FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
標高3,000mの大自然に描かれる
2014.12.17記述
マイナビニュースより

1 『劒岳 点の記』の次作を求めて

BDパッケージ001


『八甲田山』『復活の日』『誘拐』『鉄道員(ぽっぽや)』など日本映画史に残る珠玉の名作で手腕をふるってきたキャメラマン・木村大作氏。2009年には初監督作品となる『劔岳 点の記』が大ヒットを記録し、日本アカデミー賞最優秀監督賞・最優秀撮影賞ほか多くの賞を受賞した。それから約5年、待望の最新作となる『春を背負って』が2014年6月に公開された。

笹本稜平氏の同名小説を原作に、山に生きる人々の"家族"の物語を描いた『春を背負って』。立山連峰の3000mを超える大汝山に建つ山小屋を舞台に展開される本作は、木村監督こだわりの演出と撮影によって、圧巻の映像美を見せつける。

出演者は、主人公・長嶺亨を松山ケンイチが演じるほか、菫小屋(すみれごや)で働く従業員・高澤愛を蒼井優、菫小屋(すみれごや)で働きながら亨の成長を見守る多田悟郎を豊川悦司、亨の母親・菫を檀ふみ、亡き父・勇夫を小林薫が扮し、さらに新井浩文、吉田栄作、安藤サクラ、池松壮亮、仲村トオル、市毛良枝、井川比佐志、石橋蓮司など個性的な実力派の俳優たちが揃っている。

そんな『春を背負って』がBlu-ray/DVDとなって2014年12月17日にリリースされる。そこで今回は、Blu-ray/DVDの発売を前に、本作のポイントや近況をあらためて木村大作監督に振り返ってもらった。


原文はこちら


木村大作監督が語る『春を背負って』


マイナビニュース001


――『春を背負って』の監督をするのが決まった経緯を教えてください

木村大作監督「決まったというより、自分が考えたことだからね(笑)。『劒岳 点の記』が2009年に公開された。この映画で、俺は映画界からおさらばするんだ、死んでもいい、みたいなことを言ってたんだけど、いざ終わってみると、明日からどうして生きていけばいいんだろうって。なので、もう一本くらい良いだろうということで、いろいろ考えたところ、やっぱり新田次郎だろうと。新田さんの本はすべてがドキュメントで、大好きだから、次は『孤高の人』をやりたいと思って、本も書いたし、ロケハンにも行った」

――もうほとんど決まっていた感じですか?

木村監督「あとはクランクインをいつにするか、くらいの話まで決まっていた。原作を読めばわかるとおり、加藤文太郎という大正から昭和にかけての登山家が、冬の日本アルプスをあちこち初めて縦走する。それも単独行で。それを読んで、これだと思った。『劒岳 点の記』よりもしんどい、大変な映画になると思ったとき、これだと思ったわけですよ」

――さらにハードルを上げたかった

木村監督「そういうもんですよ、やっぱり。それで、夏にロケハンをやったんだけど、夏でも相当に大変なところなんだよ、槍ヶ岳は。それが冬になると思うと……。富山から長野まで10日間、単独行で縦走するんだけど、考えるだけでも大変だよね。これを実際にやったら死ぬなと思った。自分は死んでもいいけど、スタッフや俳優さんをそんな目にまで遭わせるわけにはいかない」

――それで『孤高の人』はあきらめたわけですね

木村監督「自分の判断でやめにしたんだけど、そうしたら言われましたよ、『誤魔化してやればいいじゃない』って(笑)。でも、『劒岳 点の記』のあとに、誤魔化しの映画は撮れない。俺は、そういうのをけっこう気にするんだよね。そう言いながらも、一応、誤魔化すための場所も見にいった。通年でやっている山小屋があって、ロープウェイもあったりするんだけど、そこで撮っちゃうと、そこばかりになってしまう。もちろん、そういうのを誤魔化しながら撮るのが映画なんだけど、自分の精神にはどうもあわない。なので、『孤高の人』はやめちゃいました」

2 『春を背負って』との出会い


――そして、次に出会ったのが『春を背負って』

マイナビニュース002



木村監督『それで、新宿の本屋さんで何となく本を探していると、『春を背負って』という本があった。そのときは、映画化のための本を探していたわけではなく、ふらっと立ち寄って、棚を眺めていただけだったんだけど、タイトルが気になってね。『背負って』という言葉が好きなんですよ、昔から」

――キャメラを背負ってみたいなことですか

木村監督「それもあるけど、やっぱり人生は何かを背負って生きているもんだよ。俺なんかもう倒れそうだもん、重さで(笑)。それで、いいタイトルだなと思って読んでみると、たまたま山小屋の話だった。原作は奥秩父なんだけど、奥秩父は2,000m台だから、やっぱり3,000mのほうが画のスケールがすごい。だから原作者に会って、立山に変えたいと。それがダメだったら映画化はしないという話をしたら、ぜひ映画にしてくださいということだったので、原作者の了解をとって、話を進めていったわけです」

――偶然の出会いだったんですね

木村監督「今考えると、『春を背負って』は、大汝山の山小屋にたどり着けば、そこで生活しながら撮れるわけですよ。それに比べると、しんどさは『劒岳 点の記』のほうが上だよね。25箇所もあちこちの頂にいったわけだから。まあ、楽といえば……決して楽じゃないよ、楽じゃないけど、これだったら映画が撮れると思った。で、周りもそれに乗ってくれて、映画を作ったわけだけど、そういう映画の作り方は良くないなっていうのが、今の反省点だね」

――良くないというのは?

木村監督「『劔岳~』に比べて、あまりお客が来なかった(笑)。僕はね、普通の監督とは違うかもしれないけど、賞をとってもあまり嬉しいと思わない。やはり多くの人が観てくれたということのほうが嬉しい。それはキャメラマンをやっているときから同じで、その映画が賞を取ったり、自分が撮影賞を取ったりするよりも、いっぱいお客さんが観に来てくれたというほうが記憶に残っているし、嬉しいよね。そういうところがものすごく如実に出るもんで、あまり人が入ってないなっていう印象があったので、6月14日の封切りから今まで、ほとんど家から出ていない。家に篭って、歯医者に行ったり、読書をしたり……みたいな感じ(笑)」

――意外と監督にとってダメージが大きかったと

木村監督「あらためて思ったのは、映画作りというのは、多くの人が観に来てくれないと、相当にショックなんだなって。僕は二作目だけど、いろいろな監督が、当たったり、こけたりしながらも、監督生活を続けているのを見て、逆に感心した(笑)。もちろん、『春を背負って』は、こけたというわけではないんだけど、『劒岳 点の記』と比べると少ないよね。だから、監督には向いてないと思った」

――監督としての精神的な部分ですね

木村監督「一作目、二作目と、自分の思ったことをやったわけだけど、また違うものをと思っても、なかなか身体の中から出てこない。たとえば、黒澤明さんなんかは、次から次にアイデアが出てくる人だった。例えば『七人の侍』。あの作品も、きっかけは日本で西部劇をやってやろうということでしょ。それで、アメリカ映画の西部劇には雨がないから、最後を雨にした。そういうことで一千万以上の人が入っているわけですよ。それからいろいろあって、この辺で一発面白いものを作ってやるといって『用心棒』を作った。だから、そういう心境になりたいという気持ちがある。もし、次の映画を撮るんだったら、たくさんの人に観てほしいよね。でも、だからといって、今の流行にゴマをするような映画はやりたくない。作品名を出すといろいろ問題があるけど、今の世の中で受けている映画をやりたいとは思わない。自分がやりたいと思う作品をたくさんのお客様に観てもらいたいわけですよ

――今はそれを探している途中ということですね

木村監督「やりたいものがまったくないわけじゃなくて、これまでにも2、3本あったんだけど、『どれくらいお金がかかりますか?』って言うから、金額を言ったら、それっきりだもん(笑)。製作費のかかる作品は、今の映画界では本当に難しい。やっぱり向こうは商売だから。現実的な予算感で、俺が出来るもの、やりたいものは何かと考えて、最近やっとまとまりだした感じだね。今日もちょっと偉い人と話したんだけど、まあ乗ってこない(笑)。そういうやりとりをしていく中でも、突然に思いつくこともあるので、今はそれを待っているところがある」

――ひらめきですか?

木村監督「そう。それをずっと待っている感じだね。これまでの2本もそうだったから。『劒岳 点の記』も『春を背負って』も突然に下りてきた。『劒岳 点の記』は、撮影旅行で能登半島に行った帰りに、一回、劒岳を拝んでみようと思って撮影したんだよ。それでこれを映画化したいと思って作ったんだから、本当は世の中にもっと出て行かないとダメなんだよな。今、月に2回くらい、地方で講演があるんだけど、そのときはいつも車で行くようにしている。そうすることで、何かが出てくる可能性があると思っているんだよ。あとは、DVDが売れてくれると、次の企画が言いやすい(笑)。だから、こうしてお願いしてるんだけど、この業界は、本当に損得勘定がすべて


3 家族と一緒に落ち着いてみてほしい


――現在、監督が探している題材は、やはり山や風景などは鍵になっているのでしょうか?

マイナビニュース003


木村監督「いや、山はちょっとしんどいかな(笑)。『劒岳 点の記』が70歳で、『春を背負って』が75歳。次に封切られるのはたぶん80歳だよ。75歳を過ぎると、体力が心配なので、次は違うものをやりたいんだけど、やっぱり山になるかもしれない。"山三部作"なんて良いと思うんだけどね。次にもし"山"を題材にするなら、誤魔化して撮る(笑)。今までは絶対に誤魔化さずに撮ろうと思っていたんだけど、それはそれで、映画の持っている本来のカタチだと思うんだよ」

――山の題材がひらめけば誤魔化して撮るわけですね(笑)

木村監督「だから、今は何か良いものがないかといろいろ探している。1日、2日くらいで長編一冊読んじゃうからね。この4カ月でものすごい量の原作を読みましたよ。読んだ本を、本棚に入れずに、ずっと並べてあるんだけど、もう部屋の端から端まで埋まっちゃってる。それを見ると、俺も勉強家だなって思うんだよ(笑)」

――あくまでも、ピンと来る原作を探している

木村監督「そう。だから、現代物はあまり読んでいない。現代物は俺の精神にフィットしないんだよ。何だか知らないけど、殺人の話ばっかりだし……読む気がまったくしない。やっぱりドキュメンタリか時代物がいいね。気に入ると、その小説家の本ばっかり読んじゃう。本屋で探すときも、題名じゃなくて、小説家の名前で探すくらい。そういう意味では、誰かにすがっているところがあるのかな。その本には書かれていない精神的なものが、他の本にあるかもしれないと思って、いろいろ探しちゃうんだよね。そういう意味でも、時代劇とかの精神状態が好きだなあ。現代劇をあまり読まないのは、何か違うと思っちゃうんだよ。何かキレイじゃない」

――現代劇は、あえて汚れたところをみせている感じがありますよね

木村監督「それが嫌いなんだよ。汚れだけがドラマじゃないだろうって。そんなものは人生の中の一瞬だし、特定の人だけですよ。基本的には、そんなに劇的なことばかりが起こるわけがない。そんなことを思ったりするので、何も自分の中に入ってこない。だいたい、小説って5ページくらい読むとわかるんだよ。5ページ読んでダメだと思ったら、絶対にダメだと思うのでもう読まない。そういう意味では、小説家にこだわっているとだいたい同じような書き出しになるから、結局全部読んじゃう(笑)。その小説家が好きで読んでいるんだから、半分くらい読んで面白くなくても、確実に後半は面白くなるという期待感や安心感がある。そして実際、ちゃんと面白くなるんだよ」

――ちなみに、監督は映画を観るとき、やはりキャメラマンとしての視点で観ていらっしゃるのでしょうか?

木村監督「普通に一般の映画観客として観てますね。だから、基本的にはキャメラとかは気にしない。やっぱり、観客を引き込ませる作品というのは、キャメラや監督の演出とかじゃなくて、その映画がすごいんだと思うし、だから観るんだと思うな。ただ、何だこれって思う作品だったら、逆にキャメラが気になったりする(笑)」

――『春に背負って』がBlu-ray/DVDとなってリリースされますが、あらためてBlu-ray/DVDで観てもらいたいポイントはありますか?

木村監督「DVDやBlu-rayだと、じっくり観られるのが良いよね。映画館だと、興奮したり、夢中になったりするけど、Blu-rayだったら、家でタバコを吸いながら、安楽椅子に座って、落ち着いて観られる。場合によっては途中で止めて、トイレに行ったりもできる。そういう安心感があるから、すごく観やすいと思う。自分から、Blu-rayで観たほうが良いよなんて、あまり言っちゃいけないんだけど、今の映画館はあまり好きじゃないんだよ。というのも、3D以降、シルバースクリーンになっちゃって、基本的には明るい。でも、自分の家だったら調整できるじゃない。俺は家で映画を観るとき、部屋を暗くしてみるんだよ。プラズマテレビの後ろにブラックのカーテンを引いたりして。それがすごく観やすいだよなあ」

――それでは最後に読者の方へのメッセージをお願いします

木村監督「『劒岳 点の記』は観たけど、『春を背負って』は観ていないという人がたくさんいると思いますが、映画の質としては、『春を背負って』のほうが上じゃないかといってくださる方も多い作品なので、まだ観ていない人にはぜひ観てもらいたいね。できればBlu-rayで、ちょっと部屋を暗くして、落ち着いて観てもらいたいし、できれば家族と一緒に観てもらえるといいなあ。『春に背負って』はそういう映画だと思うので、ぜひ家族と一緒に落ち着いて観てください」

――ありがとうございました

『春を背負って』のBlu-ray/DVDは2014年12月17日の発売。"豪華版"となるBlu-ray版は、本編Blu-rayと、未公開映像満載の特典Blu-rayとの2枚組みで、価格は5,700円(税別)。DVD版は1枚組で、価格は3,015円(税別)となる。

私は「春を背負って」好きです。1留めより2度目、なんだか最後若い2人が家族と友人に見守られながらクルクル回るシーンからエンディングロールで涙が止まらなくて、見るごとに酷くなっちゃって困りましたが、映像、そしてキャラクターの1人1人が暖かくて…

だから「劔岳」と比べて興行成績が悪いと言うのはなんだか監督に申し訳なく感じてしまっちゃって(私が悪い分けではないんだけど)でもようやくBDが届くのでうれしくて待ち遠しいです。また亨ちゃんやゴローさん、愛ちゃんに会えると思うと。

監督もめげずに元気で次の作品楽しみにしています。是非、木村監督の作品やキャメラマンとして参加している作品を多くのひとにも観ていただきたいなと思う。本当に凄いですよ。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .