感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています





アメブロで放送されていた番組。今回作品も作品ということでやはり、テレビなどでは色々会話の規制が出てくるのかもしれないね。そういう意味ではあえてネット動画などでのプロモ活動よかったかもしれませんね。
規制が緩い?からもう、自由度が半端なくなっておりますね(笑)

でも楽しそうな様子が見れてHappyでした。ちゃんと見れなかったらごめんなさいね~。

2016.2.28記述
映画ナタリーより


20160227アメブロフラッシュ001


松山ケンイチが「珍遊記」生特番出演、“過去最小の線みたいな前貼り”での撮影語る

昨日2月27日に封切られた「珍遊記」。同日、それを記念した「『珍遊記』公開記念特別番組」がAmebaFRESH!にて公開生放送され、キャストの松山ケンイチ、温水洋一、監督の山口雄大、脚本のおおかわらと松原秀が登場した。

司会のLiLiCoから公開初日を迎えた気持ちを問われた松山は「めちゃくちゃな原作なので映画として成立するのか、公開できるのか少し不安だったけど、無事に公開できてうれしかったし、安心しています」と明かす。温水も「途中で中止と言われるんじゃないかと思ってたけど、よかったです!」と笑顔で語った。

山口は、本作で松山のために“過去最小の線みたいな前貼り”を作ったとのこと。さらに撮影当時、その前貼りを付けて恥ずかしそうに身体を丸めて隠していた松山が、2時間も経つとガウンも着ずにトイレに行ったり、歩いたりしていたというエピソードが明らかに。松山は自身の脱ぎっぷりについて「脱ぎたかったのでちょうどよかった! 外で脱ぐと捕まってしまうから、シラフで脱げるのはありがたい」と笑いを誘った。

最後に松山は「気楽に観れる映画です。3歳から老人までみんなで観れるファミリー映画なので、ぜひ劇場に観に来てください!」とアピールし、番組を締めくくった。なお、この特別番組は映画公開期間中であればいつでも視聴できるので、AmebaFRESH!をチェックしてみては。

「珍遊記」は、漫☆画太郎のギャグマンガ「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」をもとにしたコメディ。天下の不良少年・山田太郎と、彼を引き取ることになった坊主・玄奘の波乱に満ちた旅を描く。全国の劇場で上映中。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .