感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
「珍遊記」関連情報
2016年2月27日公開「珍遊記」関連情報です。




「珍遊記」公式サイトはこちら
ツイッターは
こちら






最終更新日:2016.2.14

2016.2.14記述




関西ではこの時間ローカル放送で映像が見れないので残念だったんですが、やさしい方が動画UPしてくださって感謝感謝。


2016.2.5記述
オリコンより

松山ケンイチ&倉科カナ、マナーCMで放送禁止用語連発 実写『珍遊記』




俳優の松山ケンイチ&倉科カナのコンビで伝説のギャグ漫画を実写化する『珍遊記』(2月27日公開)の劇場マナーCMが5日、解禁された。山田太郎(松山)と坊主・玄奘(倉科)の会話では、やはりふたりして放送禁止用語を連発。後半は“ピー音”ばかりの異色のマナーCMになっている。

 同映像は、『秘密結社鷹の爪』シリーズのDLEが制作したアニメに、役に扮した松山と倉科の顔をあて、この映像のためにふたりがアフレコを行った音声をあわせて完成。劇中さながらのお下劣な会話のなかで、映画館のマナーを説いている。

 BGMに使われているのは、RIP SLYMEによる書き下ろしのオープニング曲(主題歌)「Take It Easy」。本日5日、同映像でお披露目となった。

 同劇場マナーCMは6日より全国の劇場で流される。

なんか、2人ともキュートで、お下劣なこと言っててもそう感じず楽しそうで、公開楽しみだけど、とてもシリアスな作品を見に行った人が上映前にこのCMを見たら、それどころじゃなくなってしまうかもと思うと面白すぎますわ(笑)


2016.1.26記述

松山ケンイチ&倉科カナがド本気の破天荒!『珍遊記』予告編解禁

主演に松山ケンイチを迎え、伝説的ギャグ漫画のまさかの実写映画化が実現した『珍遊記』。このほど、本作の待望の予告編映像と本ポスタービジュアルが解禁。本邦初公開の「RIP SLYME」が担当したエンディング曲「Drop!」とともに、松山さんはじめ、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成や笹野高史、温水洋一、ピエール瀧ら、豪華キャストたちがどこまでも荒唐無稽な破天荒ぶりを披露、倉科さんにいたっては何度も“放送禁止用語”を連発していることが分かった。

天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘(倉科カナ)は、偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)で、天下の不良少年・山田太郎を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべきその妖力を封印。しかし、嫌々ながら妖力の抜けた“変身後”の太郎(松山ケンイチ)を引き取ることになり、何の因果か共に旅をする羽目に…。果たして、彼らは無事に天竺まで辿り着くことができるのか!?

唯一無二の画風と存在感を放つ漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を、『地獄甲子園』『魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE』などで知られる山口雄大監督がもったいないほどの(?)豪華キャストで映画化した本作。

今回解禁となった予告編は、坊主・玄奘に扮した倉科さんが、田山さんのじじい&笹野さんのばばあを前に、真顔で「ち○こ」について会話を繰り広げる、映画のファーストシーンからスタート。

続いて、松山さんが演じる太郎と、太郎に恨みを持つ龍翔(溝端淳平)、世界最強の武闘家・中村泰造(温水洋一)、変身前の山田太郎(ピエール瀧)、こづれ紳士(板尾創路)、ザコ(矢部太郎)、アキバ(今野浩喜)、張明(おおかわら)、たけし(アイアム野田)といった個性的なキャラクターが次々と参上。お尻まる出し松山さんを、倉科さん演じる玄奘が前方から凝視する場面も登場する。

ナレーションは本作の特報に引き続き、俳優・声優の千葉繁が担当。何とも説明しがたい衝撃のアクションシーンの数々や、各キャラクターの立ち位置すら読めない破天荒すぎる本作の魅力が凝縮された映像を、より一層ハイテンションに「何だか訳分からんが、すごい映画だ~~!!」と解説。

そんな予告編でBGMとして使われているのは、これが本邦初公開となる「RIP SLYME」による書き下ろしのエンディング曲「Drop!」。まだまだ謎が多すぎる本作の、すごすぎる世界観をこちらから確かめてみて。


公開まで1か月切りましたが、本作のプロモーション活動ってどうなっているんでしょうかね?(笑)
テレビでのプロモーションって果たしてあるのかしら?気になりますよね。とにかく公式サイトの更新がんばっていただきたいものです



2016.1.15記述
cinemacafenetより

マキシマム ザ ホルモン、『珍遊記』に楽曲提供で漫☆画太郎とコラボ実現!


マキシマム ザ ホルモン



松山ケンイチが坊主頭にパンツ一丁という主人公を、メーター振り切り演技で見せる映画『珍遊記』。このほど、原作者・漫☆画太郎と縁の深いロックバンド「マキシマム ザ ホルモン」がクライマックスのバトルシーンに既存の2曲を提供していることが判明、メンバーのマキシマムザ亮君から“激アツ”(!?)のコメントが到着した。

1990年より「週刊少年ジャンプ」にて連載され、約400万部のシリーズ累計販売部数を記録した伝説のギャグ漫画を、『デスノート』『デトロイト・メタル・シティ』から「ど根性ガエル」のひろしまで演じてきた松山さんを主演に、映像化不可能といわれてきた『地獄甲子園』『魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE』など、数々の漫画原作ものを手掛けてきた山口雄大監督で実写映画化する本作。

今回、終盤のアクションシーンを盛り上げるバトルソングを歌うのは、マキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)、ダイスケはん(キャーキャーうるさい方)、上ちゃん(4弦)、ナヲ(ドラムと女声と姉)の4人からなる、海外でも高い評価を得ているロックバンド「マキシマム ザ ホルモン」。画太郎さんが彼らのCDジャケットのイラストを数多く手掛けているという縁もあり、「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」と「ジョニー鉄パイプIII」の2曲を提供している。

なお、本楽曲は、11月18日(水)に発売され、オリコンDVD総合チャート1位を獲得した映像作品集「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」に同梱のCDアルバム「耳噛じる真打」に収録されているので、映画と合わせてチェックしてみて。

<マキシマムザ亮君 コメント>
うおおー! 「珍遊記」実写映画化やべー!!
とにかく今回バトルシーンがすげえ!(まだ見てないけど)

飛び出る映像がど迫力でやばい!!
(まだ見てないし、そもそも3D上映あるかどうかしらねえけど)

そしてなんといっても感動のラスト15秒が泣ける!!(原作もどんな話か忘れてるし、見てないからそんなシーンあるかどうかわからねえけど)

俺は小学校の卒業アルバムの文集のコーナーで「珍遊記」の主人公「山田太郎」のイラスト描いたほど、童貞の頃から大好きなんだこの野郎!! 自分のバンドのCDのジャケイラストを漫☆画太郎に何回も描いてもらってるのに、まだ一回もお会いした事ねえぞ! ちくしょーー!!!
映画館で絶対観てやる!!

どんな曲になってるのか聞いてみなくては…積極的に彼らの楽曲を聞いたことはないので、とりあえずイメージだけでもつかんでおこうかしらねぇ~(笑)


2016.1.8記述
cinemacafenetより

「RIP SLYME」、松山ケンイチ主演『珍遊記』オープニング&エンディング曲に抜擢!


主演に松山ケンイチを迎え、伝説のギャグ漫画の実写化に挑む映画『珍遊記』。この度、本作の主題歌となるオープニング&エンディング曲を日本を代表するヒッフホップユニット「RIP SLYME」が担当することが明らかとなった。

天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘(倉科カナ)は、偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)に天下の不良少年・山田太郎(ピエール瀧)を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべき妖力を封印するが、嫌々ながら太郎(松山さん)を引き取ることになり、何の因果か共に旅をする羽目に…。

原作は、1990年より「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」。主人公・山田太郎役の松山さんを筆頭に、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧といった個性的な実力派俳優たちが顔を揃えている。

そしてこの度、主題歌となるオープニング曲及びエンディング曲を担当することが決まったのは、RYO-Z、ILMARI、PES、SUの4MCとDJ FUMIYAの1DJからなるヒップホップユニット「RIP SLYME」。本作では、“原作の世界観とも合致し、映画ならではの世界観を創造できるアーティスト”として製作側からオファーを受け、オープニングのFLASHアニメに合わせた主題歌「Take It Easy」、エンドロールに合わせた「Drop!」と、映画の為に二つの新曲を書き下ろしている。

今回のオファーを受け、「RIP SLYME」のPESさんは「原作の世代なのでクソ光栄に思っております。私達の様なクソ野郎共のクソいかれた曲ではありますが、何とか映画の世界観に混ざれたら良いなとクッソ思っております。新しい珍遊記をクソ楽しみましょう!!」と喜びのコメントを寄せた。

洗練された独自のポップセンスと、コアなリスナーをうならせる高次元で織りなされるラップの掛け合いが魅力の「RIP SLYME」。彼らが本作のために書き下ろした楽曲は、一体どのような仕上がりなのか期待して待ちたい。

『珍遊記』は2月27日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .