感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2014.12.5記述
映画.com ニュースより

新藤兼人賞001



新藤兼人賞・SARVH賞2014の授賞式が12月5日、東京・丸の内の東京會舘で開催され、受賞者及び映画関係者が多数参加した。

日本のインディペンデント映画の先駆者である新藤兼人監督の名前を冠した新藤兼人賞(今年で19回目)は、独立プロダクション54社で組織される協同組合・日本映画製作者協会に所属するプロデューサーが「この監督と組んで仕事をしてみたい、今後この監督に映画を作らせたい!」という観点で、その年度で最も優れた新人監督を選ぶもの。他の映画賞とは全く違う選考基準を持ち、現役プロデューサーのみが審査員を務める日本で唯一の新人監督賞だ。過去には是枝裕和、李相日、宮藤官九郎、沖田修一、呉美保といった監督が金賞を受賞し羽ばたいている。

対象作品は、2013年12月~2014年11月に公開された劇場用実写長編(60分以上)映画であること、監督がデビュー(劇場公開長編実写映画)から3作品目以内であること。14年度は144作品が審査対象となり、金賞(賞金100万円)に「家路」の久保田直監督、銀賞(50万円)に「小川町セレナーデ」の原桂之介監督が選ばれた。審査委員長は豊島雅郎氏(アスミック・エース)、審査委員は甘木モリオ(シネバザール)、臼井正明(シネムーブ)、桝井省志(アルタミラピクチャーズ)、山上徹二郎(シグロ)が務めた。

「家路」が劇映画デビュー作となった久保田監督は、「約30年ドキュメンタリーを中心に手がけてきたが、ドキュメンタリーでは出来ないことをやろうと思った。そして、劇映画に魅了され、また作りたいと思っていた時にこの賞を頂き、必ず次も作るぞ! という励みになった。賞の名に恥じないように精進していきたい」と感謝の意を述べた。また、「『家路』は家族の普遍的な出来事を描いたが、舞台となった福島の状況(震災後)は今も根本的に変わっていない。震災を風化させないためにも息の長い作品になって欲しい」とした。

同じく「小川町セレナーデ」が劇映画デビュー作となった原監督は、「オリジナルが映画の面白味のひとつだと思っていたので、小さい作品だが選んでもらえて本当にありがたい。オリジナル企画に賛同してくれたプロデューサーやみんなの協力が大きな励みになった」と受賞の喜びを語った。

なお、その年度(12月~11月の劇場公開作品)の優秀な作品の完成に大きな貢献を果たしたプロデューサーまたは、企画者を顕彰するSARVH賞(一般社団法人・私的録画補償金管理協会)は、「海を感じる時」の成田尚哉プロデューサーと、PFFスカラシップの天野真弓プロデューサーが受賞した。

華やかな賞がとれれば嬉しいけれど、こうしたしっかりとした賞をいただける事、作品としてちゃんと評価してくれたことはうれしいですよねやっぱり。これから先もこの作品は普遍的なメッセージがあると思います。沢山の人が永く観ていただける作品となれば尚嬉しいですよね。久保田組の皆様おめでとうございます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .