感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2014.12.26記述
VenusTapより

原文はこちら

前回ご紹介した「“なぜイケメン扱いなの?”と思う芸能人ランキング【女性目線編】」では、女性にとって“塩顔男子はイケメンではない!?”という意外な結果が明らかとなりました。では、男性が考える“イケメン”とはいったいどのような顔のことを指すのでしょうか。

今日は、『VenusTap』が10代~40代の男性300名に「個人的にはイケメンだと思わない芸能人」についてアンケート調査を実施(協力:クリエイティブジャパン)。気になる本音を伺って参りましたよ~!

zakzak001_2014122612423305c.jpg


“背の高さ”が肝心!? ちょっぴり首をかしげてしまう人気芸能人
「なぜイケメン扱いされているのか疑問な芸能人は?」と質問したところ、以下のような結果になりました。

第1位:綾野剛
第2位:松山ケンイチ
第3位:山本裕典
第4位:藤ヶ谷太輔
第5位:小栗旬

第1位にランクインしたのは、綾野剛。その理由として多く挙がっていたのが、「色んな役を演じているので、本来の顔がよくわからない」という声でした。「同じような顔の人は他にもいるような……」と、彼の魅力は“顔”以外であるとの声が非常に多かったですね。

また、第2位の松山ケンイチをセレクトした理由については、「無骨なイメージ」「渋い人って感じ」など“イケメン”とはやや違う軸での特徴が印象強いようです。「個性的ないい俳優さんだとは思うけど、イケメン俳優って言われるとちょっと違う」との声が数多く寄せられていました。

そして、意外にも第3位には女性目線ランキングには入っていない山本裕典の名前が。「ひとつひとつのパーツがキレイだとは思うけど……」ということで、男性の考える“イケメン像”に、色白で中性的な雰囲気はそぐわないようでした。

このことからわかる、男性視点の“イケメン”ポイントとは……?

女性のランキングでは4位だった向井理、そして5位だった東出昌大が外れていることから、男性にとっては“身長が高い人はイケメン”という印象が強いことがよくわかります。女子がよく言う「背の高い人はカッコイイ」という意見が響いているのか……?

また、先にも少し記載しましたが、全体的に見て“様々な役に扮することのできる、顔の造りも色素も薄めの俳優さん”が上位に名を連ねている印象を受けいます。「こんな顔はちょっといない!」という唯一無二の顔立ちこそが、男性にとって“真のイケメン”なのかもしれませんね。

顔が良すぎる(巷でイケメンと思われている人?誰かわからないけど)と役が制限されてしまうと思うんですよね。
「渋い」とか「無骨な感じ」なんて、本人にとってはこの上ない褒め言葉なのかもしれませんよ(笑)単なる若手俳優ではなく、大人の俳優として一般の男性の人達も見ていると言う結果だと思うので、早く大人になりたいと思うケンちゃんにとっては嬉しい言葉だと思いますし(^O^)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .