感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
「ふたがしら」第2話
2015.6.20放送

PDVD_000_20150622154854df1.jpg


弁蔵と宗次は旅の道中、死に際の火盗改に出くわし、あるものを託され江戸まで戻ることに。金に困っていた弁蔵は通行人から財布をするが、その相手は川崎で有名なスリ一味で弁蔵は彼らに捕まってしまう。宗次は、機転を利かせてあることを仕掛け、スリ一味から金を盗もうとする。しかし、その一味の女頭・お銀(芦名星)は代官に弱みを握られ脅されていた……。
弁蔵と宗次、「夜坂」を頼りに大阪に向かいます。

おこんと弁蔵の出会いですか…相変わらずボコられてるやん(笑)
おこんをナンパする弁蔵。連れ込み茶屋ですか。

そんな事を思い出しながらボーッとしてると宗次に声掛けられる。もう直ぐ箱根。あの箱ってそんな使い方するんだねってどんだけお金詰め込んでるねん。そりゃ重たかろうて。相変わらず言い争ってる2人の目の前になんだか胡散臭いこと起きてるぞ。お侍さんが斬られた。何か書状を託されちゃったけど…2人共死んじゃったね。

2人は結局死んだ役人に頼まれた事を遂行するみたいだけど、宗次が侍で、弁蔵がお付の者でどうにも納得行かない弁蔵(笑)
なんか、彼らの後を付ける輩が…

またも平塚に戻ってきちゃいました。なんか宗次には優しい叶屋さん。そして赤目が掟を破って屋敷の人間を皆殺しにしたと言う事を聞かされて、弁蔵ムカムカ。叶屋は一味を作った後どちらが頭になるのかとたずねられた宗次。

赤目の方は、甚三は殺気立った表情になってるね。おこんの髪を結う甚三。お頭の遺言状、実はおこんが手を持って書かせたんじゃないかと。それがどうにも気に入らない甚三。良いムードな2人…お頭が伏せっている時に、おこんが手を貸しながら遺言状を書かせてる。

赤めの所業に不機嫌な弁蔵に近づく、尾行していたやつら。やばい!また暴れだした(>_<)酔ったらみさかえなくなっちゃうんだよ~あぁ、もうお店めちゃくちゃになっちまったよ~。そこへ宗次登場。まったく困ったもんです。また今回は桶の水を思い切り欠けられちゃった弁蔵。これがバースデープレゼントですな(笑)

強がってもあかんって。結局、スリに金取られてまたスッカラカンになっちゃったやん弁蔵ったら。
2人の距離間が…。何処までも強がりな弁蔵です。そして3人組もしつこく付いて来ております。川崎宿へ。人のお団子盗み食いする弁蔵。着物も盗んじゃって着替えておりますがスリもするんだね~。しっかり宗次も弁蔵の様子を見張ってる。相手が悪かったみたい。相変わらず強がり言ったけどやっぱボコボコにされちゃいました。とっ捕まった弁蔵。どうもこの一味はスリ集団。その元締めは女性、綺麗な人です。臭い芝居は通じないです。凄い論理を展開しております弁蔵。まぁ確かに。

またも牢や行きです。そして誰もいなくなったけど、今回は空腹で力で無いみたいですね弁蔵(笑)宗次もスリ集団に接近しております。スマートですよね。弁蔵といる時とはまた違う表情をしてますよね。上手く話しを聞きだす宗次。

代官に弱みを握られているみたいで姉さんは色々大変なようです。あれ?弁蔵はモリモリご飯食べてるやん.。なんで?スリ集団に入りたいと弁蔵。大弁舌大会中の弁蔵に宗次がやってきた。どうも敵という設定にしたみたい(笑)大変だ!おっ、うまく宗次の話に乗っかってきたよ弁蔵。またお縄にされて夜まで牢にといわれたけど、簀巻きにされちゃいました(笑)

夜…すっかり宗次は潜入成功。簀巻きにされた弁蔵は川に連れて行かれております。そして川に放り込まれる寸でで宗次が助けに来ましたよ。来るのが遅いと文句言う弁蔵。金の在り処もリサーチ済み。さぁ、お仕事ですよ。慎重に潜入します。皆酔って寝込んでいます。行灯を消して…。おっ、宗次睡眠薬入れたんだね。用意周到です。気になる掛け軸の裏に金庫発見!慎重に金庫を開けたら、出てきた出てきた!あの3人組まだつけてるんだね~。

おっ、3人組登場!あんたたちこそ誰?だよね。役人から預かった物を取り戻そうとしてる事が分かった。自分たちの一味が捕まるのを恐れて書付を奪おうとしてるんだって。実はあのお侍さんが預けたのは、江戸に待つ奥様へのお土産の櫛が入っていました。書付は貰ってないのでした。あらら~想定外の展開に戸惑う3人組。残念でした。

スリ一味、も呆気に取られました。血気盛んな子分に、これ以上恥をかかせるなと。スリ集団の足を洗うとお代官に言いに行ったけど、お銀に脅しをかけるけどビシッと決めてくれましたね。

無事、櫛を奥様に届ける2人。
なかなか大坂までの道のりは遠いですな。お銀一家は解散です。何処行くんだろうお銀。宗次はお頭の好きだった場所を勉三に見せ、自分とお頭の出会いの時の話をする。本当に懐の広い人だったみたいだね。おこんと弁蔵がであったのもここだったみたいね。

そんな懐かしい話しをしていると、赤目の仕事のかわら版が…今回も皆殺しだって。と思ったらおふたりさん登場。
赤目のお頭は甚三。おこんの服装も変化してるね。今度江戸に入ったらただでおかないといわれるけどさて、どうなるのかな?
今度江戸に戻る時は赤目を越える一味を連れてくるって。さぁ、今回はちゃんと大坂まで無事たどり着けますように。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .