感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2011年12月に亡くなった森田芳光監督の映画『の・ようなもの』(1981年公開)のその後を描く新作『の・ようなもの のようなもの』に主演することがわかった。 公開は2016年1月16日。


【松山ケンイチのコメント】
『の・ようなもの のようなもの』の世界に自分が入る事がとても不思議で同時に光栄にも思います。今回の殆どの出演者が森田作品経験者なので、その中で仕事が出来る事もとても喜ばしく思っております。きをてらわず人間そのもののおかしさが出せたらなと思っています。とにかく真っすぐに役と向き合おうと思います。落語に出会えたのもこの作品のおかげです。落語も存分に楽しみたいと思います。

【杉山泰一監督のコメント】
最初は正直抵抗があったんですが、プロデューサーから「自分のやりたいものを自由に発想して」と言っていただき、堀口氏とともに本づくりをしていく上で、自分のこういう世界観だったら行けるかなと思うようになり、覚悟を決めました。森田監督には16本つきましたが、ポジティブな発想が得意な監督でしたから、自分もポジティブに行こうと切り替えました。気心知れたキャスト、スタッフばかりなので、リラックスして現場に臨めています。天気を除けば、これ以上ないくらい順調に進んでいます。松山君は、純真にその役になりきれるところが魅力です。この企画を考えた時点で、主役は松山君しかいないと考えていましたので、彼が引き受けてくれたことが、このプロジェクトの大きな要因になっています。

この映画を作る上での想いとしては、最初に『の・ようなもの』が根底にあった時に、森田監督の映画自体も、落語家は登場するけれど落語の話ではなく、いわゆる、<人間はみんな面白い>という監督の基本的なコンセプトがあったので、それをしっかり踏襲して、自分らしい作品にしたいと考えています。もう一つは、落語というのは想像する芸能じゃないですか、映画もこうだって決めつけるような話ではなくて、お客さんに自由に想像してもらえるような、そんな映画になればいいなと思っています。






おめめ、キラッキラしてますね。志ん田♪セクシーショット?ありーの、やはり走らさせていますね~でもこんかいもちゃんと志ん田の走りになっていますね。弱っちい感じなのに二の腕など結構筋肉あったりして…予告編だけでも楽しくなってきました。森田イズムの継承も含め楽しみ楽しみ。


「の・ようなもののようなもの」公式サイトはこちら
公式ツイッターはこちら
公式Facebookは
こちら


最終更新日:2015.12.24

2015.12.24記述

松山ケンイチ「新宿末廣亭」で大喜利のようなもの披露



いやぁ、あまりの次回作の為の仕上がりの良さに戸惑います(変な意味ではなくて)
でも、がっつり堪能できて嬉しいです。楽しそうにプロモーションをしているのは見ててもハッピーな気持ちになりましょね。
しかし、取材された方々は本当に大変だったことと思います。本当だったら本人もこのような場に今出たくはないと思いますが、仕方ありませんよね。お仕事ですし…。早く劇場に会いに行きたいです。あと少しですね。



2015.11.22記述
公式サイトより

11月25日発売『小説 の・ようなもの のようなもの』

ノベライズ



「小説 の・ようなもの のようなもの」
原案:森田芳光 脚本:堀口正樹 著:會田望
角川文庫刊 定価640円(税抜)

本屋さんに行くと色んな作品の原作やノベライズが並んでいるのを見ると確認しちゃうんですよね~(笑)
出てないのに…でもあと少しでノベライズが出るということでこれは俄然楽しみジャマイカスルメイカ。

2015.9.12記述
映画ナタリーより

松山ケンイチ主演「の・ようなもの のようなもの」、笑顔あふれるポスター公開


松山ケンイチが主演を務める「の・ようなもの のようなもの」の公開が2016年1月16日に決定し、あわせてポスタービジュアルが公開された。

本作は、2011年12月に急逝した森田芳光の監督デビュー作「の・ようなもの」の35年後を描くヒューマンドラマ。森田の監督作に多く携わった杉山泰一が初メガホンを取り、まだ二つ目にもなれていない落語家・出船亭志ん田が、同じ一門に在籍していた志ん魚を探すため奮闘する姿を追う。師匠・出船亭志ん米の自宅に寄宿する志ん田を松山が、彼が思いを寄せる志ん米の娘・夕美を北川景子が演じる。また志ん米役の尾藤イサオをはじめ、「の・ようなもの」に出演していた伊藤克信、でんでんらが同じ役柄で登場する。

笑顔でベンチに座る松山、北川らの姿が切り取られたポスターには、「人生迷ったら、楽しい方へ。」と作品を象徴するようなコピーが。また佐々木蔵之介、ドランクドラゴンの塚地武雅、三田佳子ら森田作品に出演経験のある役者陣の朗らかな表情が切り取られている。

1月26日に公開決定ですね~。
ポスターも森田イズムが出てますよね(^O^)そしてなにより、出演者たちが森田組が沢山。凄いですね。贅沢ですねぇ。これは航海ますます楽しみ♪

2014.9.17記述
シネマトゥディより

松山ケンイチ、森田芳光監督へのオマージュ作品で主演!『の・ようなもの』のその後描く


俳優の松山ケンイチが、2011年12月に亡くなった森田芳光監督の映画『の・ようなもの』(1981年公開)のその後を描く新作『の・ようなもの のようなもの』(仮題)に主演することがわかった。森田監督の遺作となった『僕達急行 A列車で行こう』でも主演を務めた松山は、今回の抜てきに「とにかく真っすぐに役と向き合おうと思います」と意欲を見せている。


 『の・ようなもの』は、森田監督の劇場デビュー作でもある青春映画。ソープ嬢・エリザベスと惹(ひ)かれ合いながら、高校生の由美とも付き合う二ツ目の若手落語家、志ん魚(伊藤克信)を主人公に、東京の下町に生きる若者たちの姿を温かな視点で描く。


 新作『の・ようなもの のようなもの』(仮題)では、『の・ようなもの』のその後の物語が展開。現代の東京を舞台に、松山ふんする落語家一門に入門した若者・志ん田が、師匠の志ん米から、かつて一門に在籍していた志ん魚を探し出すように頼まれ、かつての門下生を訪ねる姿を描く。


 森田監督を慕うスタッフとキャストが集結した企画となり、主演を務めることに松山は「とても不思議で同時に光栄にも思います」とコメント。志ん魚役の伊藤をはじめ、志ん米役の尾藤イサオ、志ん水役のでんでんら、前作キャストが集結しており「ほとんどの出演者が森田作品経験者なので、その中で仕事ができることもとても喜ばしく思っております。きをてらわず人間そのもののおかしさが出せたらなと思っています」と意気込みを語っている。


 監督は、『の・ようなもの』から多数の森田作品で助監督を務めた杉山泰一。この企画に最初は抵抗があったというが、三沢和子プロデューサーの「自分のやりたいものを自由に発想して」という言葉でメガホンを取ることを決意。主役については「松山君しかいない」と考えていたといい、「彼が引き受けてくれたことが、このプロジェクトの大きな要因になっています」と感謝を述べている。


 今月5日に栃木県日光市でクランクイン。月末にクランクアップを迎えた後、年内の完成を予定しており、今月21日に東京都港区で行われる落語会の撮影では、500名のエキストラを専用サイトで募集している。(編集部・入倉功一)

情報解禁嬉しいですよね~。
噺家の役、落語をするシーンあるのかな?(笑)
来週の日曜日のエキストラはかなりの人数募集しているようなので関東にお住まいの方はいかがでしょうか?
これからの情報も楽しみですわ、わくわく♪

クランクイン!より

松山ケンイチ、森田芳光監督へのオマージュ作品で主演


惜しまれながらも2011年12月に急逝した森田芳光監督。この度、その森田監督のデビュー作である『の・ようなもの』(81)のその後を描くオマージュ作品『の・ようなもの のようなもの(仮)』の製作が決定。主演は、森田監督遺作となった『僕達急行 A列車で行こう』(12)の松山ケンイチが務める。

 森田監督の死から2年半が経過した今、彼を慕う旧知のスタッフとキャストが集結し、遂に始動した企画が本作。東京・下町を舞台に落語家のようなもの“二ツ目(真打になる前の卵)”の青春を軽妙なタッチで綴った『の・ようなもの』の、その後を描くオリジナル作品だ。

 本作は、『の・ようなもの』から、森田監督作の16作品で助監督・監督補を務めた杉山泰一の監督デビュー作。常日頃から森田監督に「監督にならなきゃだめだ」と言われていた杉山が遂にメガホンを取った。

 主演を務める松山は、落語家一門・出船亭に入門した内弟子修行中の志ん田(しんでん)に扮する。「きをてらわず人間そのもののおかしさが出せたらなと思っています。とにかく真っすぐに役と向き合おうと思います。落語に出会えたのもこの作品のおかげです。落語も存分に楽しみたいと思います」と森田組が再集結した作品への思いを語っている。

 さらに、『の・ようなもの』に出演していた伊藤克信、尾藤イサオ、でんでんも、同じ役柄で登場するほか、森田組に縁のあるキャストの出演も予定。

 『の・ようなもの のようなもの(仮)』は2015年全国公開。

ケンちゃんじゃないと成立しない作品だといわれることの幸せな事…
二ツ目だから落語も下手でも問題ないしね(^_^)家でもなんか落語の練習してそう?(笑)
「の・ようなもの」のメンバーも登場(その当時の役のまま)と言うのも何だか嬉しいですよね。
どんなドタバタな物語が展開するのか久し振りに「の・ようなもの」見たくなってきた。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .