感じる存在感
松山ケンイチ/チョンジフン(Rain(ピ))2人の若き才能ある俳優/歌手を応援しています
2016.7.12記述
シネママニエラより

俳優の松山ケンイチが7月11日、吉田修一著の小説をベースにした映画『怒り』の完成報告会見に出席し、同作出演者の中で個人的MVP演技について熱く語った。

007_201607120528280a5.jpg


妻夫木聡と深津絵里が共演した映画『怒り』の原作者×監督×プロデューサーという黄金トリオが、新たに放つ群像劇は、ある未解決殺人事件の発生から一年が過ぎてから、警察によって容疑者の似顔絵が発表になる。すると東京・沖縄・横浜の各所で素性のよく分からない疑わしき3名の男(森山未來、松山ケンイチ、綾野剛)が浮かび……。

ご自身の出演パート以外での印象的なのは?という質問に、松山が挙手し「某上司と部下のシーンで、部下がおいしそうにお弁当を食べている時に、一日中歩き回った上司が、お弁当が置かれているテーブルに自身の靴下を脱いで置いていく場面」をあげて、「部下も食べるのをやめるんですよ、個人的にMVPを差し上げたい! 観ていてイラッとしましたね。それと同時に自分もそういうことをしていないか?と心配にもなりました」と語り、会場は笑いに包まれた。

そして渡辺謙は、娘役の宮﨑あおいに「本作で今までと違うステップ、違う世界に踏み込んだことを感じていましたし。先輩として、そういう姿を見守っていましたけど、割とストイックに役と向き合うので、一人ポツンよはずれていたりする。和気あいあいとやろうというのではなく、役と自分の間の心を開く時間を持ちたいな、と。話をしなくてもいいから、ここにいてと引っ張りだしたこともあった。そこにいるのが当たりまえという関係性を築けて良かった」と述懐。

そして宮崎に対して「めんどくさかった?」と問いかけると、宮﨑は「いえいえ、とんでもないです。現場でずっと「お父ちゃん」と呼んでいて、一緒にいるのがすごく自然に感じていましたし、2週間しかいなかったというのが信じられないぐらい濃い時間を過ごした」とニッコリ。

渡辺は「あおいちゃんに幸せになってほしい」とエールを送り、宮﨑は「(渡辺謙は)周りの人に愛されていて。スタッフや役者に、付いていきたいと思わせる人を間近で見られた」と改めて尊敬のまなざしを向けた。マスコミ向けのフォトセッションでは、はじらう宮﨑に、父・渡辺が手を差し伸べて、手を振る場面も。

共演陣が互いを支え称えあう姿に目を細めるのはメガホンを執った李相日監督。「小説で表現された現代の世相・不寛容を、自分は映画というかたちで受け継いでいく。3本の映画ができうる方々とご一緒できたこと、光栄に思います」と感無量の面持ちだった。

会見には主演の渡辺をはじめ、森山未來、松山、綾野剛、広瀬すず、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、佐久本宝、宮﨑、妻夫木聡、川村元気(プロデューサー)、吉田修一(原作者)、李相日監督が出席した。

いつものケンちゃん節が聞けてホッとしました(笑)どこの度のシーンなのか劇中それも注目してみたいですよね(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
URL :
コメント :
パスワード :
管理者にだけ表示を許可する
 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .