感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
「ふたがしら2」関連情報
ふたがしら2の放送日は9/17(土)です(全5回)

公式サイトリニューアル001 
 
公式サイトリニューアルしました



3分で分かる「ふたがしら」シリーズ



「ふたがしら2」公式サイトは
こちら
最終更新日:2016.8.23


2016.8.23記述
映画.comより

菜々緒が着物で七変化!「ふたがしら2」で再び魔性の女に


おこん着物コレクション001


松山ケンイチ、早乙女太一、入江悠監督がタッグを組んだWOWOW時代劇ドラマの続編「ふたがしら2」に出演する菜々緒の劇中衣装姿がお披露目された。前作に続き魔性の女・おこん役を演じる菜々緒は、劇中で花魁(おいらん)や壺振り師などに扮しており、艶やかな着物で七変化に挑戦した。

菜々緒は、「いろんな職業に化けるというところが多かったので、お着物を着させていただいたりして、刺激的で楽しかったです」と撮影時を述壊。普段は着物を着る機会が少ないと嘆きながらも、「やはり日本人として(着物が)似合う女性でありたい」「お着物というのは日本人としての誇りです」と撮影を存分に楽しんだようだ。

既報の劇中カットで花魁姿を披露した菜々緒は、今後は「大奥のような十二単」に挑戦してみたいと語り、「(重さ約20キロの)花魁の衣装より重いんですかね(笑)」と茶目っ気たっぷりにコメントしている。

前作は、オノ・ナツメ氏のコミックを原作に、悪人から金を奪う盗賊団「赤目」に属する豪放らい落な弁蔵(松山)とクールな切れ者・宗次(早乙女)が一味を抜け、自分たちの盗賊団「壱師」を立ち上げるまでを描いた。今作は、前作同様「劇団☆新感線」の中島かずきが脚本を執筆し、原作で語られていない壱師の創生期をオリジナルストーリーで紡ぐ。

連続ドラマW「ふたがしら2」(全5話)は、9月17日から毎週土曜午後10時にWOWOWで放送。第1話は無料。


この作品の着物はとてもおしゃれで大胆な作り方をしているので今回も楽しみです。


2016.8.8記述
コミックナタリーより

ドラマ「ふたがしら2」おこん役の菜々緒が花魁姿に、「おこん姉さんはさすが」


005_201608080930540da.jpg



オノ・ナツメ原作の「連続ドラマW ふたがしら2」にて、菜々緒演じるおこんの花魁姿が公開された。

おこんは赤目の初代かしら・辰五郎の妻。甚三郎とも深い仲であるほか、弁蔵と宗次に対しても時に色目を使い、時に裏切り手助けをするというしたたかな女だ。菜々緒は花魁道中の撮影について「お芝居をさせていただく人生の中で、なかなか出来ない役だと思うので、それが出来るということはすごく嬉しかったです」とコメント。またおこんという謎多きキャラクターに対し「花魁ができる人はなかなかいないと思うので『やっぱりおこん姉さんはさすがだな』と思いました」と感想を述べた。

「ふたがしら」は江戸時代を舞台に、盗賊の赤目一味から抜けた男2人の旅を描く活劇。2015年6月に放送されたテレビドラマの第2弾となる今作では、前回と同じく、明るく豪快な弁蔵役を松山ケンイチが、頭脳明晰でクールな宗次役を早乙女太一が続投する。監督は「ジョーカー・ゲーム」「SR サイタマノラッパー」などで知られる入江悠、脚本は劇団☆新感線の中島かずき。WOWOWプライムにて、9月17日からの毎週土曜22時より、全5話がオンエアされる。

菜々緒(おこん役)コメント
「ふたがしら2」のおこんの見どころ
おこんは謎の女性で「あ、花魁もやってたんだ」っていうところだったりとかも、謎が多いおこんらしいと思うんですけど、そういったところで、おこんの知られざる過去みたいなものも、おこんファンの方がいらっしゃるとしたら、そういったテイストもあった方が、面白いんじゃないかなと思います。花魁ができる人はなかなかいないと思うので「やっぱりおこん姉さんはさすがだな」と思いました。

実際に花魁の衣装を着てみて
あの重みもそうですけど、誰しも憧れるというか、一度は花魁の格好をしてみたいなって思う女性は多いと思うので、衣装が着られたというのはすごく嬉しいですね。こうやって、昔の人はこんなに大変な思いをしていたんだなって思ったんですけど、頭の重さだけでも4、5kgはあって、お着物で20kgぐらい、高さのあるポックリみたいなもので、片足4kgとおっしゃっていたと思うので、ずっしりと身にしみましたし、ずっしりきました。

花魁道中の撮影について
花魁の撮影自体も数少ないですし、数少ない中で着させていただく役としてやらせていただくということは、本当に限られることだと思います。お芝居をさせていただく人生の中で、なかなか出来ない役だと思うので、それが出来るということはすごく嬉しかったです。私もモデルのお仕事をしていて、高いヒールを履いて歩いたりだとか、初めて履く靴で歩いたりとか、しょっちゅうなので、そういった意味で慣れているというか、対応出来る方だとは思うのですが、さすがに20kgぐらいの重さの衣装を着て、あの高さの靴を履いてというのは初めてだったので、慎重に歩かせていただきました。花魁道中の歩き方も教えていただいて、練習をしてから本番に臨ませていただいたのでなんとか出来ました。

土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW ふたがしら2」
WOWOWプライムにて2016年9月17日(土)より毎週土曜22:00放送(全5話)※第1話無料放送

いやぁ、お美しいですよね~。今回はどんな辛みのシーンがあるのかも楽しみだけど、この写真で気になる人が…
前を歩く右側の女性、名前忘れたけど、昨年の「太秦江戸酒場」でサンディが写真一緒に取ってもらった女優さんだと思うんです。そういう部分も含めOA楽しみにしておこう♪


2016.7.15記述
リアルサウンドより

松山ケンイチ主演『ふたがしら2』全キャスト発表 大森南朋「血のりの噴き出すシーンは必見」


004_20160715094222a9d.jpg

9月17日よりWOWOWプライムにて放送される『連続ドラマW ふたがしら2』のオールキャストが発表され、大森南朋、渋川清彦、芦名星らが出演することが決定した。

 『ふたがしら2』は、『日々ロック』『太陽』の入江悠監督が手がける時代劇エンターテインメント。明るく豪快な弁蔵と、頭脳明晰でクールな宗次の2人の盗賊が、“脅さず殺さず、汚え金を根こそぎいただく”をモットーに、巧妙な駆け引きと騙し合いの中、鮮やかに“つとめ”を遂行していく模様を描く。弁蔵役の松山ケンイチ、宗次役の早乙女太一をはじめ、成宮寛貴、菜々緒らが出演する。

 このたび発表されたのは、大森南朋、渋川清彦、吉倉あおい、山田純大、北村有起哉、矢島健一ら今作から登場する新キャストに加え、田口浩正、芦名星、橋本じゅん、品川徹ら前作から続投となるキャストたち。江戸の犯罪を取り締まる火付盗賊改方の長官・畷安房守蔵人と、昼間は町人姿をした明るい性格の蔵蔵という2つの名前を持つキャラクターを演じる大森からは、コメントが寄せられている。

■大森南朋(畷安房守蔵人/蔵蔵役)コメント

(『連続ドラマW ふたがしら2』への出演が決まった感想)
入江監督からお誘いをいただき、前作を拝見しました。ロードムービーの様で、楽しみながら拝見出来ました。今回も楽しみにしておりましたし、物語の展開が激しいのが多いので、台本を読ませていただいた時、セリフの分量に度肝を抜かれました。監督と衣装合わせの時に、「セリフは少し減りますか?」と聞いてみました(笑)

(二面性を持った自身の役について)
台本を読んで覚え始めたりしていた頃はどのように演じようかと思っていました。色々と試してみましたが極端に何かを変えようとか、そこまで作りこむことはしないで、もちろん風貌も変わりますし演出やその場の雰囲気など、相手役でもそのような所が変わってきているとは思います。遊び人の蔵蔵の時は笑顔を出したり、弁蔵とつるんでいる時は、本当に素直に楽しんでいる風に出せればいいかなと思い演じました。

(本作の見どころ)
現場でここまでの量の血のりと格闘したことは、今回が初めてでした。もちろん血のりの経験はあるのですが、ここまで噴き出すのは、近年稀にみる量だと思います。自分はいちドラマファン、映画ファンとして、どうなっているのか見てみたいです。これからご覧になる方も、血のりの噴き出すシーンは必見です。是非、楽しんでご覧いただければ幸いです。


コミックナタリーより

大森南朋:松ケン主演時代劇続編に出演 大量の“血”と格闘


大森南朋さんが、松山ケンイチさん主演のWOWOWの時代劇「連続ドラマW ふたがしら2」に出演することが15日、明らかになった。大森さんは、江戸の犯罪を取り締まる火付盗賊改方の長官という役どころで「現場でここまでの量の血のりと格闘したことは、今回が初めてでした」と振り返り「ここまで噴き出すのは、近年まれにみる量だと思います。自分はいちドラマファン、映画ファンとして、どうなっているのか見てみたい」といい「血のりの噴き出すシーンは必見です」とメッセージを寄せている。

 同ドラマは、昨年、同局で放送された時代劇「ふたがしら」の続編で、オノ・ナツメさんのマンガが原作。松山さん演じる弁蔵と早乙女太一さん演じる宗次の2人の盗賊が「脅さず殺さず、汚え金を根こそぎいただく」をモットーに、巧妙な駆け引きやだまし合いで“つとめ”を遂行していくという内容。今作は、前作で盗賊一味「赤目」を抜け、自分たちの盗賊一味「壱師」を築き、頭となった弁蔵と宗次が江戸の頂点を目指す姿が描かれる。

 大森さんが演じる畷安房守蔵人(なわてあわのかみくらんど)は、昼の間は蔵蔵(くらぞう)と名乗り、町人姿で賭場に出没。賭場で弁蔵と意気投合する一方で、弁蔵らと敵対する成宮寛貴さん演じる甚三郎ともつながり、壱師に近づいていくというキャラクター。大森さんは「せりふの分量に度肝を抜かれました。監督と衣装合わせの時に、『セリフは少し減りますか?』と聞いてみました(笑い)」と裏話も明かしている。

 また同ドラマには、前作に続き叶屋喜兵衛役の田口浩正さん、お銀役の芦名星さん、鉄治郎役の橋本じゅんさん、御隠居役の品川徹さんのほか、今作から、壱師の仲間の芳役で渋川清彦さん、吉原の遊女役で吉倉あおいさん、火付盗賊改方の監物弥九郎役で山田純大さん、お銀と恋仲になる政吉役で北村有起哉さん、畷安房守蔵人の上役で矢島健一さんも出演することが分かった。

 ドラマは、WOWOWプライムで9月17日から毎週土曜午後10時に放送。全5話。初回は無料放送。


なかなか面白いメンバーがそろっていますね。大森さんと壱師との駆け引きなど楽しみが増えました♪

2016.1.5記述
コミックナタリーより

TVドラマ「ふたがしら」第2弾の制作決定!オノ・ナツメ原作の時代劇

  
001_20160105093742076.jpg 


オノ・ナツメ「ふたがしら」を原作としたTVドラマ第2弾の制作が決定した。

「ふたがしら」は江戸時代を舞台に、盗賊の赤目一味から抜けた男2人の旅を描く活劇。昨年WOWOWにて放送された「連続ドラマW ふたがしら」では、豪放な主人公・弁蔵役を松山ケンイチが、クールな色男・宗次役を早乙女太一が務めた。また監督は「ジョーカー・ゲーム」「SR サイタマノラッパー」の入江悠が担当。

番組の詳細については、WOWOWの公式サイトなどにて随時発表されるとのこと。ファンは続報を楽しみにしておこう

うれしい情報ですね~。
やはりこれは続編みたいですものね。前作のメンバー(夜坂の元メンバーや赤目のメンバー)そして新しいキャストなど楽しみいっぱいです。原作とはまた違った、活躍をバンバン見せてほしいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .