FC2ブログ
感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています

昨日の挨拶の時の笑顔良いですね♪「ありがとう」の「う」が黄色&インで読みずらいズラ~(^-^)

0620東京001

 


俳優の松山ケンイチが20日、都内で主演映画『ウルトラミラクルラブストーリー』のヒット御礼舞台あいさつを行った。「ありがとう」と書かれたシャツを着て松山は「僕の中で特別な作品。今24歳なんですけど、24歳の僕が考えていることがそのまま映画になったような作品です」と、初めて故郷・青森で撮影に臨んだ同作への想いを告白。また、実際に松山が刈り入れたお米が披露され、抽選で選ばれた5人の観客にプレゼントした。


 松山演じる農業を営む青年が麻生演じる東京からやってきた保育士に初めての恋をするというラブストーリーの同作。メガホンを執った横浜聡子監督は、「今日で公開してちょうど2週間。(監督・主演の松山の故郷、撮影、全編津軽弁であることなど)全てが青森っていう作品は今後ないと思う」と語り、松山は「今僕が考えていること、価値観、憧れ、素晴らしい生き方と思えるのが(主人公の)陽人。これからも忘れない作品だし、自分の生き方に影響していく作品だと思う」と、故郷での撮影されたことも手伝って感慨深い様子。

 演じるキッカケについて松山は「土をいじりたいなと思って。土の中にも入っているわけですからすごく満足。野菜を持ってのお芝居って今までなかったし。一生土をいじっていたい」と土に対すると並々ならぬ想いを告白。最後に「農薬を浴びたらいけないなとか、キャベツ畑に入ったらいけないとか、いろいろ感じるところがあると思う。会場を出ても、それを忘れずにいてほしいです」と独特のアピールで会場の笑いを誘っていた。

0620東京002

 
公開2週間で興行収入が7000万円なかなか検討していますよね26館という上映館だというのにね(^_-)-☆

この作品にかかわらず、いろんな作品に出演する時に単純に「面白ければいい」という風に決して思っているわけではないケンイチ。

DMCの時もそうだし、多分今回もそう。
観る側もいろんな意見があっていいと思う。
でも、まずは見てから何か言うなら言ってほしい。
レビューを見て同行思うんじゃなくて自分の目で見て確かめてほしい作品です。

ぼちぼち上映終了になる館もあるし新しく上映される館もあって心待ちにしてる皆さんもいるからね~
まだまだ沢山の人たちに見てもらえるね♪人セクくらいまでは最低行ってほしいな…

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .