感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2015.7.30記述
スポニチアネックスより

008_20150730090350bd0.jpg


日本テレビの連続ドラマ「ど根性ガエル」(土曜後9・00)で、俳優の勝地涼(28)が演じている警官の五郎が使う「やんす」言葉が、子供たちを中心に人気を呼んでいる。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の“前髪クネ男”役や「プロミス」CM出演、CDデビューなどで若いママを中心に人気が出ている勝地だが、今回の役どころで子供たちにも支持層が広がりそうだ。

 夏休みとあって、ドラマのロケ地には多数の親子連れが見学に訪れている。横浜市港北区で行われた26日の撮影では、子供たちから勝地に「やんすー!!」の掛け声。勝地は笑顔で子供たちに近づき、しばし“交流”。子供たちは「五郎」ではなく「やんす」で勝地を認識。特に気にならないようで、「やんす、好きか?」「うん、ピョン吉の次に好き」「なんだ、2番目かよ」などと会話を交わした。

 “やんすポーズ”も伝授。「まず左手を腰に当てて、横を向いて、顔だけ前を向けて敬礼する」と手取り足取り指導。最後は見事に全員でポーズを決めた。

 「やんす」はもともと、上方の遊女が使っていた言葉。原作者の吉沢やすみ氏(65)は特に語源を調べたわけではなく、感覚的に下町風の言葉として義理人情に厚い五郎にあてがった。

 勝地は「最初は不安でした」と振り返る。時代がかった言葉で、現代劇の中で成立するのか分からなかったからだ。「ところが(主人公ひろしを演じる)松山ケンイチくんとテストで会話をしたら凄く自然で。これはイケると思いました」と笑顔で話した。

 子供たちは、無料通信アプリ「LINE」で友達に「塾でやんす」と知らせたり、親に怒られたときに「ごめんでやんす」などと使って楽しんでいる。ユニークなドラマも話題なだけに、年末の新語流行語大賞で「やんす」が注目を集める可能性もある。

 ▼やんす もともとは上方の遊女の言葉という説が有力。江戸時代後期には、町人の丁寧語として使われるようになった。滋賀を中心とした近江商人の言葉が発祥という説もある。「あります」の発音が変化したものとも言われている。

さんま御殿で勝地さん、役名よりも「勝地涼」という名前を認識して欲しいと言っていましたよね。対してケンちゃんは逆に役名で呼ばれることは嬉しいと言って、勝地さんも「えっ!?」という感じでしたよね(^O^)この撮影で、少し変化あったでしょうか?でもケンちゃんはその役名に固執する事はしません。次の作品の時にはエキストラに対しても「〇〇(今だとひろし)を愛してください。応援してください」といいますからね。

役名をいわれるということは俳優さんにとっては痛し痒しかもしれないけれど、それだけ視聴者に愛されていると言うバロメーターでもありますからね。それに自分が潰されるんじゃなくてそれも含めて更に魅力的な役を演じ続けていけばいいと思います。五郎本当に勝地さんにぴったりで「やんす」に違和感がないですもんね~♪

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .