感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.1.13記述
ぴあ映画生活より

013_20160113124359d4c.jpg


2012年12月20日に亡くなった森田芳光監督の劇場デビュー作『の・ようなもの』。その、実に35年ぶりの続編が森田監督ゆかりのスタッフ・キャストで完成した。パッとしない若手落語家が伝説の(?)元・落語家に出逢う物語。森田監督の遺作に続き主演を務めた松山ケンイチにとっては落語経験が大きな糧になった模様。俳優がひとつの役を演じるのとは違うと、落語家への敬意を込めて話す。


原文はこちら



「性別も年齢も超えて何役もやりますからね。完全に子どもになれるわけじゃなくて、お母さんになれるわけでもない。でも話し方で聴く側が脳で判断していて、女性にも子どもにもなっているんですよね。徹底的に子どもの役を子どもっぽくやってるわけじゃないのに」

現代を代表する名人、柳家小三治の落語を「完全にコピーする」ことから始めた。「コピーって、喋りが噛まずにうまくいけるとか、そういうことです。(そんなふうに主人公の落語も当初は)自分じゃない誰かが作った情感でしかない。最後にはこいつの落語が、こいつなりのオリジナルになっているといいなと思いながらやっていました」

意外だが、松山は「コピー」からスタートして、役を練り上げていくのだという。「僕は全部、パクリですからね。最初は。いろんな作品から、キャラクターの特徴を引っ張ってきて、それをつないでやっていくんです。現場に入ったら、それより面白いものも出てくるので」

『の・ようなもの』以降、森田作品の助監督を長く務め、本作で初めてメガホンを執った杉山泰一監督は言う。「本当の落語家の師匠と弟子の関係でも、師匠は全然稽古をつけてくれないというけど、それは師匠のコピーをやっても面白くないから。逆に他所の師匠のところに行って稽古をつけてもらったりしていて」

事実、本作は森田作品のコピーではない。「師匠」森田監督の映画術を踏まえながらも、杉山監督ならではの創意がきらきら輝く、まばゆい処女作だ。そんな杉山監督はあえて“監督の・ようなもの”と自称している。「あとで森田監督の書かれたものをいろいろ読んでみたら、監督も同じようなこと言っているんですよね。森田監督は、助監督経験なしでいきなりデビューして。本当のプロにまだ成りきれてないところから、作品を作り上げるごとに、どんどん味が出てくるようになっていったと思うんです。落語家も年を重ねると味が出てくるように。逆に(助監督経験の長い)僕の場合は、延々(落語家で言うところの)“二つ目”をやっていたわけですから。ということは、監督になったときに、失敗は許されない。それは重くプレッシャーとしてのしかかっていました。ただ、1本目は(森田監督の『の・ようなもの』と)同じスタートラインだから。“監督の・ようなもの”という言葉に励まされています」

取材・文:相田冬二 撮影:中川有紀子
Styling:八木啓紀 Hair&Make:勇見勝彦(THYMON Inc.)


森田監督、向こうの世界でニヤニヤしているのでしょうかね?
パクリでもいいと思います。映画やドラマを見て、俳優さんや女優さんたちを見て素敵なしぐさをしていたらそれをまねしていたくなるのは私たち見てる側も同じ。そのマネをどこまで自分の演技の中で消化してキャラクターに肉付けできるかが俳優の技量でもあると思うので。それが結果的に二元的に見せてもらえたらそれはもうまねではなくなるんだと思うんですよね。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .