感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2015.12.20記述
MovieWalkerより

20151220森田監督命日002


故・森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』(81)のその後を描く完全オリジナルストーリー『の・ようなもの のようなもの』(2016年1月16日公開)で、2015 年“笑い納め”のイベントが、森田監督の命日・12月20日に新宿末廣亭で開催。松山ケンイチ、北川景子、伊藤克信、杉山泰一監督が、古今亭志ん丸の進行の下、大喜利を行った。



松山は、「青春」のお題をチョイスし「青春とかけまして、エスプレッソのようなものとときます。その心は、最後に苦味が残ります」と言うと、拍手が上がり、伊藤が「やるね!」とほめちぎる。

続いて北川は「落語」を選び「落語とかけまして、お洒落のようなものととく。その心は、どちらもセンスが必要です」と言うと、これまた大きな拍手が上がった。

伊藤は「人生」を選び「人生とかけまして、ボーリングのようなものとときます。その心は、真っ直ぐ行ったり曲がったり」と披露。場内は大いに盛り上がりを見せた。

『の・ようなもの のようなもの』は、若手落語家の青春を描いた『の・ようなもの』の35年後を描く人情コメディ。生真面目でさえない落語家(松山ケンイチ)が、もう一度高座に立つよう兄弟子(伊藤克信)を説得しようと、おかしな共同生活を始める。【取材・文/山崎伸子】



まんたんWEBより

松山ケンイチ:北川景子と老舗演芸場「末廣亭」の舞台に 大喜利披露も「緊張で冷や汗」


20151220森田監督命日004


俳優の松山ケンイチさんと女優の北川景子さんが20日、寄席「新宿末廣亭」(東京都新宿区)で行われた映画「の・ようなもの のようなもの」(杉山泰一監督)のイベントで、同所の舞台に登場した。松山さんは「(末廣亭に)これまで観に来たりはしたけど、こっち側(舞台)から見ると広く見える。面白いことを言わなきゃいけないような気がして緊張で冷や汗をかいて、暑いです」と感想を語った。

 この日は「“笑い納め”のようなもの」と題したイベントで、松山さんは舞台で「青春」をテーマにした大喜利を披露。「青春とかけて、エスプレッソのようなものとときます」といい、進行役の古今亭志ん丸さんから「その心は」と聞かれると「最後に苦味が残ります」とし、観客からは「おー!」という声とともに拍手が上がった。また北川さんは「落語とかけまして、おしゃれのようなものとときます。どちらもセンスが必要!」と披露し、拍手を浴びていた。

 「の・ようなもの のようなもの」は、2011年12月20日に急逝した森田芳光さんの監督デビュー作「の・ようなもの」(1981年公開)のその後を描いた作品。生真面目な落語家・志ん田が、落語を捨て気楽に生きる兄弟子・志ん魚と出会い、悩みながらも自分らしく生きる楽しさを知っていく姿を描く。主人公の志ん田役を松山さん、ヒロインの夕美を北川さんが演じている。2016年1月16日公開。


知らない人が見たらケンちゃんの容姿に驚くだろうね(笑)でも順調に仕上がってきてますね。もうこの姿はどうみても村山聖さんですね(笑)ツイッターでも偶然新宿末廣亭に行ったら北川景子さんと松ケンがくるってと驚いてツイッターでつぶやいていた人がチラホラいましたからね。以前から決まっていたイベントなのか偶然なのか?でもみなさんそれぞれなかなかやるねぇ~♪

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .