感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
『怒り』完成報告会
2016.7.11映画「怒り」完成報告会見が行われました

001_20160711150735060.jpg





2016.7.11記述
映画ナタリーより

「怒り」妻夫木聡が綾野剛との親密ぶりアピール「剛との日々は僕の中では真実」


002_20160711151606147.jpg


本日7月11日、「怒り」の完成報告会見が東京のザ・リッツ・カールトン東京にて行われ、主演の渡辺謙をはじめ総勢12名の出演者と監督の李相日、原作者の吉田修一、製作を担当した川村元気が登壇した。

「怒り」は、ある殺人事件の容疑者として浮上した3人の男たちを中心に、彼らを取り巻く人々が信用と疑惑の間で揺れるさまを、千葉、東京、沖縄を舞台に描く群像劇。この会見には渡辺、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおい、広瀬すず、妻夫木聡、佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子が出席。登壇するやいなや、森山は「沖縄の疑わしき男をやらせていただきました」と、綾野は「どうも、東京の疑わしき男です」、松山は「千葉の疑わしき男です! 」とそれぞれ挨拶した。

東京編で主要キャラクターを演じた綾野と妻夫木は、今回が初共演。藤田優馬役の妻夫木は「剛がいてくれたから僕は優馬として生きることができた。悪人のときは『ようやく撮影が終わった!』とホッとしたんですけど、今回は終わってしまう切なさや悲しさがありました」と述懐し、大西直人役の綾野は「すべてが愛おしい時間でしたね。妻夫木さんは親族みたいな感じがあって、テレビに出ていたりすると『あっ』って思って手を振っちゃうんです。……すみません、イチャイチャするのやめます!」とはにかんだ。そして2人と共演した高畑が「お互いのことが好きなんだなあと思って、すごく苦しくなりました(笑)」と話して報道陣を笑わせる場面も。

続いて沖縄編の話題に。李からの熱烈なオファーを受けてバックパッカー・田中信吾役で出演した森山は「自分の役を捉えようとするよりも、現場の空気の中で僕が立っているだけでいいのではないかという気にさせてくれる現場でした。李監督にとにかく心をかき混ぜられた感じがしました」と振り返る。

さらに沖縄に越してきた少女・小宮山泉役の広瀬は「泉という少女が抱いた感情が複雑で残酷すぎて、あまり記憶がないです……」とつぶやき、李の演技指導が厳しかったことに触れながら「監督がごはんを食べている姿を見て、『監督も人間だ!』と思って(笑)。ある日、監督に『監督バカヤロー!って言っていいよ』と言われて、叫んだこともありました」と撮影時のエピソードを披露。オーディションで知念辰哉役を射止めた佐久本は「李組の過酷さを聞いていたので、どうなるんだろうかと不安でした。でも監督の演出はただ厳しいだけじゃなくて、愛情も感じられました」と緊張の面持ちで話した。そんな広瀬と佐久本を、李は「正直ずいぶん叩きましたけど、そのたびにしなやかに立ち上がってくれた。魂の強さを持っている2人だなと感じました。広瀬さんは太陽、宝は海みたい」と賞賛する。

千葉編に話題が及ぶと、田代哲也役の松山は「僕も(李組が厳しいと)聞いていたんですけど、なんでこんなに噂が蔓延してるんでしょうね? だって宝くん沖縄に住んでるんだよね!? 沖縄まで届いてるってこと? でもみんな嫌そうには言わないというか、そこに愛があるんですよね」と不思議そうな表情を見せ、槙愛子役の宮崎は「今までで一番監督と話をした現場ですね。台本を読んでも答えがでなくて、現場に行くといろんなものを剥がされるような感じがしました」とにっこり。

愛子の父親・槙洋平役を務めた渡辺は「(李は)夜中に帰ってきて、2時からステーキ食ってる人なんです。常軌を逸している! 千葉編はそんなに移動がないし、ダイナミックな話じゃないから、スタッフはみんな安らぎに来てた感じがしたよね」と茶目っ気たっぷりに話す。また宮崎が「(渡辺のことを)現場でも『お父ちゃん』って呼んでいて。2週間しか一緒にいなかったとは思えない濃密な時間でした」と撮影時を懐かしむと、渡辺は「俺、あおいちゃんには本当に幸せになってほしいと思っているからね!」と宮崎に声をかけた。

終盤には、キャストたちへ「自分の出演パート以外の場面についてはどう思いましたか?」と質問が飛ぶ。森山は「(同性愛者の役を演じた)妻夫木さんのパーティでの振る舞いが素晴らしいと、僕の周りのその筋の方から大絶賛で!」と元気いっぱいにコメント。妻夫木は照れくさそうな様子を見せながらも「役作りで新宿2丁目に通ったりゲイの友達とパーティをしたり、剛と一緒に住んでみたりといろんな思い出が残っています。剛と一緒にいた日々は僕の中では真実なので、映画を観たときはみんなが泣かないポイントで泣いちゃいました」と真摯に述べ、宮崎は「同じ女性として、私はすずちゃんのシーンで心が締め付けられました。あの表情は忘れられないです」としみじみと語った。

話題はやっぱ東京編の2人ですから見出しもそんな感じですね。でも久し振りにケンちゃんの姿見れてホッとしております。
WSチェックせねば…(汗)

映画.comより

渡辺謙「怒り」李相日監督の“魔力”を語る 広瀬すずの告白には爆笑の渦


吉田修一氏の問題作を李相日監督のメガホンで映画化した「怒り」の完成報告会見が7月11日、都内のホテルで行われ、李監督、吉田氏とともに、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡、高畑充希ら日本映画界を代表するオールスターキャストが出席した。

李監督が吉田氏の著作を映画化するのは、興行収入19億8000万円を記録する大ヒットとなった「悪人」に続き2度目。今作は、「怒」という血文字を残したまま未解決となった殺人事件から生まれた疑念が日本中に広まり、人々の“信じたい”気持ちに歪みを与えていくさまを、行き場のない感情に葛藤する3組の登場人物を、東京・千葉・沖縄を舞台に描く。

千葉パートで、漁港で働く洋平に息吹を注いだ渡辺は「日本を代表する豪華キャストという作品が、今年はたくさんある。代表するかは別にして、本当に素晴らしい俳優たちが肉弾相打つというか、魂をぶつけあう作品にはなったと思う」と手応えをにじませる。「悪人」では“座長”を務めた妻夫木も、「『悪人』でそうだったように、原作に心を鷲づかみにされた。李監督とご飯を食べた時に優馬役をやりたいと伝えましたが、正式に出演のオファーを頂いた際には、『悪人』の時のような奇跡が生まれるんだなと思った。本編を見終わって、この直感が正しかったと感じている」と同調した。

原作を読み、沖縄パートの小宮山泉役を熱望した広瀬は、オーディションに参加して勝ち取った。李監督の現場はハードで知られているが、想像以上だったようで「監督がご飯を食べている姿を見て、『監督も人間だ、人間だ』と思うようにしていた」と吐露すると、場内は爆笑の渦。さらに、「リハーサルを繰り返しやったシーンで、分からなくなり過ぎたのですが、監督が来てくれて『監督のバカ野郎! って叫んでいいよ』って言ってくださって、実際に叫んだら『よし!』と思えた。本当にすごい経験をさせてもらいました」と笑顔で振り返った。

各キャストが李監督について話す内容を聞き入っていた渡辺は、「許されざる者」でもタッグを組んでいるだけに「みんな、李監督のことを素晴らしいとほめていますけど、この人はそうやって帰ってきて、夜中の2時、3時にステーキを食べている人ですからね」と苦笑い。そして、「この人はピンピンしているけど、スタッフはボロボロ。この中でどう生き延びるか、1日1日が戦いというか、耐え忍ぶ感じです。ただ、最終的に悔しいのは(作品が)いいよなあってなっちゃうんですよね」と手腕に全幅の信頼を寄せていることがうかがえた。

話題の中心に置かれた李監督は、沖縄パートで演出した広瀬と佐久本宝に対して「随分とたたきましたが、たたいても、たたいても、しなやかに立ち上がってくる2人。広瀬さんは太陽みたいだし、宝は沖縄の海みたい」と称えていた。なお、この日は佐久本、ピエール瀧、三浦貴大、原日出子、川村元気プロデューサーも登壇した。「怒り」は、9月17日から全国で公開。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .