感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
河野英裕PDからみた松山ケンイチ

「セクロボ」「銭ゲバ」と着実に信頼関係を築いている河野PDが感じる松山ケンイチとは…

010_20090712210104.jpg

 

2016.1.10記述
AERAより

既視感のある緩いドラマは一本もない。マーケティングに頼っていない証拠である。河野氏はこれを「変わった直球」と表現する。「変化球じゃないんです。直球を投げ込んでいるつもりです。松山君はその球を、僕たちが予想もしない打ち返し方をしてくれる」松山の演技は「憑依」とか「カメレオン」と表現される。ある種の天才性が感じられるからだ。しかし、河野は、それをきっぱりと否定する。「松山君は、どうやったら面白くなるか、頭や身体を駆使して必死で考え抜いています。勉強家ですからアプローチの幅も広い。そうして、ここまでやるのかというキャラクターにたどり着く」

そうそう、他に何も付け加えることはありません(笑)なんてな(;^_^A


2015.8.27記述
TVstationより

Q:ひろしが大好き舞台裏の松山さんは?

松山くんはとにかく熱心。ひろしをコミカルに演じるために、昭和の喜劇映画をたくさん見ています。ひろしがゴリラパン工場の1日社長になった5話の撮影前に、「森繫久彌さん風と、由利徹さん風のどちらがいいですか?」と突然相談された時は驚きましたね。松山くんのなかでは"由利徹さん風"と決まっていたんですけど(笑)。また松山くんは常にノートを持ち歩いていて、そこにいろんなことが書き込まれているようです。表紙には「ど根性ガエル」と書いてあって。あのノートが松山くんの芝居を支えているみたいです。

005_20150827100007515.jpg


私の応援してる人はノートを持参して気になる事など常にメモをする人(RAINも然り)。でもケンちゃんは奥様の影響(それか逆なのか?)もあるのかもしれないね。台本も昔からカバーつけていたりしてるしね。「おしゃまんべ」とか若い人知らないよね~。


2015.8.22記述
週刊女性PRIMEより

松山君の声がデカいのが印象的です(笑い)。意識的なのか無意識か、この現場ではオンオフ含めてひろしになっています。例えば差し入れを見つけると“うまそうだな”という口調もべらんめえ調。松山ケンイチの役者としてのすさまじさを感じています

それが楽しみでこちらもドラマを見ていたりします(笑)うざいと思いながらもふとした言葉や表情に毎回ドギマギさせてもらっていますよ。

2015.7.29記述
ananNEWSより

7/29現在、第3回まで放送済み。それにしても、よくしゃべるし、なんか言動が軽いし、ひろしのキャラがなんともウザいです!

「ですよね~(笑)。松山さんがひろしの役作りの基礎にしたのは、あの寅さんの愛すべきダメ男ぶりと、落語で学んだ江戸の男の“粋”だそうです。確かにひろしって、“宵越しの金は持たねぇぜ”っていう、江戸っ子気質の持ち主。その研究心は、本当に頭が下がります。しかも今、松山さんはカメラの前以外でもずーっとひろし状態なんですよ。正直スタッフも、“ちょっとマツケン、静かにしてよ!”って感じです(笑)」

あはは~、それはファンもガッテン承知の助でございまするよ(笑)
でも、そのテンションのおかげできっと前田敦っちゃんも、明るく楽しく演技できるんじゃないかと思いますし、こればかりは致し方ない、それが松山ケンイチという俳優ですものねぇ~(^O^)

2015.7.18記述
ドラマ最前線 制作者インタビュー2より

ー16年分、大人になった『ど根性ガエル』のキャラクターたちという設定も。どうしてこの企画を思いついたのですか?

すべては、松山ケンイチ君なんです。ぼくが松山君とまたドラマをやりたくて、土曜ドラマで彼とやるとしたら何をやるべきか考えたとき、明るく脳天気な松山ケンイチのドラマにしようと思ったんですね。昔、ぼくが彼とやった作品だと、『銭ゲバ』(09)ではなく、『セクシーボイスアンドロボ』(07)の路線ですね。

ー松山さんは暗いのも明るいのもどちらもみごとに演じられます。

もともと彼本来の気質は抜けのいい明るさのほうだと思うんです。優しくて大らかで、気さく。青森のなまりも、ずるいぐらい面白いし(笑)。

ー純朴な。

ええ、純朴な(笑)。そういう大らかな松山くんのドラマをやってみたかったんです。

ー大らかな松山ケンイチさんとなったときに『ど根性ガエル』という発想がすごいです。

たまたまなんですよ。すごい昔にちょっと考えたことありますが、その時は絶対無理だと思って。どうやったらいいか全く分からなくて。ただ、これまで、昔のアニメのリメイクでいうと『妖怪人間ベム』(11)とか、オリジナルだと『Q10』(10)『泣くな、はらちゃん』(13)と、人間でないものが登場するドラマを3作やってきて、ぼくはそういう異形のものと人間が出会ったときどうなるかっていうことを描くのが好きなんです。とはいえ、もう3作もやったからいいかなとも思いながら、結局、またそっちに行ってしまいました(笑)。土曜の夜9時枠は、ちびっ子から大人まで、年齢、男女性別問わず、みんなが楽しめるテレビの王道の枠、そこに、
明るい松山くんで、人間と人間じゃないものが同じ世界に屹立し触れ合っていくものといういくつかの条件に当てはまったのが、『ど根性ガエル』だったんです。

前回の作品から彼自身、色んな変化があって、それがこの作品を演じるにあたってすごくいい感じになっているんじゃないかなと思います。そういうのをみてきた河野PDだからこそ、一見奇想天外な作品を実現させられるんですよね。まだまだ始まったばかりです。この調子で最後までひろしとピョン吉を見守りますよ♪

2015.7.12記述
NEWS ポストセブンより

どうしても松山ケンイチくん主演でやりたかったので、大人になるしかないなと(笑い)。子供の頃にTシャツに貼りついて、そのまま大人になったという設定にしました。貼りつく場面から描くと、いろいろ説明する必要が出てきてしまう。

 すでに貼りついていれば、それが日常だから、説明する必要はない。人間ドラマを重点的に描くことができます。やっぱり家族みなさんが見て楽しめる人間ドラマを作りたかった

「銭ゲバ」以降、次はいつかと楽しみにしておりましたよ~♪
1話、うざいひろしと健気なピョン吉に一喜一憂しました。岡田さんと河野さんそしてスタッフ・キャストでどんなど根性を見せてくれるのか最後まで楽しみにしたいと思います。

2009.7.12記述
+act mini Vol.04より

そもそも僕は松山ケンイチをとてもファンタジー性の強い役者だと感じているんです。わかりやすい芝居をしているようでどこか難解さを持ち合わせているし、つかみどころのない面もある。ファンタジー性のある彼が風太郎という役を背負って、リアルに演じる。それだけも異質な、ファンタジーな世界が生まれるのではないかと思ったんですね。

松山ケンイチが演じる「太陽がいっぱい」を観たいとという発想から始まっていますから。憂いながら人を殺してしまったり、泣いたり、他人から打ちのめされたりする姿を見たいと思ったんです。

松山ケンイチという役者は、凄いです。決しておべんちゃらでなくて、本当にそう思います。
取り組みは真面目で、しっかりと深く役を考える役者さんです。尋常じゃないくらい。で、僕も監督も想像しいていない芝居を現場で出してくるんです。ここで笑うかという場面で笑ったり。でも、それは正しいんですね。ちゃんと成り立ってしまう。そして僕はらは驚かされる。

基本的に芝居のことしか考えってないんじゃないかと思うくらい芝居が好きな人ですね。楽しんでる。映画も沢山観ていますよ。松山ケンイチなしにはできないドラマだと、つくづく思いました。

以前にプラスアクトで松山君についてコメントさせてもらった時も、彼にやってもらいたい役は「犯罪者」と「旅人」と答えました。犯罪者は「銭ゲバ」で見ることが出来たので、
次は「旅人」をテーマにした新しい寅さんみたいな作品が出来るといいですね。松山君、引き受けてくれるかなぁ(笑)

「銭ゲバ」の撮影終了の時、ケンイチが「これから何かあればぜひ力になりたい、河野さんに一生付いていきます」の言葉を信じて、河野さんには是非「旅人」のドラマを企画していただきたいものです。

2009.6.23記述
+act Vol.16より


そのころ、恥ずかしながら僕には松山ケンイチ=Lという認識しかあまりなくて。遅ればせながら彼の出演している映画とかDVDで観て、面白くて変わった芝居をする人だなって。この人はきっと普通じゃない、どっか変だと(笑)想像外の芝居をしてくれるはずだと思い、この機会にロボという役を松山君にお願いした訳です。きっと彼なら面白いロボを作ってくれるんじゃないかと思って。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
mayさん、こんばんは^^
素敵な写真ありがとうございました。
これ見た覚えがないのですが、リラックス感が良いですね^^
ケンイチ君の持つリアルさとファンタジー性、両方がミックスしたカムイ、とても楽しみです^^
2009/07/12(日) 22:47 | URL | kiki #-[編集]
Re: タイトルなし
kikiさん

> これ見た覚えがないのですが、リラックス感が良いですね^^

銭ゲバの特典DVDの中のワンシーンです(笑)
船上パーティのシーンの一コマ…
河野Pとケンイチと大谷監督とモニターを見ながら談笑してる姿が微笑ましいですよね。

> ケンイチ君の持つリアルさとファンタジー性、両方がミックスしたカムイ、とても楽しみです^^

ウルミラもカムイも昨年は本当にケンイチにとって大変だった1年だろうけど、それがちゃんと演技に反映されてこうして私たちの元に届けてくれてますからね。待ち遠しいですよね~。

kikiさんはその前に…ウルミラですね(^_-)-☆
2009/07/12(日) 23:01 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
ど根性ガエル
ど根性ガエルなかなか面白かったですね
最近松ケンは、ひろしが乗り移ってたんですね(-_-;)前田のあっちゃんなかなか演技うまくなってました
あと、気になるのはゴリライモのパン屋さんのパンは、どうなってるのかな?本物?本物なら日持ちしないから何回も作るのかなあ?気になる
前回は「天の茶助」のバッグを作ってさげていたので今回は白いTシャツにブルーのスカート作って着ます。あと、白いサングラス探しにいってきま~す
何か文章の流れ悪くてすみません
2015/07/12(日) 23:00 | URL | 洋子 #/pdu0RA.[編集]
Re: ど根性ガエル
洋子さん、こんにちは<(_ _)>

> ど根性ガエルなかなか面白かったですね

皆それぞれ、成長しているのに、ひろしだけ心がいまだ成長してなくて。
純粋なだけに、ピョン吉との別れが近づいてきていると思うと切なくなりますね。

> 最近松ケンは、ひろしが乗り移ってたんですね(-_-;)前田のあっちゃんなかなか演技うまくなってました

(^O^)皆一丸となって、頑張ってるよね~。

> あと、気になるのはゴリライモのパン屋さんのパンは、どうなってるのかな?本物?本物なら日持ちしないから何回も作るのかなあ?気になる

美味しいらしいね~。気になります(笑)日テレで日曜日限定で発売してるみたいだね。

> 前回は「天の茶助」のバッグを作ってさげていたので今回は白いTシャツにブルーのスカート作って着ます。あと、白いサングラス探しにいってきま~す
> 何か文章の流れ悪くてすみません

おぉ、器用なんですねぇ~。
ひろしスタイルでこの夏は楽しむわけですね♪


2015/07/17(金) 09:53 | URL | K&R #hTYNULE6[編集]
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .