感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
「ユメ十夜」そして「珍遊記」でガッツリ組んでお仕事してくださった山口監督から見た俳優松山ケンイチとは。

003_20151211094347bcd.jpg


2015.12.11記述

とにかく画太郎作品の中でも超難関の「珍遊記」だけは触るまいと思ってたんですが、DLEの紙谷プロデューサーにそそのかされて(笑)やることになってしまいました。

でもどうせやるなら、いままでのものと違うアプローチをしたいと考えていて、それを脚本家2人と話している中から、
原作のビジュアルイメージとは違うけれど、本質を捉えて演じることができる松山くんの名前が上がりました。松山くんとは以前に『ユメ十夜』で仕事していて、そのときから画太郎ファンなのは知っていましたし、長編作品でいつかまたガッツリやりたいと思っていたので、願いが叶ったというわけです。

ピクトアップだったかで対談みたいなのがありましたよね?その時もケンちゃん本当は「魅!!~」似出演したくてオーディションを受けたけど不合格でガッカリしたって。で、ユメ十夜で初めてお仕事出来て嬉しかったみたいな。今回は更に、画太郎先生、山口雄大監督とガッツリタッグを組んでのお下劣でナンセンスな作品(ほめてます)これは子供たちが大喜びしそうですよね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .