感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
舞台「蒼の乱」そしてドラマ「ふたがしら」で脚本を手がけてくださった中島かずきさんが感じた俳優松山ケンイチとは

PDVD_001_20151008132513dd9.jpg


2015.10.8記述
「蒼の乱」特典映像より

松山さんって、結構映像作品となると、「デスノート」のエルの印象とか強いのかな?割とクールだったり、インテリだったり、なんていうのなか…冷たい役がわりと多いんですよね。ただ、バラエティとか見ていると、すごく純朴な、青森から出てきた青年って言う印象が強くて、自分が書くとしたら、あの感じの、松山ケンイチの芝居を書きたいと思ってたんですよね。

中島さんは蒼の乱でもふたがしらでもケンちゃんの魅力を余すところなく見せてくれたと思いますし、より演技の幅を広げてくださったと思います。「ふたがしら」続編是非書いてください(^O^)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .