感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
「ど根性ガエル」第7話
2015.8.29放送

ピョン吉(声・満島ひかり)がシャツから剥げかけ、寿命が近づいていることを知ったひろし(松山ケンイチ)。ひろしは、カエルを不老長寿の神として祀る神社にピョン吉を連れて行けば元気になるのではないかと考える。ひろし、ピョン吉、京子(前田敦子)、五郎(勝地涼)、母ちゃん(薬師丸ひろ子)は、カエル神社のある富士山のふもとへ行くことに。一同はカエル神社でピョン吉の寿命が延びるようにと祈願する。いつも一緒にいた子供の頃を思い出し、旅行を楽しむひろしたち。そんな彼らを、何者かが見つめていた。それは、たくさんのカエルたちで…。



さて衝撃的な6話の最後、そして1週休み明けの第7話。あえて、前回のひろしのあの戸惑う表情の後はスルーして、あの後、病院へ連れて行って診てもらったみたいだけど、人間を診る医者に診てもらってもわかんないだろうし、挙句には苛立ってピョン吉を殴るDVひろし。そして家では、京子ちゃんのばあちゃんに煙にいぶされちゃったり、皆それなりにピョン吉のために必死なんだよね…

何?宝すしでは何々?ピョン吉を縫い付けちゃおうってか?!(母ちゃんが言っていたよね以前、それがまさに現実になるのか?)色々吟味してよし子先生だって。怖いよね~やめてぇ~怖すぎる!そして母ちゃん観ていられないからと目をつぶるといいながら両手を広げて見てるやん(笑)そしていざ…って思わず梅さんにブスリって、イテテ…(笑)ところで、ひろし何処に登ってるの?あぁ、洗濯機が置いてある所ね。手がトタンで熱いリアクションがGJ♪。家から僅かながら富士山が見えるんだってピョン吉情報。ピョン吉、富士山を近くで見たいって。良く良く思えば、結構ひろしに無茶なお願いをしてるよね、ピョン吉も相当に。お金持ちになったら温泉でもつれて言ってやるよ、なんていうけどねぇ。でもお金ないなんて悠長な事言っていられない。スベってトタンから滑り落ちるけど、なんとかベランダのヘリでたすかった?けど風が吹いてヤバイ!ピョン吉になんとか助けてもらった、ピョン吉のお口がえらい事になってるやん。お口が…(笑)伸びきっちゃってるやん!

ゴリラパンでのお仕事も続いておりますけど、皆ピョン吉を心配してくれてお見舞いに来てくれてる。子どもたちまで「頑張れピョン吉」だって。そういうのを見たり聞いたりするひろしは複雑な表情。口では減らず口を言うけど本心は誰よりも心配してるのを我慢しているんだろうね。そういうひろしの態度に母ちゃん複雑な心境ですな。ゴリライモがピョン吉に話があるって…落ち込むひろしに、ピョン吉に選挙応援して欲しいって。応援する代わりに負けるんじゃないってピョン吉。ひろしは交番に来て五郎に相談してるやん(笑)やっぱ五郎には素直に話せるんだね。ちゃぶ台返しをしようと刷るけど五郎がさりげなく阻止。そして落ち込みながら何気に見た新聞に何が書いてあるんだ!?

蛙神社というのが富士山の近くにあるみたいで、連れて行きたいって。でもお金ないよ。こういう時にやっぱお金はいるよひろし。お金の大切さ分かるでしょ?そんなこんなで帰宅中、商店街の福引。しょぼいといいながら1等賞はなんと!富士山だって。1000円で1回出来るみたい。とりあえず権利を得て引きますぞ。やはりダメでした、チャンチャン!落ち込むひろし。頑張るかってなに頑張る?

そして母ちゃんとピョン吉はお買い物に。ひろしは1000円分だけ働かせてくれと。ドンだけ無茶振りを(ー0ー;)
五郎もいたたまれず。勤務中にもかかわらず助っ人として買い物、それも相当の金額(3万円)を使って、ガラガラ回すけどダメでやんすねぇ~。ティッシュばかり…やる時はやるひろしだけど、無茶すぎますわ。五郎もあえなく撃沈…次は母ちゃん(でも回すのはピョン吉)。2回…撃沈…そこへひろしリベンジ。凄い形相で渾身の1回…撃沈_| ̄|○ ガックリ そこへ京子ちゃんも福引に…京子ちゃん当たった!!!!ひろしが泣いて喜んでいるけど京子ちゃんだろう当てたのは。そして何故か4人と1匹で温泉へって、一体旅行って何人までいけるんだ?(笑)

もうネガティブな事ばかり言うピョン吉に五郎とひろしが張り切って例の場所へ。
蛙神社、狛犬じゃなくて狛蛙かい!?そして皆でピョン吉の事をお願いしてるのね。皆楽しそうにしてる所を見ている何かがいる?

ゴリライモはゴリラパンのうたが、選挙モードになってる。京子ちゃんのばあちゃんがウグイス譲をしてるやん(笑)ピョン吉も応援してるって。先生たちは梅さんの所でところてん食べてるの?みんな複雑な思いをピョン吉に。そして梅さんさらっとプロポーズ言っちゃったけど?もうそのままそれを受け入れたほうが良くない?(笑)

ゴリライモ、ピョン吉Tシャツ作ったのね~。ばあちゃんもゴリライモの京子ちゃんへの思いわかってるのね。そしてゴリライモ気にしてるのね、ピョン吉くんも応援してるって言う言葉。でもばあちゃん、「大人になるって言う事はきれいごとだけじゃやっていけないっていうでしょ?大事なのは、今のその気持ちを忘れない事。ずるいなって言う気持ちを忘れない事。そして、ずるい事をした分、頑張るの。必ず取り返す。それが大人」いつも本当に素敵な言葉をありがとう。

温泉満喫中のひろしとピョン吉、そして五郎(笑)何か楽しそうだね。セクシーショットありーの(この時のピョン吉の「(自分で前を隠すのはやめてぇ~って表情が最高ですよね)、扇風機での遊びありーの、皆で風呂上りの牛乳(何故かこの辺りの一連のシーンでウルウルしてきちゃうんですよ)にお部屋での楽しい夕食だけど、ピョン吉は食べすぎでえらいことになってるやん!。中学生の頃にもあったんだぁ~。重すぎて動けない状態だけど、楽しそうだね。でもなんでわざわざ焼きそばや焼肉?これはピョン吉の為にお願いした特別メニューなのかしら?

そして五郎の余興が始まりましたとさ(笑)あら?カエルたちが皆を見てる。夜、寝てると畳が何か濡れてる。気が付いて目が覚めたひろし、ピョン吉の剥がれ方がえらい事に。自力で戻れなくて泣きすぎてる。かわいそう。「泣くんじゃねえよ」とひろし。口ではきつい物言いだけど、抑えてあげている手が優しいよ。思いが優しいよ。ビービー泣くなと、そして五郎が起きるじゃないかと大声出すなとまたもDVひろし。でもそんな不器用な愛情表現のひろしの態度が嬉しいピョン吉。もう何度でもリピートしたくなる一連のシーンだよね。ちょっとホッとしたシーンの直後、外からカエルの声が…こういうときの本当に何気ない「ん?」というケンちゃんの表情は天下一品ですよね。朝、ひろしとピョン吉が再び蛙神社へ。気になるほうへ歩いてるんだけど…そに行けみたいなのがある。次々カエルたちが現れる。ピョン吉は蛙たちの中では伝説になってるらしい。それは、2話でも福島のカエルたちも言っていたよね。全国のカエルネット網があるのねきっと。

巨大な怪獣はひろし(笑)そしてピョン吉はひろしを教育してるらしい。そんな事はなしてるとなんかひげ生えたカエルが…だれ?
カエルの王様ってなんだ?カエルの国に来いって。ひろし、ピョン吉を脱いで行って来い待っててやるからって。そして送り出すひろし。皆次々池の中に。

「ピョン吉、そうだよな、お前も元々カエルだもんな。おれのせいで疲れたよな。」何がピョン吉の為になるのかひろしなりに考えているんだね。そして立ち去るひろし。さっさと支度して帰るって。皆心配する。ピョン吉の所に行くという母ちゃんに「これでいいんだよ」ってひろし。決心が鈍るからって涙堪えてるひろし。

あっ、ピョン吉が帰ってきたけど、ひろしがいない…。そこには「たっしゃでな ひろし」って。一体ピョン吉はカエルの仲間たちとどんな話しをしたんだろう?寂しいピョン吉はカエルたちに助けてもらって、そして人間の助けを借りて東京へ。カエル→陸上部の人達→ロードバイクの人達→ど根性トラックの運ちゃん→ヘリコプター?

街に戻ったひろしたち、みんなピョン吉Tシャツ着て選挙応援…ゲッ!ひょっとしてヘリコプターに乗って帰ってきてるの?皆に事の顛末を聞かれるひろし。そしてピョン吉の伝言だと言って好き勝手に京子ちゃんに結婚の事なんぞ言ってるよ(笑)そこへヘリからピョン吉が降って来た!

ひろしに向かって一直線!やられた!メチャメチャやられてるひろし。なんか盛り上がってる。ピョン吉とひろしの戦いが始まる(笑)
でも皆ピョン吉Tシャツ着てるからわかんなくて大変だわ。ボコボコやられてるひろしに対して、ゴリライモの言葉に応えるピョン吉。

そしていつもの日々が戻ってきたって感じ?屋上でひろしとピョン吉。
「お前死ぬなよ。お前がいるからこの街が面白いんだ」って。「死んでも生きろ。おめえは」それもまた寂しいことよ。

今現在、すべてのものが永遠にあり続ける事は難しいからね。もし人間になって生きていてもいつかみんな死ぬんだよ。

次回、ピョン吉の捲れ方が尋常じゃなくなってるやん!(◎o◎)でも剥がれている時って実際問題、ピョン吉って痛いのかしら?単なる剥がれちゃう事に対しての恐怖で戻ろうとしてるだけなのかしら?剥がれ落ちた時、何が起きるんだろう?誰も知らないわけじゃない?本当に死んじゃうのか?そのままの状態で剥がれても生きているのか?それとも元のカエルの姿に戻っちゃうのかとかって。皆(ピョン吉自身も)剥がれたら死んじゃうと思ってるけど…その辺はドラマで描かれるんだろうけど見届けますよ。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .