感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
ダメな男だけど魅力的
2015.8.24記述
朝日新聞beテレビより

20150822朝日新聞



「この役に出会って、僕自身の価値観も少し変わった」人気漫画・アニメが原作のドラマ「ど根性ガエル」(日テレ系土曜夜9時、22日は24時間テレビで放送休止)で仕事や恋に対してちょっと"ダメ男"な30歳ひろしを演じている。

ひろしは人の目を気にしない自由人。反対に、松山自身は周りの反応を気にするタイプだったという。「ひろしが自由気ままに動くので、自分もやってみたら思いのほか気持ちよくて、みんなも喜んでくれた。嫌われてもいいやって思えた瞬間、逆にみんな、いいね!って。皮肉ですよね」と楽しそうだ。

世間的にひろしはダメ男だが、「人としては一歩先をいっている」と考える。「社会的成功も金もない。でも幸せを感じていられる。他人の顔色をうかがわないけど、他人を信頼して生きている。魅力的です」ドラマは人情味あふれる下町が舞台。役作りには、落語を聞いたり、映画「男はつらいよ」を研究したりしたという。

大人にも子どもにも向けた作品だが、「子どもたちに笑って見てもらえれば一番うれしい」と話す。プライベートでは3児の父だ。「3歳の長男がどういうリアクションをするかが、一つの自分の『ものさし』。興味ないってなれば僕の負け。ピョン吉に釘付けになってくれたらいいんだけどな」

セリフも多く、撮影時間も長いという今回のドラマ。「根性ないとやってられないよー」とにやり。「でも、見てもらわきゃ意味がない。一つ一つがんばって、一人でも多くの人に見てもらいたい」。時折、おどけつつも、ドラマにかける熱い思いを語る姿が印象的だった。

一番厳しいダメだし、それも率直な反応をしてくれるのが子どもですものね。なかなか手ごわいですよね。
嫌われてもいいやというだけだと周囲も「なんだ?」と思うけど、その後にちゃんと「家族さえ好きでいてくれれば」という言葉があるから見ている人達も素直な気持ちに好感をもってくれたんだと思う。テレビ受けで円満アピールではなく、素直な気持ちで言っている(それがドキドキさせられる場合もあるけど)事に視聴者も彼の意外性を感じてくれたんだと思う。

そういう思いがこれからも続く事を希望します(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ど根性ガエル
この前も言いましたが、子供達が喜んでくれましたからね
子供には人気あると思いますよね
うちは読売新聞だったんですがつい先日朝日新聞に変えてラッキーでした。
還暦前によいこと続きです\(^o^)/
またピョン吉Tシャツ着て何処かに行きたいと思いますが、存在感さんはピョン吉Tシャツ着て出かける勇気ありますか?
私は宣伝のためにがんばってます(^_^)v
2015/08/28(金) 19:33 | URL | 洋子 #/pdu0RA.[編集]
Re: ど根性ガエル
洋子さん、こんにちは<(_ _)>

> うちは読売新聞だったんですがつい先日朝日新聞に変えてラッキーでした。

あはは~そうなんだ。私は近くの販売店に買いに行きましたわ。

> またピョン吉Tシャツ着て何処かに行きたいと思いますが、存在感さんはピョン吉Tシャツ着て出かける勇気ありますか?
> 私は宣伝のためにがんばってます(^_^)v

基本的に半そでで外を歩く事がないからねぇ~(ーー;)
でも別にあれば着れるね普通に(笑)


2015/09/01(火) 08:51 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .