感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2015.6.11「ふたがしら」の1話完成披露試写会がありました。

映画com006








何もしないと、ひろしになっちゃうのを意識してなのか?昨日は頑張って前髪をバックにしたりして、久し振りに松山ケンイチでの登場という感じでしたね(笑)ホリプロ動画も、前回と違い目線も結構カメラに向けてるし…頑張りました(花マルあげましょう)さすがメイキングで「宣伝頑張りますので皆さんも宣伝頑張ってください」と言っただけあります。有言実行お見事。



2015.6.11記述
映画.comより

松山ケンイチ&早乙女太一、絶大な信頼明かす「心強い味方」「身をゆだねました」


映画com004


松山ケンイチと早乙女太一がダブル主演したWOWOWの時代劇ドラマ「ふたがしら」の完成披露試写会が6月11日、都内で行われ、松山と早乙女をはじめ、共演の菜々緒、メガホンをとった入江悠監督が舞台挨拶に出席。4人はこの日、作品にちなみ和装で登壇し観客を魅了した。

松山と早乙女は「劇団☆新感線」の舞台「蒼の乱」で共演しているだけに、息のあった掛け合いを披露。松山が「相棒という気持ちが常にあって、心強い味方でした。ふたりの距離感をもっと縮めたいと思っていたので、撮影中はごはんを食べる時もほぼ一緒にいて、コミュニケーションもとれていい形になりました」と話せば、早乙女も「映像の経験が少なく自信がないところを松山さんに聞いたり、身をゆだねました」と語り、互いに絶大な信頼を明かした。

さらに松山は、撮影時に自身の誕生日を祝福されたそうで、「夜寒いなか、おめでとうございますの拍手と、ケーキも出てきてすごくうれしかったです」とニッコリ。そして「そのあと、太一君に水をぶっかけられるシーンの撮影があり、太一君からの『水』のプレゼントはすごかったですね。30年間、ふぬけてしまった自分の目を覚まさせてくれるような水のかけ方でした。第2話は、それが見どころです」とうれしそうに振り返ると、当の早乙女は「失敗したらもう一度かけなくちゃいけない。だから思いっきりぶっかけました」と釈明していた。

一方、時代劇初挑戦で、入浴シーンも初披露している菜々緒は、「初めてのことづくしで、刺激的な毎日を送らせていただきました」と振り返る。甚三郎役・成宮寛貴との「濃密なシーン」もあり、入江監督は「脚本に、成宮さんが菜々緒さんの服の中に手を突っ込むというのがあって、成宮さんが(間が)持たないと思ったのか、菜々緒さんの口の中に手を入れました。どうなるんだと思ったら、菜々緒さん、ちゃんとリアクションするんですよね。ずっと見ていられると思いました」と暴露し会場を盛り上げた。

連続ドラマW「ふたがしら」は、オノ・ナツメ氏の同名コミックを、「劇団☆新感線」の中島かずきの脚本で実写化。悪人から金を奪う盗賊団「赤目」に属する弁蔵(松山)と宗次(早乙女)が、「でっかいこと」を成し遂げるため一味を抜け、奮闘する姿を描く。6月13日から、WOWOWで毎週土曜午後10時放送。全5話で、第1話は無料放送。


モデルプレスより

松山ケンイチ、早乙女太一の“気迫”に圧倒され「すごかった



俳優の松山ケンイチが、早乙女太一に圧倒されたことを明かした。
11日、都内にて行われたWOWOW初の時代劇となる「連続ドラマW ふたがしら」(6月13日スタート/毎週土曜 後10:00/全5話※第1話無料放送)完成披露試写会に出席。同ドラマは、松山ケンイチと早乙女太一が“最強の盗賊コンビ”となり、盗賊一味の男たちの巧妙な駆け引きと痛快な騙し合いを描く、時代劇盗賊エンターテインメント。

松山は早乙女との共演について「太一くん(早乙女)に水を思いっきりぶっかけられるシーンがあって」と切り出すと「すごかったですね。30年間、腑抜けてしまった自分に目を覚ましてくれるような水のかけかたで…ぜひ見ていただけたらなと」とその気迫を絶賛。さらに寒かったと訴える松山は「水をかけるのもキレイだったね。本当に上手だったね」と冗談めかして語りかけると、早乙女は「いやいや、そこで失敗したらもう一回水をかけなきゃいけないというプレッシャーがあって」と理由を説明しつつ「思いっきりぶっかけてやろうと思って」と淡々と語り、息の合ったやり取りで笑いを誘った。

また早乙女は“クールで色男”という自身の役どころについて、「嫌ですね。色男からはみ出して、反抗したくなった」とコメント。続編に向けて熱意を語る松山に同意する様子を見せながらも「続編をしたら“クールで色男”それにまさるキャッチコピーをつけてもらえるかですね」と秘めた意欲をのぞかせた。

会見には菜々緒、入江悠監督も出席。登壇者全員が和装姿で観客を魅了した。

原文はこちら



スポニチより

松山ケンイチ3年ぶり連ドラ主演、放送前なのに「続編作りたい」


WOWOWの連続ドラマ初の時代劇となる「ふたがしら」(13日スタート、毎週土曜後10・00)の第1話の完成披露試写会が11日、都内で行われ、主演の松山ケンイチ(30)、早乙女太一(23)、菜々緒(26)らが舞台あいさつに立った。

 NHK大河ドラマ「平清盛」以来3年ぶりの連続ドラマ出演となる松山。原作コミックのファンで自ら映像化を熱望していたとあって、「すごく幸せ。このドラマの肝は、でっかいものに向かっていく格好良さ。そんな粋な時代劇のすばらしさを実感した」と満足げに語った。

 コンビを組む早乙女に対しては、「時代劇のプロフェッショナル。側にいれば何とかなると思えて、常に心強い相棒だった」と最敬礼。原作の連載も終了していないが、「オンエアも始まっていないけれど、ドラマのオリジナルで2人の行く末が見てみたい。ぜひ続編を作りたい」と意欲を見せていた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .