感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
鑑賞記録
1回目 2015.6.27(土)
2回目 2015.6.30(火)


パンフ


初日、1回目の鑑賞。観客は年齢層が高めの中高年カップルが多かったのが以外?
とにかく、色んな姿の茶助を堪能する事が出来ます。ユリを助ける為に奮闘する茶助を中心に、天界の脚本家と動かされる地上の人間たち、そしてそんな茶助を阻止しようとするこれまた天界の脚本家と地上の人間たちの攻防。茶助もどうやら誰かに動かされている?それってあの方の意思?

徐々に生前の自分の生い立ちを知る茶助の変化が凄かったです。1つの作品でこれだけの色んなケンちゃんの表情、姿を見せてもらえるだけでもお徳感満載だし、他の映画のパロディの部分も、普通だったら「なんだよぉ~ベタな」と思うけど、これもあくまでも天界の下手な脚本家が考えたネタの上だと思うとね(笑)白塗りの警官とかも普通だったら成立しない。この作品でそれをどうこう言うやつはナンセンス極まりないのです。

生きていると辛い事の方が楽しいことよりも多いのかもしれません。でもそういう時こそ、ネガティブに考えるのではなく、「こんなへっぽこな脚本を書きやがって」と思って、それに抗ってやろうと行動するほうが良いと思いません?きっとこの作品を見た後、少なからずそのように思う人達が増えたら良いな~。

でも今回、公開前にケンちゃんがさきにネタバレしてる部分があったからそれはちょっと探す楽しみが減って残念だった(茶助の左右の目の違い)(笑)後うれしかったのは今までの作品の中で走り方をそのキャラクターによって変えているということを自分で明言してくれたこと(笑)

まぁ、今回も胸毛、ダンス、そして走りとSABUワールド満載ですし、色彩が綺麗だし、それぞれ決して幸せではない人達がへっぽこなりに生きている姿も見所です。ケンちゃんの腰のクビれにドギマギそして釘付けになるし、最後はほんわか心が温まりました。そうそう、SABU監督がワンシーン登場していたりもするし、とにかく機会があれば多くの人に観て欲しいですね。

(以下、長文ネタバレなのでまだ映画を観ていない方で知りたくない方は、ここまでということで。あと、書いていることはあくまでも私個人が感じたことなので、一つの考察として作品のご参考にしていただけると嬉しいです。まだ頭の中で整理が付かない状態で書いておりますので、話が飛んだり抜けていたりする部分も多々あると思います)




天界でお茶番頭をしている茶助。下界の人間の行動は、実は天界に脚本家がいて、それぞれの人達の運命のシナリオを書いています。しかし、茶助は何でよりによって、脚本家ではなくて、茶番頭なんだと思いながらも、淹れたお茶を脚本家たちに配っています。その中の1人、康夫という男の脚本を書いている凪助はいつも何かと茶助に感想を求めているみたい。面倒くさいので茶助もついついいい加減適当に話をあわせたりしてしまう。

でも天界では1人が設定を書きかえると、それに関連したほかの人間、そして脚本家たちも影響を受け、大変なことになるようです。そんな時に脚本家たちを牛耳る「あの方」と呼ばれるものが何か言っている「斬新~斬新~」どうやら脚本家たちに望んでいる事は物語の斬新さ。

何を考えたのか、凪助は康夫にユリという女性を交通事故で死なせるということを書いた。茶助はユリの事を密かに好意を持っています。ユリの脚本を書いている勘助にユリが康夫に殺されると聞かされ、挙句には助けて欲しいと言われ戸惑う。脚本家の書いた物語に影響を受けず、人間の運命を変える事が出来るのは茶助しかいないと。勘助は他のメンバーも援護するからと。まよう茶助だけどユリに会いたいと言う思いが強く…。

そうして地上に降りてきた茶助。突然奇妙な姿をした人達の中で戸惑う。そこに茶助を見ている男性が…どうやら勘助が言っていたアテンドのようだがとにかく頼りない…

種田と言う男にまずはボロボロになった服を何とかしないとということで種田の経営する骨董品やに向かい、タキシード風な服をもらって着替えるけど、この時の、ケンちゃんの身体のラインがセクシーなんです、特に腰のラインがエロイです(笑)決してマッチョじゃないのが良い感じです。

そして、次に彦村というラーメン屋の店主のお店に行く。この人もやはりアテンドの1人のようです。それぞれ複雑な生い立ちで現在に至っているようです。そうこうしているうちに少しずつユリが交通事故にあう時間が迫ってきている。どういう段取りをしたらいいのか迷う茶助、そこへ仕事を切り上げた彦村が何故かカラオケBOXのチケットを持っている。これもきっと援護だと思い、ひとまずカラオケ屋に向ったけれど大混雑。

暫くすると康夫の彼女がお店を出て行く。いよいよその時間が近づいていると思ったら、そこへ彦村に絡んでくる男たちが登場。市会議員の息子で実は、小学校の頃、父親の力を借りてマスコミに彦村の素性を売った過去がある。嫉妬深いヤツ。すったもんだしてるとそこに白塗りの警官が店に入って来て、茶助に向かって名を呼び、拳銃を向けている。どうやら茶助が下界に来てユリを助けようとしてる事がバレてる?一体誰が?どうして?そうしていると警官が議員の息子に発砲!館内は騒然としている最中に、康夫が店を出て行ってしまった。そしてタクシーを強奪してユリの元へ。

ユリの行動を把握している茶助は康夫よりも早くユリと会わないといけないということで狭い商店街を全力疾走。色んな人を避け、なぎ倒し?凄いスピードで走る。革靴での全力疾走は大変だったろうなぁ~そして何より走ってるフォームが綺麗。マジに走ってますね。走りすぎてユリにぶつかって2人共倒れてしまった。ボーッとユリに見惚れちゃってるその瞬間、康夫の車が迫ってきた。何とかユリを守ろうとしたんだけど2人共康夫の車に轢かれちゃいました(>_<)

救命処置を受けた茶助はなんとか目が冷めたけど、ユリを助ける事が出来なかったと思い、自暴自棄になりながら商店街をさまよい歩く。この時の病院の上から下を見ている茶助の目つきがすごい厳しい。

フラフラと歩いている途中で、不思議なものと出会う。あれって、ひょっとすると天界のあの方なんじゃないか?実は茶助はあの方に何かを試されてるんじゃないか?

夜が明け、天使を見つけ付いて行くんだけど、会えず…
彦村の店がめちゃくちゃにされてる!彦村もチンピラにボコられる。止める彦村だけど、怒りを感じた茶助。チンピラたちが茶助に襲いかかってきたけど、意外と強い茶助。大柄の男に対しては首筋に噛み付く。凄いシーンなんだけど、ゾクゾクするほど色っぽいジャマイカスルメイカ!バイオレンスなシーンなのに色気がだだ漏れ。口から血が滴っててもそれもまた色っぽい。いやそういう問題ではないのです。でも、こう言うシーンを見ると吸血鬼の役とかして欲しい気もする。いや、だからそう言う話ではない…。

そしてその直後、茶助にすごい力が。何もしてないのに念じたら思うがままに相手にダメージを与えられる。そんな調子で次々素手を使わず相手に血反吐を吐くほどダメージを与える茶助に彦村も驚きと戸惑いが…そして逃げだしたチンピラをおいかけとある事務所に到着。(ボクシングジムみたいなところ?)

そこにいたのは紅竜会の若頭・黒木とその子分たち。黒木が茶助にドス突きつけるんだけど、逆に逃げてきた子分にドスを刺してしまう。驚く黒木に対して、茶助の怒りは収まらず、黒木を操り、彼自身の片方の指を全て切り落とさせてしまう。かなりのグロいシーン。どうしてそれだけの怒りを茶助が感じているのか?単にユリを助けられなかっただけではない、彦村に対して、彼の人生を弄び、愛する人の思い出のお店も滅茶苦茶にされた、そんなつまらない脚本を書く天界の脚本家たちに対しての怒りもあったんだと思う。

事務所を出て、またも歩いているとサンドイッチマンが置いて行ったであろうプラカードと羽を見つけ、それをつけてみた。飛んでみるけど、天界には帰れそうもない。

仕方ないので歩いていると、車椅子の少年が。生まれて一度も歩いた事がないというその子の足に手をかざす茶助。理不尽な脚本家に復讐するかのようにパワーを送ると、その子は歩けるようになる。力尽きたかのように、ぐったりしてる茶助。そこへ種田が助けるけど、なんと先ほどの映像をYouTubeに動画アップしとる!

この「何してんですか!?」というやり取りは面白いですよね。お腹すいたからコンビにでも行こうかと思った種田がお店を出ようとしたら既に動画を見た人達でお店の前には人だかりが。なんで?と思った茶助だけど、種田ったらツイッターにもつぶやいたって…全く悪いやつや。悪意が無いのが良いんだか悪いんだか。もうやけくその茶助(笑)こうなったら、脚本家たちの書いた筋書きを片っ端から変えてやるとばかりに治療を始める。

人々が治って行くのは良いんだけど、そのたびに茶助のほうが大変な状態。頭痛とゲロに襲われる…
ゲロって、オイオイ…なんだろうけど、たぶん、治療をすることは茶助はその人達の悪い物を吸い取っているんだろうね。ゲロはある意味、その吸い取った悪い物の副作用で排出されているんじゃないかと。ある意味生きてない茶助だけど自分の命(というのか?)を犠牲にしている行為の象徴なのかもね。

あまりに茶助のひどい状態に、種田が今度は薬買ってこようと思ったら、彦村が立ってるんだけど…ホラーかよ(ー0ー;)
茶助が彦村に連れてこられた先には、なんと!死んだと思ったユリが意識不明ではあれど生きていた。全力でユリを治す茶助。意識が戻るユリ、自分の状況が把握できず、酸素マスク外して種田と彦村から茶助が助けてくれた事を説明されるんだけど、なんと茶助、肝心なところでゲロしてもうた。

思わず、外した酸素マスクを静かに付け直すユリにショックな茶助(笑)もうこのシーン最高ですよね。
茶助可愛そうだけど…3人のあの表情。そして茶助もマジ落ち込むよね~。

病院からの帰り、三人で歩くシーン、もう、先ほどのゲロの話題で持ちきり…清らかなゲロ、いやゲルとかもう言いたい放題で、酸素マスクされたショックとおかしさがごちゃまぜ(笑)やけくそな茶助とトホホな2人との何気ないやり取りが心温まるシーンとなってるよね。

しかし、そんな茶助に救いを求める人達が押し寄せて凄い事に。ここにユリもお手伝いするってやってきた。にわかに嬉しい茶助なんだけど、でも、治療に集中できない茶助。ユリが気になって、目を治すはずがユリと目があって、患者の髪をホンバーヘアにしてしまったり、わかりやすいやっちゃで。

しかし、当然、パワーを出して、ぐったりな茶助。これじゃ自分の身が持たない、ダメだと思いつつも…

茶助がユリのことを好きだと知って気をきかせる二人、ユリと二人っきりになった茶助はライトつける。音楽も。びっくりするユリ。こん時の茶助の表情いいね。そしてダンスタイム。

ダンスの練習したんやろうなぁ~。

このシーン、原作で好きなシーンがあったんだけど、映画ではなかったのが残念。茶助とユリのキスシーンと、ユリのお気に入りのカップで茶助が美味しいお茶を淹れてあげる部分。見たかったなぁ~。まぁ、それを入れると後の展開も…仕方ないね…


そんな茶助、テレビ番組に呼ばれる。チャーリーポン登場。番組が始まったのはいいけどそこに何故か
観客として、白塗りの康夫が。「チャス!」どうやら康夫は自分の存在を知っているようです。そしてまたしても、白塗り警官もやってきた。拳銃のターゲットは茶助とユリ。茶助に向けた拳銃でポンが撃たれた。それを助ける茶助。パワーで拳銃の弾がポンのからだから出てきてポン自信も驚く。ユリに向けられた拳銃も何とか阻止出来たけれど、何故か警察に捕まっちゃった茶助。

警察で取り調べを受ける茶助なんだけど、そこで改めて茶助自身の経歴があきらかになる。驚くチャス家の表情。少しずつ自分の生い立ちを思い出す。子供の頃からの回想が続き、ヤクザだった事を思い出した瞬間に、体に入れ墨が浮かんできた。この時の、慌てふためき、袖で刺青を必死で隠す茶助が可愛いけどちょっとドキッとします。挙句に言葉まで土佐弁になってショックな茶助。とにかくこれ以上どうしようもないと思ったか突っ伏して黙秘し続けなんとか解放されました。

実は自分は死んだ人間で、死んだ時、天使を見た。茶番頭は生前、ベストウェイターだったり、やくざの事務所でもお茶汲みをしていたからみたい?

ダッシュで警察を出る茶助だけど、そこにユリが心配で来ていました。ホッとする茶助。二人で帰る途中、、目の前にラブホテル・ルマンの看板。何故だか、俄然ホテルに入る気満々で張り切る茶助だけど、入り口の目の前で、指を切られた黒木が仕返しに。こんな時になんでという表情の茶助がおかしいよね。そしてもう1組ヤクザの子分たちが…生前、茶助がいたヤクザの組の弟分たちだった。

自分が居ない間、組のこと、親分の事を聞かされた茶助に、黒木が背中に向けて日本刀と振りかざし、背中を切られてしまう茶助だけど、切れた服の下には入れ墨が。ユリびっくり。そして黒木、またやられてしまいました。あ~あ、余計や邪魔者の為に結局、ラマンが遠くなりショックな茶助。そこへポンが弟子にしてって。またまたラマンが「芸じゃなくてゲーだし」って。(笑)

とりあえず、種田のお店に戻った茶助。皆にそれぞれのこれまでの人生を話す。ポンの話をする時の茶助の優しい言葉と表情、ポンじゃなくても泣けてきそうだよ。刺青は違和感あるけど、上半身裸の腰が色っぽいんだよね~。そして自分がここにいる本当の目的をみんなに告げる。天界の脚本家のシナリオで動かされている事、でも、こうなりたいと強く願う人は、脚本を変えられる事も教える。

改めて、名前聞かれて恥ずかしがる茶助。「早乙女茶助」ですからね(笑)刺青も最初種田とあった時はなかったのにという事に対しては、自分が生前の記憶を取り戻した途端出てきたと。んで改めて、皆で飲みにクラブへ。おっ、SABU監督がDJとして登場。

楽しいひと時、そしてますます種田の店に人々が押し寄せる。そこにアベマリアを歌いながら1人の女性が。茶助の妹茶子、またの名をメチャ子。メチャ子は凄い生命力で生きている。ちょっと最初、土佐弁に違和感感じたけど、2回目はそうでもなかった(笑)

なんだか手下のようになってる彦村がおかしい(笑)怖い存在の茶子だけど、誰よりも現実を見てて、茶助に対しても厳しい事を言う。「病気で苦しんでいる子がいたら兄ちゃんの責任になる、治せる兄ちゃんが治してくれんかったからって」だよね。厳しくも誰よりも茶助の心配をしている茶子。いざとなったら自分の持ってる私財を投げ打ってでも兄ちゃんを助けるって。素敵な妹だね。そして爽やかに言いたい事を言って再びアベマリアを歌いながら帰って行った。

それと並行するように、黒木は、スナイパーを雇って、息子を撃たれた市会議員の父親もスナイパーを雇って茶助たちを狙う。人は全く、自分勝手。何様やねんってかんじ。と言ってもそれも脚本家が書いてんだったね。

もう茶助、目の周りクマだらけやん。メチャヤバいんじゃない?治療を待つ人達もいいたい放題だし、具合が悪くなる人達も。これもきっと脚本家たちが仕掛けているんだろうけど…そんな、天界でも勘助はじめ、茶助サイドの脚本家VS凪助たちの壮絶なバトルが勃発。そのせいでか、当然、下界の人間にも影響がでてきてる。

そんなドサクサにまぎれてアーケードの上にいるスナイパーを彦村が発見。
茶助の元へ向かう彦村、ユリも気がついた!茶助と元に走っていく。彦村も行く手を阻む、黒木の手下をやっつけるけど、間に合わず、茶助が撃たれた。もう一人見つけたと思ったら、茶助をかばってユリも撃たれてしまった。グッタリしてるユリを治したくても力が出ない茶助。思わず、天界の勘助に「こんなつまらない脚本を書くな!」と怒る茶助。そこへまたきた、康夫と白塗り警官。

種田が警官にタックルしたせいでぶっ放した拳銃の弾が康夫の脳天に直撃。必死でユリを助けようと頑張る茶助だけど、ふと見るとユリの魂が天に昇るのを自分も魂として寸前で引き止める。この時の黒くなったユリの姿が不気味だった。でもその不気味な姿を必死で手を掴む茶助の姿にドキリとする。ユリの命の代わりに茶助自身、再び死んでしまった?

康夫は死んで凪助のシナリオに完の文字が。この時の凪助の呆然とした表情が印象的でした。
必死で脚本を書く種田、ユリ、彦村、ポンの脚本家たち。でもまだ警官がくいさがってくる。とにかく、なんとかして茶助を病院に連れて行こうとするが、いろんな妨害で先に進めない。

どうしようもない状況にユリは、茶助の乗っている椅子に登って、渾身の力を込めて叫ぶ「ちゃすけさん」と。今まで、勘助が何度もユリに喋らせようと脚本を書いても、何故か自ら拒否し続けていたユリが、初めて自分の意思で声を出した。茶助の名をなんどもなんども。それを聞いたのかどうなのか、息をしてなかった茶助の胸に赤い血が流れた瞬間、口からも血反吐が出て意識を取り戻した茶助。
血を吐き生き返る茶助。ユリに新たなせいをもらった。

そして、生き返った?茶助にはもう入れ墨もない。そこには愛するユリと穏やかな時間が…。
原作のエンディングより、映画のエンディングの方が好きですね。きっとこれはあの方が仕掛けたことを茶助の強い意志によって、御褒美を貰ったのかも知れないなぁ~。今度は好きな人と穏やかな人生を過ごしなさいと。

海辺を歩く2人の表情が本当に穏やかで、これまたケンちゃんのセクシーさがだだ漏れておりましたよね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
見ごたえ有り
博多に行って二回見て帰りました
なかなか見ごたえ有りましたね
SABU監督出てましたね
私も2分位映ってましたよ
クライマックスのケンチちゃんが打たれる場面の後ろの人たちの真ん中辺りで車イスの横のおかっぱ頭が私です。次回見に行ったら探してくださいね
ロックやってるケンチャンがうちの次男坊に似てるんですよ
2015/07/03(金) 20:56 | URL | 洋子 #/pdu0RA.[編集]
Re: 見ごたえ有り
洋子さん、こんにちは<(_ _)>

> 博多に行って二回見て帰りました
> なかなか見ごたえ有りましたね

もう1回見たいんですけど、どうも上映時間的に厳しい…(T_T)
京都よりも大阪の劇場の方が画面が観やすかったです(自分的に)

> SABU監督出てましたね
> 私も2分位映ってましたよ

もう茶助とユリを見るのに必死で(汗)

> ロックやってるケンチャンがうちの次男坊に似てるんですよ

あはは、パンクバンド「リョーマーズ」なんかああいうパンクな感じって「NANA」の時を
思い出しますよね。でも確実に年を重ねてはいますが…(笑)


2015/07/09(木) 12:14 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .