FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2015.3.21(土)NHK総合午後9時から放送予定の放送90年ドラマ「紅白が生まれた日」の関連情報です。



放送90年を迎える2015年。NHKでは放送90年ドラマの第1弾として、“紅白歌合戦“誕生秘話をドラマ化。NHK内の資料や当時を知る人々への取材を基に、4Kで制作する。

【ストーリー】
昭和20年の大晦日、終戦からわずか4か月後の大みそか。
「紅白歌合戦」の前身となった番組が放送された。その名は、「紅白音楽試合」。
今や国民的行事となった「紅白歌合戦」だが、その発端は、一人のディレクターのちょっとしたひらめきと情熱だった―――。GHQの占領下、傷ついた人々に歌声を届けようと、奮闘するスタッフや歌手たちの悲喜こもごもの人間模様を描く物語です。




「紅白が生まれた日」公式サイトはこちら

最終更新日:2015.3.17




2015.1.29記述
サンケイスポーツより

松山ケンイチ、紅白誕生ドラマでリハ見学「熱気も表現できたら」


俳優、松山ケンイチ(29)が29日、横浜市の緑山スタジオで行われた主演するNHKスペシャルドラマ「紅白が生まれた日」(3月21日放送、後9・0)の記者会見に出席した。

 松山演じるディレクターが、紅白歌合戦の前身「紅白音楽試合」の立ち上げに奔走する物語。終戦直後の1945年8月から物語が始まるため、夏服の復員姿で撮影に臨んだが、実際は今月に茨城や栃木の野外でロケ。「ものすごく寒かった。でも子供たちは短パンで、僕もなった方がいいのかなと思った」と笑わせた。

 撮影にあたり、昨年の紅白のリハーサルを「ぜひ拝見したい」と志願して1時間見学したという松山。「その熱気も表現できたら」と意気込んだ。

あはは~、短パン姿ね(^O^)お茶目な事を言ってくれちゃって、全く。

ニッカンスポーツより

松山ケンイチが紅白歌合戦誕生秘話ドラマ


放送90年ドラマNHK「紅白が生まれた日」(3月21日午後9時)の会見が、29日、横浜・緑山スタジオで行われ、主演の松山ケンイチ(29)やmiwa(24)らキャスト8人が出席した。

 NHK紅白歌合戦の誕生秘話がドラマ化される。「紅白歌合戦」の前身番組で1945年の大みそかに放送された「紅白音楽試合」の立ち上げ経緯や奮闘するスタッフ、歌手たちを描く。当時の音源や台本は存在しなかった。資料集めだけで8カ月を費やした。当時を知る関係者への取材、局内のわずかな資料、外部の文献などを基に、脚色を加えた。

 松山は番組のため奔走したディレクター新藤達也役。昨年の紅白歌合戦のリハーサルを見学した松山は「あの熱気を表現できればいいと思います」と意気込んだ。

 miwaは、終戦後の大ヒット曲「リンゴの唄」などで知られ、01年に亡くなった歌手並木路子さんを演じる。シンガー・ソングライターとして2年連続で紅白に出場しているmiwaは「ものすごい志で紅白を立ち上げてくださった先人の方にすごく感謝の気持ちを抱きながら撮影に臨んでいます」としみじみ。劇中で歌う並木路子さんの「リンゴの唄」は「日本人の心を励ました大切な曲。その思い受け継ぐような気持ちで歌わせていただきたい」と話した。ドラマ初出演となる。

音源がない…そうだよね。テレビドラマのテープすらも上書きしてないみたいだから。戦後すぐとなると余計だよね。
でも、まだ御存命の方たちもいるからきっと色々役作りで勉強したんだろうなぁ。紅白のリハも見学して。本放送で審査員で出場したけど、裏方の仕事の様子このドラマに限らず色々興味深かったんじゃないかと。出演者と制作サイドではまた見た感じも変わってくるだろうしね。それが同放送で見えるのか視聴者としても楽しみ♪


クランクイン!より

本田翼、松山ケンイチ&星野源と「ずっとゲームの話をしてた」 ドラマ撮影を振り返る


20150129クランクイン005


NHK放送開始90年を記念し、4K制作でおくるスペシャルドラマ『紅白が生まれた日』。今月9日にクランクインし、31日にクランクアップを迎える本作の撮影中のスタジオで、主演の松山ケンイチ、共演の本田翼、星野源らキャスト総勢8名が取材に応じた。

 昭和20年、第二次世界大戦終戦からわずか4ヵ月後の大晦日に「紅白歌合戦」の前身となる「紅白音楽試合」がラジオ放送により行われた。本作では、戦争により傷ついた人々に歌声を届けようと奮闘するディレクター、新藤(松山)を中心に、スタッフや歌手たちが織り成す人間ドラマがコメディ色を交えて描かれる。

 主演の松山は「(役の)モデルとなった方の映像を見たのですが、(自分と)同じように猫背で、すごく小さい声でボソボソと話していて意外でした。でも中ではものすごく熱く燃えている物を持った人だと思い、それをちゃんと表現したいと思いながらやっています」と語った。

 GHQの通訳担当である日系アメリカ人・ジョージ馬淵役に扮した星野源は「今までにいただいたことのない、常にしかめ面のすごく難しい立場の役で、とても充実感を覚えています。同じNHKの『LIFE!』というコント番組では、ブリーフ1丁でほぼ全裸でコントをやっており、すごいふり幅だなと思っています」と会場を笑わせた。

 新藤に協力する女子放送員、光江役の本田はNHKドラマ初出演。「最初はドキドキしてましたが、みなさんが優しく接してくださって。松山さんと星野さんとは、同じゲーム好きで、ずっとゲームの話をしてました」とほほ笑んだ。

 取材会にはほかに、これがドラマ初出演となり、往年の大スター・並木路子役で「リンゴの唄」を歌うmiwaをはじめ、水の江瀧子役で久々にタキシード姿を披露する元宝塚の大空祐飛、小林隆、六角精児、高橋克実が出席した。

 NHK放送90年ドラマ 第1弾『紅白が生まれた日』は3月21日、NHK総合にて21時より放送。

あはは~。何か3人ともほんわかした感じだし、ゲームの話で盛り上がったって何だか楽しそうだなぁ~。


音楽ナタリーより

「とても光栄です」miwa&星野源「紅白が生まれた日」撮影に意欲


20150129取材会012


3月21日(土・祝)21:00からNHK総合でドラマ「紅白が生まれた日」が放送される。このドラマの取材会が本日1月29日に行われ、miwa、星野源ら出演者が出席した。

NHK放送90年ドラマの第1弾作品「紅白が生まれた日」は、「紅白歌合戦」の前身として、終戦からわずか4カ月後である1945年の大みそかに放送された「紅白音楽試合」の誕生秘話をドラマ化したもの。ドラマではGHQの占領下で傷付いた人々に歌声を届けようと奮闘するスタッフや歌手たちによる、悲喜こもごもの人間模様が描かれる。この取材会にはmiwaと星野に加え、松山ケンイチ、本田翼、小林隆、六角精児、大空祐飛、高橋克実と、制作統括を務める三鬼一希氏も登壇。撮影時のエピソードや役柄への思いなどを語った。


2年連続で「NHK紅白歌合戦」に出場しているmiwaは、「紅白音楽試合」で終戦後の大ヒット曲「リンゴの唄」を歌う歌手・並木路子を演じる。彼女は「戦後の厳しいアメリカの指導のもと、強い志で『紅白歌合戦』を立ち上げてくださった先人の方々に感謝の気持ちを抱きながら撮影に臨んでいます」とコメント。さらに「『リンゴの唄』は小さい子からお年寄りの方までみんながラジオを聴いて口ずさんでいた歌で、並木路子さんのこの歌がなかったらもしかしたら紅白の未来が少し変わっていたのかもしれないなと思うくらい大事な歌。初めてのドラマ出演で、第1回の『紅白歌合戦』の大切な歌を歌う役をいただけたことは、とても光栄ですごくありがたいことだなと感じています」と話した。



主にGHQの検閲に従事する部署CIEで通訳を担当する日系アメリカ人・ジョージ馬淵を演じる星野は「miwaさんと同じようにシンガーソングライター星野源として、そしてインストバンドSAKEROCKのリーダーとして、音楽活動をやっておりますが、今回は大人計画所属の俳優としてこのドラマに参加させていただきます」と宣言してから「今までいただいたことのないような役で、毎日演じていてすごく充実感を感じています。この役をやれて本当にうれしいです」と口にする。またNHKのコントバラエティ番組「LIFE! ~人生に捧げるコント~」に現在出演していることに触れ、「『LIFE!』ではブリーフ1丁、ほぼ全裸でコントをやっています。同じNHKの中で、こんな振り幅でやらせてもらえるのは自分ぐらいではないかと思っております」と記者陣の笑いを誘った。

なお主演を務める松山ケンイチは「紅白歌合戦」の企画立案、放送成功に尽力する放送協会のディレクター・新藤達也、本田翼は新藤の熱意にほだされ「紅白歌合戦」成功に協力する放送協会の放送員・竹下光江、小林隆は新藤と竹下の上司・松井志郎を演じる。また「紅白音楽試合」の紅組司会・水の江瀧子役は元宝塚・宙組の男役トップスターである大空祐飛、白組司会・古川ロッパ役は六角精児、新藤と旧知の人物で戦前剣道場を開いていた山田孝介役は高橋克実が務める。

miwaさんが演じる並木路子さんは偶然かどうか分かりませんがこのドラマの時、同じ年齢(24歳)なのです。
でもこうして見ると、あの時代の人達は今の人達よりも大人に見えますよね。私が小さい頃も、高校生と言えば凄く大人な雰囲気がしていましたが、実際自分がその人達の年齢になっても全然大人な雰囲気でもなくて、おばちゃんになった今でもやはりなんか…(汗)

地声で「リンゴの歌」を歌われているようなので、大変だったと思いますがどんな感じの歌声を聞かせてくれるのか楽しみです。


ORICONSTYLEより

miwa、ドラマデビューに「光栄」 「リンゴの唄」に使命感


20150129取材会002


シンガー・ソングライターのmiwaが29日、神奈川県内のスタジオで行われたNHKドラマ『紅白が生まれた日』(3月21日 後9:00)取材会に出席。ドラマデビューとなった同作で、終戦後の大ヒット曲「リンゴの唄」を歌う並木路子を演じるmiwaは「初めてのドラマ出演はありがたいですし、光栄なこと」と笑顔を見せ、「『リンゴの唄』は、戦後の日本人を励ました大切な曲。その思いを受け継ぐような気持ちで大切に歌いたい」と使命感をにじませた。

 今年は、日本でラジオ放送が開始されてから90周年となる節目の年。その関連番組の一つとして、毎年恒例の「紅白歌合戦」の誕生秘話をドラマ化する。

 終戦からわずか4ヶ月後の昭和20年(1945年)の大みそかに放送された、「紅白歌合戦」の前身となった番組『紅白音楽試合』。紅白の歴史をひも解きながら、GHQの占領下、傷ついた人々に歌声を届けようと奮闘するスタッフや歌手たちの悲喜こもごもの人間模様を描く。

 「紅白」の企画立案、放送成功に尽力した放送協会の放送員(ディレクター)をモデルにした新藤達也役で主演を務める松山ケンイチは「実際にモデルになった方の映像を見たら、猫背でボソボソ話す柔らかい印象の方だった。そういう人に限って、心のなかでは燃えていると思うので、どう表現するかを大事にしました」と演技のポイントを語っていた。

 そのほか、本田翼、小林隆、六角精児、大空祐飛、星野源、高橋克実が出席した。

昨年の8月以降から髪型が…伸びては役どころで丸刈りになりの繰り返しの最近のケンちゃん?ドラマの中ではズラをつけているのかはたまたこのままのスタイルなのか気になりますね。(笑)公式サイトは出来るのかな?早く少しでも良いから映像が見たい!この土曜日の土スタとかチェックしといたほうが良いかな?


2015.1.26記述
モデルプレスより

miwa、往年の歌手を熱演 “紅白歌合戦”誕生秘話を描く

シンガーソングライターのmiwaが、往年の歌手を熱演する。

miwa、往年の名歌手を熱演 “紅白歌合戦”誕生秘話を描く
NHK放送90年記念ドラマ第1弾「紅白が生まれた日」(総合テレビ/3月21日午後9時~)の第2弾キャストが発表され、miwaらが名を連ねた。紅白歌合戦の誕生秘話をドラマ化した同作は、終戦後まもないGHQ占領下、傷ついた人々に歌声を届けるべく奮闘するスタッフや歌手たちの悲喜こもごもの人間模様を描いたストーリーで、すでに松山ケンイチ、本田翼らの出演が発表されていた。

◆同局ドラマ初出演、miwaの演じる役柄

今回、NHKドラマ初主演となるmiwaが演じるのは、「紅白歌合戦」の前身となった音楽番組「紅白音楽試合」に出場する歌手・並木路子。戦争で家族を失ったことを理由に、「紅白音楽試合」への出演を一旦は断るも、紅白のために尽力する同局ディレクター・新藤達也(松山)らの熱意に翻意し、出場を決意。終戦後の大ヒット曲『リンゴの唄』を披露するという役どころに挑戦する。

また、miwaのほか、個性派俳優の六角精児、元宝塚トップスターの大空祐飛らが出演する。(modelpress編集部)


原文はこちら

どこかでケンちゃんとmiwaちゃんとの目撃情報がありましたね(^O^)そうかぁ~以外に並木路子さんを演じるのかぁ~「リンゴの歌」歌うんですねぇ。どんな感じになるのか楽しみです♪

2015.1.7記述
サンスポより

松ケン主演で紅白の誕生秘話ドラマ化「とてつもない力だったはず」


俳優、松山ケンイチ(29)が3月21日放送のNHKスペシャルドラマ「紅白が生まれた日」(後9・0)に主演することが6日、分かった。1945年の大みそかに放送され、NHK紅白歌合戦の前身となったラジオ大型音楽番組のディレクター役で、「敗戦ムードを明るくしたいという当時の情熱に、どこまで近づけるか」と武者震いしている。

昨年大みそかに放送された第65回紅白歌合戦。その話題が冷めやらぬ中、紅白の誕生秘話が初めてドラマ化される。

 今年ラジオ放送が始まって90年を迎えるのを記念して企画された。舞台となるのは終戦からわずか4カ月後の大みそか、テレビ放送(1953年から開始)がない当時にNHKラジオで実際に生放送された「紅白音楽試合」だ。現在の紅白と同じく、男女歌手の対抗形式だった。

 局内の資料や当時を知る人への取材を基に、実在した人物に脚色を加えたドラマに。松山演じるディレクターが、ひらめきと情熱で「紅白音楽試合」を企画。心身ともに傷ついた人々を、歌で癒やそうと奮闘するスタッフや歌手の悲喜こもごもの人間模様が描かれる。

 同局ドラマ出演は2012年に主演した大河ドラマ「平清盛」以来となる松山。9日のクランクインを前に、「終戦の年に始まった紅白は、今も『みんなで今までと違う年を迎えたい』という思いで放送され続けていると思います」とコメントした。

その上で、「敗戦のムードをなんとか明るくしたいと思う情熱は、とてつもない力だったはず。平和の中に生きている人間がどこまで当時の熱に近づけるか分かりませんが、行けるところまでいけたらと思っています」と熱く語っている。

 「紅白歌合戦」の第1回は「紅白音楽試合」の放送から約5年後の51年正月で、第3回の53年正月まではラジオ放送だった。現在の華やかな紅白に至る歴史の一端を知ることができそうだ。


この年末年始はドラマの撮影の準備で資料とか読んで過ごしたのかなぁ~。
また戦後の話かと思わないでくださいませね(^O^)
日本国民が同じ戦争を経験していても、その経験は1人1人違う。だから戦争体験に基づく物語も何万通りもあるわけだから、出来る限り色んな人達が経験したものを役者として沢山演じて見せて欲しいとおもうし、単に軍隊にだけ光を当てるのではなく、今回も荒廃した日本を少しでも希望ある未来の為にと尽力した人達、そしてそれが色々ありながらも今も続いているということの原点、完全フィクションではないけれど、どんな形にせよそう言う人達がいた事をどう作品として描いてくれるのか楽しみです。


デイリースポーツより

松ケン 紅白誕生秘話ドラマに主演


俳優・松山ケンイチ(29)が、NHKの放送90年ドラマの第1弾「紅白が生まれた日」(総合テレビ、3月21日、後9・00)に主演することが6日、同局から発表された。本田翼(22)、星野源(33)、高橋克実(53)らも出演する。

 紅白歌合戦の誕生秘話をドラマ化するもので、終戦の1945年、連合国軍総司令部(GHQ)の占領下の中、戦争で傷ついた人々に、歌声を届けようと奮闘するスタッフや歌手らの悲喜こもごもの人間模様を描く。

 松山は、終戦間際に召集され、終戦後復職し、紅白歌合戦の前身番組「紅白音楽試合」を企画・立案、放送を成功に導いたディレクター・新藤達也氏を演じる。

 紅白は昨年大みそかの放送が第65回だった。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
今年もよろしく。
mayさん

今年もよろしくお願いします。

やっと、NHK解禁ですね。
ここのところ、
NHKも割といいドラマ放送しているから

BSで清盛プロデューサー担当の
高橋克典さんのドラマ
仲里依紗さんのドラマ
昨年
すごく、ほんわかして良かった。
スタジオパークも、出て欲しいよネ。

2015/01/06(火) 23:30 | URL | ゆきこ #-[編集]
早速情報ありがとうございます♪
夏まで見られないかなあと思っていたので嬉しいですね
2015/01/06(火) 23:38 | URL | 洋子 #/pdu0RA.[編集]
Re: 今年もよろしく。
ゆきこさん、こんにちは<(_ _)>

> やっと、NHK解禁ですね。

本当に。9日から撮影開始ということみたいなので、年末年始なども
紅白関係の資料など集めて勉強なんぞしていたのかも知れませんね(^O^)

> BSで清盛プロデューサー担当の

確かに磯Pの担当と知らずに放送であぁ、と思うものも結構ありました。

> 仲里依紗さんのドラマ

木皿泉作品ですよね。良かったですよね。あれに星野源さん出演していましたね。
(幽霊役ですけど)

> スタジオパークも、出て欲しいよネ。

「あさイチ」でも「スタパ」でも「土スタ」でも良いので、放送近くなったら
出てくれると信じたい!(>_<)
2015/01/07(水) 09:56 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
Re: タイトルなし
洋子さん、こんにちは<(_ _)>

> 早速情報ありがとうございます♪
> 夏まで見られないかなあと思っていたので嬉しいですね

本当に、「の・ようなもののようなもの」が来年公開とわかって、どうなるんだ??
と心配しましたけど…(笑)ということは今年は舞台はしないのかな?
じゃあ、ドラマや映画の撮影のお仕事とかバンバン(あくまでも彼のスタンス内で)
していただけると嬉しいですよね(^O^)

昭和時代の似合う俳優松山ケンイチが今回は一体どんな姿を見せてくれるのか楽しみ
ですよね~。
2015/01/07(水) 09:59 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .