感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.1.15記述
夕刊フジぴいぷるより


20160114夕刊フジ001


役になりきるところから“カメレオン俳優”と呼ばれる、実力派だ。芸能界入りして15年の歳月が経った。

 「当時の自分はこうなるなんて想像もしていなかったです。ただ、ひとつひとつ自分なりに選択してきて小さな失敗をしつつも、いちおう今、普通に生活できているので、間違ってはいないんだろうなって。今後、10年、20年後には、また今の自分が想像できないところにいるかもしれません。でも誰かのせいにはしたくないので、『自分でちゃんと選んでいるんだ』という自覚を持って生きていきたいです

そういう気持ちでいたいと思っていても実際なかなかそうできない部分もたくさんあってジレンマと戦っているという感じですけど、本当にそうだなぁ~予想もしない辛いこととか何か突発的なことがあってもそういう風に感じれる感性がほしいです。


 最近は仕事において、「積み重ねたことを捨てるようになった」という。

 「いろいろとやってきて、分かった風になってきているのを感じているんです。それでは面白くないんじゃないかと。ある本を読んで思ったことがあるんです。クリエーティブというのは完全にはみ出ると誰にも理解されない。だから、常識と非常識の薄皮一枚のところ…ギリギリ常識の中に入っていながらも、そこからはみ出そうとしているところが一番クリエーティブなのだと。その境界線のところにうまくはまれるように、勉強していきたいです」

 そんな創造を深く探求している彼が、落語家の役にチャレンジした。16日公開の映画「の・ようなもの のようなもの」(杉山泰一監督)は、2011年に急逝した森田芳光監督のデビュー作「の・ようなもの」(1981年公開)のその後を描くオリジナル作品。劇中では落語を披露した。

 「古今亭志ん丸さんのところで稽古をしました。落語は面白いので、これからも聞き続けたいし、今回、ひとつ話を覚えたので、いつか披露してみたいです」

 落語と芝居に、ある違いを見つけた。

 「落語では、独りで40代のお母さんや5歳の子供など、何役もやるのですが、演じるときのようにそのつど役になりきると、聞き手に情報を提供しすぎてしまう。“聞いている人の想像をかき立てる話し方”というのがあって、そのさじ加減が難しいんです」

 本作では、何かになりたいけど、なりきれない“の・ようなもの”たちがたくさん出てくる。

 「演じる仕事をしていると、常に“の・ようなもの”ではあるのですが、一瞬でも“の・ようなもの”からはみ出せるように頑張っているところはありますね」

 ヒロインに北川景子。伊藤克信、尾藤イサオ、でんでんら前作に出演した俳優や、鈴木亮平、鈴木京香、仲村トオルなど森田作品ゆかりの豪華キャストが実現した。スタッフも含め“森田愛”が詰まった作品とも言える。彼自身も過去に3本の作品に出演し、「森田監督は、自分を育ててくれた人」だと話す。

 「『こういうことを言っちゃダメだよ』とか、きちんと教えてくれたし、相談できる人でした。そういう関係性ができたのはうれしかったし、すごく大事な存在でした。最近は、『こんなことは言わない方がいいな』とか、みんな、本音を隠すようになっていて、波風を立てないようなコミュニケーションで終わってしまいがち。本音を語り合えないというのは疲れますよね。長く付き合っていけるような関係を築きたいです」

 昨年、妻で女優の小雪との間に第3子が誕生した。現在、4歳、3歳、0歳の子を持つ父親だ。子供と接していると、発見があるという。

 「頭にパンツをかぶると笑うんだなって(笑)。子供って下ネタ好きですよね。子供が笑っていると、嫌なことがあっても、いったん忘れられます。子供はちゃんと親を見ていますよね。自分が弱っていると、すごく分かっているし、助けようとしてくれる。ありがたいなって思います

あはは~、パパも一緒になって楽しんでいるんですね。でもそれを奥様があきれたり、微笑ましく見ているんだろうなぁ。でもきっとそんな子供を観察しながら、仕事の役作りに役立てているんだろうなぁ~まあ、つねにいろんな姿を見せられている子供たちも「うちの父ちゃん面白い」と思ってるんじゃないかな?だっておひげとロン毛だったり丸坊主だったり、太ったり痩せたり、普通の子供だったら泣いちゃうよ(笑)

 子供にはどんな自分を見せていきたい?

 「悲しいとかうれしいとか、喜怒哀楽は隠さずに見せたい。怒鳴るとかではなく、自分の気持ちはきちんと伝えたいですね。僕もまだ大人になりきれてはいないので、一緒に成長しています」

 年を重ねても、いい意味での青くささも大事にしている。そこが彼の魅力だ。 (ペン・加藤弓子 カメラ・矢島康弘)


家族の話を聞くのは楽しいです(すこし幸せのおすそ分けがほしいんです)。これからも家族仲良く楽しく過ごしてほしいし、それがきっと彼の演技の幅をもっともっと広げて深くしてくれるんじゃないかと思うから。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .